那須ポタリングと朝練

先週は嫁さんと那須をポタリング
e0167780_17591214.jpg
e0167780_17591858.jpg
久しぶりにBD-1でのポタリング
しばらくほっといたので埃と汚れを事前にお掃除して那須の道の駅にデポしてスタート
先日、購入したガーミンをセットしてポタリング(笑)  必要ないだろうが・・・
e0167780_17593025.jpg
e0167780_17594056.jpg
e0167780_17594916.jpg
e0167780_17595783.jpg
前半、南ヶ丘牧場まで長~~~い登りが続く。
嫁は先を見ると気持ちが萎えるので下を向いてひたすら登っていました。
途中補給の為にパン屋さんへよったり、教会を見学しながら南ヶ丘牧場到着~~
e0167780_18000941.jpg
e0167780_18001983.jpg
e0167780_18004878.jpg
e0167780_18005619.jpg
頑張って坂を登ったのでプレミアムソフトを奢りました(笑)

昼食はPenny Lane(ペニーレイン)で
焼き立てのパンの香りと、ビートルズの世界観に包まれた雰囲気のベーカリーカフェ
森の中での昼食、良い時間を過ごせました。
嫁にパンを背負わせて道の駅に戻ってきた。
e0167780_18010963.jpg
e0167780_18012001.jpg
e0167780_18013586.jpg
e0167780_18014885.jpg
e0167780_18015859.jpg
e0167780_18021348.jpg
e0167780_18022149.jpg
e0167780_18022827.jpg
夏は日光の戦場ヶ原までの峠を嫁とリベンジします。
坂の途中で嫁がきれないことを願いながら(笑)

昨日は午前縛りの朝練
どこ走ろうかと前日考えていたが、久しぶりに広域農道を走って鈍った脚を鍛えようと
新車ももうすぐ届くので走れる脚を作りましょう~~~
このコースなんの面白みもないルート
ただひたすらアップダウンの繰り返し・・・・
景色もたいして良くないが昨日は朝から快晴、涼しく気持ちが良かった
写真を見ると景色もええやないかぁ~~
e0167780_18024542.jpg
e0167780_18025002.jpg
e0167780_18025932.jpg
e0167780_18030655.jpg
e0167780_18031832.jpg
e0167780_18032450.jpg
前半50㎞がアップダウン区間、白河まで抜けると平地区間になる
途中、電話がありショートカットして帰宅したがいい朝練が出来た。
9月のツールド東北まで170㎞を走り切る脚を作ります。(昨年はヘロヘロでのゴールだったな・・・・)

ツールド東北の前週は裏磐梯ヒルクライムがあった・・・どうすべか


# by koji_sagara | 2016-06-05 17:58 | ライド | Comments(0)

筑波山ライド

5月22日(土)のライド報告

先週末はお初の筑波山ライドに参加した。
e0167780_18381354.jpg
もともと、茨城メンバーのいけじさんに「筑波山登りたい」とお願いしていて、イベントを立てていただきました。(感謝、感謝です!)
e0167780_17322508.jpg
e0167780_17325345.jpg
快晴の茨城、筑波山!
私といけじさんがいれば、快晴間違いなし!!
当日は初夏を思わせるようないい天気でした。

朝は自宅を5時出発
R118~R349を走り、那珂ICからちょびっと高速を使い8時ちょっと前に目的地到着~
一番乗りかと思ってたら既に3名準備万端!
私が一番遅かった~~(コージーさんは7時に到着して寝てたらしい(笑))

早めに出発し、霞ヶ浦を少し眺めることができた。
実はここ霞ヶ浦を見たかった理由があり、どうしても参加したかった。
訳はなかなか言えないがとても感慨深かった。。。。

しっかしおっきい湖です。
向こう岸が全然見えない、一周120㎞以上あるらしい。

しけた☆さんは昔はバス釣りで霞ヶ浦に通ってたらしい
e0167780_17342353.jpg
e0167780_18343300.jpg
りんりんロードを始めて走る
筑波鉄道が1987年で廃線となり、それを利用してできたサイクリングロードのりんりんロードなそうです。
所々に駅の面影があり走っていて楽しいが、油断してるとポールにぶつかりそうになる・・・・w
e0167780_18344226.jpg
e0167780_18470858.jpg
途中、Bianjinさんと、剛さんと合流し6人で筑波山を目指した。

初不動峠
距離は4~5㎞ぐらいか、地元にある練習コースの峠に勾配も距離も似ていた。
メリダのエース(剛さん)がいきなりのダッシュ!

