「ブリッジ・オブ・スパイ BRIDGE OF SPIES」とチャリ友新年会

寒さも一月半ばに入り厳しくなってきました。
週明けは雪の予報です。
そろそろ自転車もシーズンオフになるのか
雪がなければ、寒さを我慢して走ることは出来るので積もらないでほしいものです。

週末は映画鑑賞と地元のチャリ友と新年会
e0167780_20381984.jpg
映画は「ブリッジ・オブ・スパイ BRIDGE OF SPIES」
主演はトム・ハンクス、監督はスティーヴン・スピルバーグ
『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作。
東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に迫る。
『ノーカントリー』で第80回アカデミー賞監督賞を受賞したジョエル&イーサン・コーエンが脚本を担当。
一介の弁護士が挑む実現不可能と思われた作戦で、思いがけないアプローチを試みる姿に意表を突かれる。
                                      解説:シネマトゥデイより

この映画の脚本はスピルバーグと初めてタッグを組む:コーエン兄弟
そうです、私の大好きなあのコーエン兄弟が脚本を書いたとなれば面白くないわけがない・・・・w
コーエン兄弟の映画はほぼすべて観ているわたしく。
主にジョエル・コーエンが監督・共同脚本、イーサン・コーエンが製作・共同脚本という
役割で映画を製作しています。
代表作はアカデミー賞を受賞した「ファーゴ」、「ノーカントリー」
でも私の好きな作品は「バートンフィンク」、「ビッグ・リボウスキ」、「オー・ブラザー!」と
どちらかというとマニアックな作品が好きです(笑)
みなさんも機会があったら是非!
e0167780_20382747.jpg
すっかり巨匠となったスピルバーグの社会派路線作品と言ったら良いのでしょうか
「シンドラーのリスト」、「プライベートライアン」、「ミュンヘン」、「リンカーン」など
実話をもとに作られた作品
時代は東西冷戦下、舞台はアメリカ、ソ連、ベルリン
「ジェームズ・ドノバン」という弁護士をトム・ハンクスが演じる。
ソ連スパイアベルの弁護をする彼、彼の弁護士として人としての信念は曲がることがない。
弁護士という仕事は依頼された人物を弁護すること。
しかしソ連のスパイの弁護ともなれば世論は売国奴と非難をする。
遂には彼の家族にまで危害が及ぶ事態になる。
それでも彼は仕事の信念を曲げることはありませんでした。
e0167780_20383758.jpg
そしてソ連スパイのアベルとの不思議な友情というか信頼関係が生まれてくる。
スパイ交換が成功した時、アベルがドノバンに贈ったプレゼントに二人の敵味方を越えた
友情に私は涙しました。
もう一生会う事はないであろう二人の永遠の別れ、敵国同士の二人なのにとても寂しい別れのシーンに
胸が熱くなりこみ上げるものがあった。
ソ連スパイのアベル役を演じたイギリス出身の舞台俳優のマーク・ライランス
初めて見る役者だが好きになった。
またスピルバーグ監督の新作に出演するらしい。
エンターテイメント性は低いですが、重厚な終始緊張感のある良い作品でした。

映画鑑賞後は、夜から地元チャリ友と新年会を開催した。
自転車サイトの「LEGON紳士録」やFacebokつながりで知り合った仲間たちとの新年会
私の地元に自転車チームがあります。
「鏡石レーシング」
そのメンバーの方を含めて6人で楽しく飲みました。

この歳になってからの大人になってからお友だちがこんなにたくさんできて、
利害関係も社交辞令もなく、会えば「やぁ!」と素直な気持ちで付き合える仲間たち
今年も素敵な仲間たちと楽し苦自転車ライフを過ごしたいですね。
話しに夢中になり過ぎて写真を全く撮るのを忘れてしまいました(笑)  反省
いろいろとツーリング企画をして大人の遊びを楽しもう
みなさん、今年も宜しくです!

Commented by ボギー at 2016-01-17 21:35 x
昨日は大変お世話になりました。
おかげさまで楽しい飲み会になりました。
正直言って、途中から何を話したのか?記憶に残ってませんが、
今年もいろいろ企画していきましょう。
どうぞよろしくお願い致します。

じつはラーメン屋さんを出た後で、コージーさんとNanaumiさんと私と3人で、
エクセレント・ビルでもう一軒行ってしまいました(^_^;
今朝起きるのが辛かったです。
Commented by koji_sagara at 2016-01-20 12:29
ボギーさん
先日は、新年会お疲れ様でした。
楽しかったです。
新しいメンバーも増えて今年一年また楽しくなりそうですね。
私も調子に乗って飲み過ぎました(笑)
雪が降ってしまって走れませんが、今年も宜しくお願い致します。
by koji_sagara | 2016-01-17 17:40 | Comments(2)