少し遅れて私としけた☆さんが後を追う
後ろからラファってる、いかにもクライマーの兄ちゃんが良いペースが登ってきたので後ろに付いて登った。
e0167780_18371163.jpg
e0167780_18373882.jpg
e0167780_18374829.jpg
10%の看板でちぎられた・・・・燃え尽きた・・

ゴール後、後ろから女性ローディーが登ってきた。
こんなことなら、女性ローディーのおケツにロックオンして登ってくればと。。。後悔
e0167780_18384292.jpg
e0167780_18385772.jpg
剛さんは朝ラーが効いたのか「吐きそう・・・」とゴール直後辛そうだったが、日ごろの坂練の成果十分出ていました。

そろそろ坂でも追い抜かれるな。。。
e0167780_18390970.jpg
e0167780_18392028.jpg
e0167780_18393043.jpg
e0167780_18395809.jpg
e0167780_18413502.jpg
筑波山をおりて、昼食のお蕎麦屋さんに到着
さすがいけじさん、11時の開店ピッタリ!!
窓越しからの景色がまた素晴らしい!!

遠くの山ではパラグライダーが優雅にたくさん飛んでいた。
本当に良い風景だ
素晴らしい景色と美味しいお蕎麦、仲間との楽しい会話
良い時間だ。。。
e0167780_18402994.jpg
e0167780_18404398.jpg
昼食後は、またまた峠
風返し峠を登るのだが、すでに午前中の不動峠で燃え尽きていた私・・・
e0167780_18405998.jpg
e0167780_18425133.jpg
e0167780_18423531.jpg
e0167780_18430368.jpg
e0167780_18431468.jpg
持病の腰も痛みだしたのでマイペースで登る
途中関東平野が望める場所があったりと、きつかったが楽しい峠だった。
頂上のつつじヶ丘公園で美味しいソフトクリームを食べ下山。
途中、筑波神社も案内して頂いた。
ガマの油売りまで見学でけた(笑)
e0167780_18441588.jpg
e0167780_18452393.jpg
下山後はBianjinさん、剛さんと別れて、りんりんロードを走り集合場所へ戻った。
帰りの向かい風は、売り切れした脚に堪えたが無事到着~~
e0167780_18460957.jpg
e0167780_18463515.jpg
帰りは銭湯で汗を流して3人と別れた。

筑波ライドを企画して頂いたいけじさん、ありがとうございました。
良いコース、良い峠、美味しいお蕎麦、補給のかりんとう饅頭も美味かった!!
素敵な風景を見る事ができリフレッシュできた。(最近仕事で疲れていたがリフレッシュ!)

茨城県、まだまだ良い峠があるようなのでまた遊びに行きたい。

参加されたしけた☆さん、Bianjinさん、エースの剛さん、コージーさん
お疲れ様でした。
# by koji_sagara | 2016-05-28 17:31 | ヒルクライム | Comments(4)

山形ライド

GW、5月2日(月)は山形ライド
メンバーはNanaumiさん、ボギーさんと私の3名
コースはNanaumiさんが作成してくれた平地中心のコースを走った。
e0167780_20494048.jpg
e0167780_20494928.jpg
前日までの天気予報は曇り時々晴れ、気温も15℃~20℃の予報だったため、私はすっかり
初夏の装いで準備をしてしまい、ウィンドブレーカーも持たずに集合場所へ
Nanaumiさんの車に相乗りして8時30分前に山形到着
「寒む~~~っ!!」
気温は10℃以下。。。。
あまりの寒さにNanaumiさんからウィンドブレーカーを借りて走り出した
山形市内を抜けて天童方面から東根へ向かう
生憎の曇り空で遠くの山々が見れなかった
朝のうちは小雨もぱらつき、気温も全然上がらず日中も10℃~12℃程度
e0167780_20501239.jpg
e0167780_20502843.jpg
e0167780_20504261.jpg
e0167780_20505656.jpg
e0167780_20511340.jpg
東根温泉を抜けて村山市にはいる
村山市には日本酒の「十四代」で有名な高木酒蔵がある
日本酒好きの私にとっては一度は訪れてみたかった
代表取締役「十四代当主」高木辰五郎氏と、十四代ブランドの立役者である「十五代」高木顕統氏
e0167780_20512524.jpg
e0167780_20513313.jpg
e0167780_20514570.jpg
e0167780_20520800.jpg
日本酒を表現する言葉のひとつに「淡麗辛口」がある。
スッキリとした喉ごし、キリっとしたお酒
それに対して十四代は「芳醇旨口」と言われている。
香りがたち、お米本来の旨みと甘味がしっかりと出ているお酒。
また口に甘味が“残る”ことがなく、淡麗のような、飲み終わったあとにもすっきりとした味わいが残る。
これが「十四代」の魅力だ
こんな事を書いていたら日本酒が飲みたくなってきた・・・・(笑)

創業380年余、伝統の技と近代的技法を駆使して作ったお酒「十四代」
また飲みたいぞぉ~~~!!

遠目に写真を撮らせて頂き、先を急いだ。
e0167780_20523049.jpg
e0167780_20524028.jpg
e0167780_20525015.jpg
河北町でNanaumiさんお勧めの「肉蕎麦」を食べた
冷たい肉蕎麦がお勧めだったが、今日は寒いので温かい蕎麦を食べた。
出汁(だし)が透明でなんとも上品な味、田舎蕎麦もモチモチとしていて美味しい!
平日だというのにたくさんのお客さんが食べに来ていた。
このお蕎麦は美味しかった~~
e0167780_22431160.jpg
e0167780_22433442.jpg
寒河江まで戻り、ツールドさくらんぼの会場を案内して頂いた。
ん~~来年こそは参加するぞ!

しばらく最上川沿いを走り、朝日町の「朝日ワイン城」を見学した
鶴岡の工場に仙台から高速バスでここをいつもバスの窓から眺めていたが、自転車で走るのは初めて
ワイン工場があるとは知らなかった
e0167780_22435945.jpg
e0167780_22435177.jpg
e0167780_22442156.jpg
e0167780_22443030.jpg
e0167780_22454628.jpg
このあと短い峠を登り大蕨の棚田を見て、山形へ戻ってきた。
結局夕方まだあまり気温が上がらず肌寒い一日だったが、山形を一日楽しむことが出来た。
案内してくれたNanaumiさんありがとうございます。
e0167780_22455628.jpg
e0167780_22460315.jpg
e0167780_22461015.jpg
今度はもう少し天気のいい日にまた走りましょう!


# by koji_sagara | 2016-05-04 20:35 | ツーリング | Comments(2)

猪苗代 観音寺川桜並木

すでに一週間以上過ぎてしまいましたが、4月24日(日)ツーリングのご報告
e0167780_21365670.jpg
ちょうど猪苗代の観音寺川の桜が見ごろを迎えたのでチャリ仲間を誘い猪苗代までツーリング
急な誘いでしたが、6名のメンバーで猪苗代往復ライド
e0167780_21320825.jpg
e0167780_21321826.jpg
e0167780_21322919.jpg
e0167780_21323548.jpg
GWに突入したがなかなかな走っている時間が取れない、長女の引っ越しが連休初日にあり
バタバタとしている。
5月3日にうちを離れる、寂しい気持ちはあるが、これから娘と新しい付き合い方が始まる。
e0167780_21324233.jpg
e0167780_21325081.jpg
e0167780_21330078.jpg
e0167780_21331467.jpg
e0167780_21332630.jpg
e0167780_21333256.jpg
2~3年前に一度猪苗代の観音寺川桜並木をツーリングした時がある
あの時は丁度GWに入ってからだったので今年の桜の開花は7~10日早い

往路は須賀川でメンバーと合流し磐梯熱海経由で走った。
風も穏やか、天気も良く気持ちが良かった。
猪苗代付近に近づくと風が少しひんやりする
e0167780_21334503.jpg
e0167780_21340148.jpg
e0167780_21341496.jpg
e0167780_21342417.jpg
満開を過ぎて散り始めだったが綺麗な桜を見る事が出来た
猪苗代の街中でラーメンを食べて、復路は峠希望のSBメンバーがいたので(笑)
諏訪峠を経由して須賀川へ戻った
この峠は私も初めて登った、距離自体は4~5kmと短いが7~12%の坂が続くのできつい
そろそろ坂練も取り入れていかないとメンバーに追いつけないな・・・
e0167780_21343669.jpg
e0167780_21344528.jpg
e0167780_21350059.jpg
e0167780_21350988.jpg
e0167780_21352164.jpg
e0167780_21353491.jpg
e0167780_21355539.jpg
e0167780_21360450.jpg
e0167780_21362303.jpg
e0167780_21364313.jpg
e0167780_21371766.jpg
e0167780_21372908.jpg
e0167780_21374349.jpg
e0167780_21380244.jpg
e0167780_21381958.jpg
e0167780_21420823.jpg
e0167780_21421954.jpg
e0167780_21423619.jpg
e0167780_21424947.jpg
桜シーズンが終わり、新緑の季節をむかえる
明日は山形ライド、楽しみだ
今年のGWは走れる時間が少ないが、走れるときは目一杯楽しもう!


# by koji_sagara | 2016-05-01 21:31 | ツーリング | Comments(2)

三春葉桜ライド

週末の悪天候で本日の三春滝桜ツーリングは中止
強風の吹き荒れる福島でした。
前日は天候晴れ、風は多少強かったものの会社メンバーと三春へツーリング
桜のシーズンも終わった感がありましたが、久しぶりのツーリングを楽しんだ。
e0167780_16391482.jpg
新メンバーのK君は先日パナチタンを購入
e0167780_16372777.jpg
e0167780_16373363.jpg
コンポとホイール(C24)がデュラで組んで驚きの価格~~
シンプルなデザインのパナチタンはホント良い感じ
コースは今日走る予定だったルートをベースにのんびりと走った。
e0167780_16374344.jpg
e0167780_16380200.jpg
e0167780_16375439.jpg
e0167780_16381572.jpg
e0167780_16383191.jpg
e0167780_16384149.jpg
e0167780_16385011.jpg
e0167780_16390439.jpg
三春の滝桜付近は車も観光客もまばらでシーズンは終了~
花も散って葉桜、一週間前が見頃だったでしょうね。
三春町を経由して高柴デコ屋敷を見学、何十年ぶりに訪れました。
郡山市西田町にある高柴デコ屋敷は、三春駒の発祥地
デコ屋敷の「でこ」とは人形の事で、方言なのかな?
人形づくりの工房が4軒あり、伝統の粋(いき)づく集落です。
e0167780_16392645.jpg
e0167780_16393327.jpg
e0167780_16394446.jpg
e0167780_16395082.jpg
e0167780_16400028.jpg
e0167780_16401273.jpg
e0167780_16402750.jpg
e0167780_16403679.jpg
e0167780_16404485.jpg
郡山から阿武隈川沿いのみちのくサイクリングロードを戻った。
終始向かい風の中、K君はまだポジションが合わないのか左ひざを痛めた。
三春コースの洗礼(笑)
e0167780_16405259.jpg
今年は滝桜の開花が早くツーリング日程が難しかった。
これからは猪苗代周辺の桜が見ごろになる、来週末は猪苗代ライドでしょうか。


# by koji_sagara | 2016-04-17 16:45 | ライド | Comments(4)

山形 銀山温泉

先月3月25日~26日、家族と山形県銀山温泉に一泊旅行をしてきました。
e0167780_18013020.jpg
【歴史】 ネットより抜粋
銀山温泉は、江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しています。
大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べ、
昔ながらの独特な景観を味わうことが出来る。

大正時代、かやぶき屋根の木造平屋や、二階建ての旅館が並ぶ湯治場がありましたが、
大正2年銀山川の大洪水でほとんどの温泉宿が流されてしまいました。
その後は温泉の湧出量が少なく、川水が進入し温度も低かったので温泉の利用は伸びませんでした。
大正10年に銀山川の水を利用した発電所が作られ、その後の復興の足掛かりとなっていきました。

昭和初期、昭和元年に源泉のボーリングで高温多量の湯が湧出し、各旅館は一斉に洋風の3~4層木造構造に建て替えを行いました。
橋や沿道の整備も行い、ついに尾花沢より自動車で30分で到着できるようになりました。
延沢銀山遺跡は昭和60年に国の史跡に指定されました。戦後は温泉街の洋風化も落ち着き、外観は和風に近づいてきました。
昭和61年に「銀山温泉家並保存条例」を制定し、風情ある旅館を保存し観光復興に生かすことにしました。
平成11年には新幹線の延伸により観光客の数が増え、今も伝統を生かした温泉街にしていくための努力を、街をあげて行っています。

大正ロマンの風情溢れる温泉郷、日が暮れるとガス灯が灯ってさらにロマンチックになる。
ちょうどこの日は夕方から雪が舞い始めた。
本当は真冬のまだ雪が積もっている時期に訪れたかったが予約が取れず
e0167780_17481725.jpg
e0167780_17482761.jpg
e0167780_17483739.jpg


人気の温泉で週末(土日)の予約ができず休暇をとり金土での一泊旅行でした。
行きは山形市内を少し観光した。
鶴岡工場に出張の時は高速バスでだた通過するだけだったので初めて山形市を歩きました。
市内の七日町を歩き「水の町屋 御殿堰」を訪れた。
老舗の蕎麦屋さん、新しいカフェやレストランなどのお店が軒を並べてとても素敵なところでした。

e0167780_17484712.jpg
e0167780_17491196.jpg
e0167780_17493693.jpg
e0167780_17494720.jpg
e0167780_17500275.jpg
e0167780_17500978.jpg
e0167780_17523616.jpg

e0167780_17525037.jpg

e0167780_17530584.jpg

e0167780_17501984.jpg

多数決で私が負けてカフェに入りランチを頂きました(・・・お蕎麦が食べたかった・・・涙)

山形から東根を経由して尾花沢に入るとまだ雪が残っていました。
でも今年は雪が本当に少ない、依然冬の2月に鶴岡出張の時、月山で雪崩があり通行止めだった時に
尾花沢経由で鶴岡に行ったことがある。
その時の尾花沢は雪の壁があり本当に豪雪地域なのだと感じました。
e0167780_17531527.jpg

e0167780_17532460.jpg

e0167780_17533463.jpg

チャリ仲間お勧めの団子屋さん「千本だんご」に寄ってお団子を食べた。
あんこ、ずんだ、ごまが団子を上下から挟んでいてとてもおいしい団子でした。

ここから銀山温泉まではあと少し、30分~40分ほど車を走らせて目的地の銀山温泉に到着した。
銀山川を挟んで大正から昭和初期に建築された木造宿が軒を連ね
ガス灯と数時間前に降った雪で濡れた石畳が映える。
本当に素敵な温泉街
e0167780_17535280.jpg

e0167780_17541022.jpg

e0167780_17545780.jpg

e0167780_17553492.jpg
e0167780_17555897.jpg
e0167780_17551660.jpg
e0167780_17594118.jpg

e0167780_17580429.jpg

e0167780_17595803.jpg

e0167780_18003292.jpg

e0167780_18001109.jpg

e0167780_18075763.jpg

e0167780_18005485.jpg

宿に入る前に家族とたくさん写真を撮り宿へ入る。
お風呂の前に街を散策し温泉に浸かる、夕食の料理も本当に美味しかった。
夕食後に外に出ると雪が降ってきて最高の夜景を見る事が出来た。
e0167780_17563391.jpg

e0167780_17565899.jpg

e0167780_17571612.jpg

e0167780_17573618.jpg
朝5時に目が覚めた。
窓の外を見ると雪が降っていました。
子ども達はまだ眠っていたが朝風呂を入る前に散歩をしてきました。
まだ誰も歩いていない橋の上を下駄で歩く。。。
朝食は昨夜の料理で食べた山形のお米「つや姫」を食べた。
本当に美味しいお米です(2杯おかわり)
e0167780_18014548.jpg

e0167780_18015522.jpg

e0167780_18020983.jpg

e0167780_18023375.jpg

e0167780_18024522.jpg

e0167780_18025493.jpg

長女が嫁ぐのでこうした家族4人での旅行も出来なくなる。
寂しい気持ちもあるが幸せになってもらいたい。。。

思い出に残る家族旅行になった。

# by koji_sagara | 2016-03-29 12:41 | 観光 | Comments(0)

ORBEA ONIX (オルベア オニキス)と走る

このORBEA ONIX(オルベア オニキス)と走るのは2年ぶりだろうか
e0167780_17594619.jpg
長い間納屋に眠っていて埃まみれ、ワイヤーは錆びつき、バーテープはかびていた。
乗り手を失いずっと眠っていた。
汚れを洗い流し、部品をいろいろ交換してようやく乗れる状態になった。
次の乗り手も決まった。(後輩喜んでるかな。。)
今日は自転車を取りに来てくれた。
e0167780_17595383.jpg
e0167780_17595942.jpg
試乗と報告を兼ねて、後輩の自宅まで一緒に走ってきた。
今日はお彼岸、お母さんに挨拶をして線香をあげ、次の乗り手が決まったことを伝えてきた。
身長もだいたい同じだったのでサイズも丁度いい感じで悪くない。
風の強い一日だったがいい報告ができたと思っている。
e0167780_18000568.jpg
e0167780_18000908.jpg
後輩の走った距離がトータル2200㎞だった。
その距離も合わせて受け継いでくれた
これからどれだけこのORBEA ONIX(オルベア オニキス)で走ってくれるか。

一緒に走る機会もある楽しみだ。

# by koji_sagara | 2016-03-20 18:00 | 人生 | Comments(2)

灯火の集い

駅前で「灯の集い」が開かれた。
震災から今日で5年が経過した。
e0167780_23221878.jpg
e0167780_23232135.jpg
e0167780_23223827.jpg
5年前、長女は新入社員研修で福島市で震災にあった。

次女は当時中学3年生、自宅で震災にあい、泣きながら外へ避難した。

あの日と同じ、今日は小雪が舞う寒い一日だった。
e0167780_23234398.jpg
e0167780_23235721.jpg
あれから5年

3年前の2013年に自転車仲間と仙台ー塩釜ー松島ー石巻ー女川を走った。
今年同じコースを走ろうと思っています。
震災からの再建の始まりを自分なりに目撃することが出来た。
また走って復旧、復興がどう進んでいるのか目に焼き付けてきたい。

何も出来ない、ただ走るだけだが、一人のサイクリストとして
そこで自転車に乗ることの意味をこれからもつないで行きたいと思う。


# by koji_sagara | 2016-03-11 23:26 | 震災 | Comments(0)

ご近所ライド

e0167780_16124556.jpg
昨日は遠征を計画していたが、急きょ夕方から仕事が入ったので
近場を走ることに・・・
e0167780_16104866.jpg
e0167780_16105419.jpg
前日はボギーさんとNanaumiさんと焼き鳥屋で軽~~く飲んだ。
今年走ってみたいコースやイベントへの参加など
話していると今年も忙しい一年になりそうだ(笑)

一人でもなんだし、近場のチャリ友に声を掛けたら6人参加して頂いた。
いわきからコージーさんも参加して頂き感謝
なんの面白みもない私の練習コースでしたが、数人で走るとやっぱ楽しい♪
天気は一日中曇り、無風、気温は10度なかったかな・・・
天気予報は晴れの予報だったが、一日中気温が低かった。
ボギーさんは午後から合流となり、5人で鳥見山公園をスタート
ご近所のチャリ友のTobisawaくんの新車のウィリエールに試乗させて頂きました。
ん~~新車。。。良いなぁ~
e0167780_16110042.jpg
e0167780_16111193.jpg
e0167780_16112009.jpg
e0167780_16112746.jpg
e0167780_16113439.jpg
e0167780_16113849.jpg
e0167780_16114787.jpg
e0167780_16115256.jpg
コースは前半小刻みなアップダウンがあるが比較的フラットで走りやすい
後半はほぼフラットなコース
白河で昼食を取って須賀川の浜尾遊水地でボギーさんと合流した。
なんでもウィンドブレーカーをクリーニングに出してまだもどっとこなかったらしい・・・w
確かにウィンドブレーカーが無いと寒かったよね。
e0167780_16120291.jpg
e0167780_16121213.jpg
e0167780_16122004.jpg
e0167780_16122559.jpg
e0167780_16123503.jpg
寒かったので遊水地を周回してボギーさんとUnumaくんと別れて帰りは
4人で須賀川の団子屋で休憩し鳥見山公園に戻ってきた。
e0167780_16125466.jpg
e0167780_16130125.jpg
今日は暖かい一日でようやく春が近づいてきた気配、その分花粉症もひどくなってきた
今シーズンもどんな一年になるか楽しみだ。

# by koji_sagara | 2016-03-06 16:30 | チャリ仲間 | Comments(2)

サバイバル映画2本「白鯨との闘い」「オデッセイ」を観る

日にちが過ぎたが感想をちょこっと

偶然か、これは鑑賞した後にどちらもサバイバルの映画と知った。

「白鯨との闘い」は大海原を舞台にしたサバイバルドラマ
「オデッセイ」は、火星に取り残された宇宙飛行士が主役のSFサバイバルアドベンチャー
しかし、タッチが全く正反対だった。

「白鯨との闘い」
H・メルヴィル著の『白鯨』、捕鯨船ピークォド号の航海と、白い巨鯨に足を奪われた義足の船長の復讐を描いた長編小説であり、アメリカ文学最大の作品のひとつと評される小説

しかしこの「白鯨との闘い」はフィクションで、H・メルヴィルがエセックス号という捕鯨船の生存者の
インタビューを経て何が起こったかを解き明かしていくストーリー
監督はロン・ハワード
アメリカン・グラフィティーにも出演していた
『アポロ13』『ビューティフル・マインド』『ラッシュ/プライドと友情』など史実映画を得意とする監督。
e0167780_16444742.jpg
生存者とのインタビューと回想シーンで構成されている人間ドラマ。
想像を絶する白鯨の恐ろしさ、人間と白鯨の壮絶な闘い
しかし、この映画は白鯨との闘いは一部に過ぎず
エセックス号は白鯨によって沈没します。そこから地獄の漂流・サバイバルが始まります。
大海原に取り残された乗組員
地獄は飢えによる苦しみ、乗組員を演じた役者たちも、体重を落としながら演じていた。
迫力の演技だった。
一旦は島を見つけて島にたどり着くがそこは不毛の島
乗組員は再び海へと出る。
その後、生存者は証言中に取り乱す「これ以上は何も言えない」
e0167780_16445776.jpg
そこから人間の極限の状況を描いていく。
ただ生きるために人は何をするのか
「生きること」を考えさせられます。
映画の上映は終わってしまったので、是非DVDで鑑賞ください。
e0167780_16451746.jpg
同じサバイバル映画でタッチが正反対の「オデッセイ」
とにかく明るいサバイバルコメディーと言ったら良いのか
監督はリドリースコット
今までにないタッチの作品を作りました。

火星での嵐で1人取り残されてマット・デイモン演じる宇宙飛行士ワトニーが、
次何年後にくるかわからない救助までの間、限られた物資を駆使して生き延びる。
宇宙でのサバイバルだと最近は「ゼロ・グラフィティ」が新しいか。
e0167780_16452721.jpg
音楽もポップな音楽が流れっぱなし
火星も地球も出演者もユーモアたっぷりだ・・・・w
過酷な火星でのサバイバルを強いられながらも、ポジティブでユーモア前回の宇宙飛行士ワトニー役の
マッド・デイモンが最高です。
しかし、火星での過酷さ、救出の困難さをしっかりと描いている。
とっても前向きになるサバイバル映画でした。
じゃがいもって大切だぁ~

全く正反対のサバイバル映画、どちらも印象的だった。

# by koji_sagara | 2016-03-02 21:31 | 映画・本・音楽 | Comments(0)