「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

御霊ビツ峠と花火大会

先週末のライド記録
8月22日(土)天気:小雨
ロータスさんのヒルクライム企画に参加してきました。
午後から用事があったので御霊ビツ峠までご一緒しました。
昨夜からの雨が残り道路もウェット状態
郡山に入ったころから雨も少し強くなってきたが何とか走れました。
御霊ビツ峠は久しぶりに登った。
e0167780_22374910.jpg
e0167780_22375894.jpg
とりあえずタイムアタック!
ストップウォッチをセットしてスタート
ボギーさんと一緒に御霊ビツを登った。
頂上に近づくにつれて霧が濃くなり始めた。
脚はそれなりに廻っていたのでボギーさんを振り切って頂上到着
タイムは47分と散々だった(笑)
e0167780_22380667.jpg
e0167780_22381387.jpg
e0167780_22381943.jpg
e0167780_22382549.jpg
e0167780_22383410.jpg
以前は40分切りを目標にしていたが、これからは45分目標に登ろう・・・・w(加齢に負けている・・・)
登っている最中、道路の所々に栗の実が落ちていました。
そろそろ秋の気配が感じる季節です。
メンバーが登りきる前に峠を下り帰宅しました。
e0167780_22384195.jpg
帰宅途中久しぶりにパンクをした。
タイヤに亀裂が入りパックリと穴が開いていた(もう使えないな)
何とか修理をして帰宅した。
e0167780_22390448.jpg
夜に隣町の須賀川で花火大会があるので夕方自転車でチャリ仲間が待つ花火会場へ向かった。
雨が心配されたが雨も降らず綺麗な花火が見る事が出来ました。
ツーリングと花火大会毎年恒例にしたいですね。
この花火大会が終わると毎年「夏もおわりかな」 そう感じます。

by koji_sagara | 2015-08-30 22:39 | ヒルクライム | Comments(0)

この夏映画三昧

ここ数日、青空を見ていない。
残暑のないまま夏が終わった感がありますね。
9月には「ツールド東北」が開催される、秋晴れの下を走りたい。
今週末も走りたかったが、生憎の天気。
天気の悪い日は映画に限ります(笑)
今年の夏は話題作がたくさん上映されました。  本当に大豊作の年だったと思います。
7月は「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」、「ターミネーター:新機動/ジェニシス」
アニメ「バケモノの子」、「インサイド・ヘッド」、「ミニオンズ」
8月は日本映画の話題作「進撃の巨人」、「ジュラシック・ワールド」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」などなど
全て観る事は出来なかったが、5本観る事が出来た(上出来・・・・w)
まあ、すべて娯楽作品だったがそれなりに楽しめました。
映画を観る時に必ずパンフレットと購入します。
私の場合は「コレクション」化している訳ですが、パンフには情報を伝えるだけではない
夢が詰まっています。
好きな映画を観た後の興奮や感動、好奇心など、映画を観た記念としても魅力があるパンフレット
皆さんも買ってみては如何ですか。
たまり過ぎると困りますが(笑)
さて私はどれだけの枚数があるのか数百枚はあると思う・・・今度数えてみましょう。
e0167780_22211414.jpg
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」
マーベルシリーズ「アベンジャーズ」【12年】の続編
映画序盤に何やら怪しいものを開発するアイアンマン:トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)
それは人口知能を活用した平和維持システム「ウルトロン」
案の定、人口知能は暴走し人類滅亡の危機におちいる
再びアベンジャーズが立ち上がり、絶体絶命の危機を救うという、まあお決まりのストーリー

そうです、全ての原因はアイアンマンにあるのです(笑)
そんなことは娯楽作品、大目に見ても楽しめたヒーローもの
次回の続編は二部作になるとのこと
マーベルコミックの絶好調ぶりは何処まで続く。

「ターミネーター:新機動/ジェニシス」
最近、映画界はリブートブーム
この「ターミネーター:新機動/ジェニシス」については、第三作、第四作を完全に無視して
新たなリブート作品を作った。
ジェームス・キャメロンが作った一話、二話をミックス&新たなストーリーを加味した事実上の
第三弾と言っても良い作品。
もう70歳近いシュワちゃんが体を作り素晴らしいパフォーマンスを見せた。
でも最後あんなに無敵になっていいものだろうか・・・・w

「バケモノの子」
細田守監督の最新作「バケモノの子」
家出少年(声:宮崎あおい)は、渋谷の路地で熊徹(声:役所広司)という化け物に出会う。
彼の言葉にひかれるように追いかけた少年は、「渋天街」というバケモノの世界へと迷い込む
熊徹は少年に九太と名前を付け、親子の関係が作られる
少年の頃の九太は好きだが、大人になった九太は可愛げが無くなり、熊徹が可哀想になるくらいの
悪がきぶりにはちょっと。。。
前作「おおかみこどもの雨と雪」では子と母の関係
新作の「バケモノの子」では子と父の関係を描いた
もう少し冒険活劇かと思っていたのでそのあたりはちょっと不満だった

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作
主演はトム・クルーズ
映画冒頭から軍用機しがみつきのスタントでいきなり始まる。
そのすさまじい迫力と格好良さに観客全員しびれること間違いなし
しかし、この手に汗握るシーンはあっさりと終わってしまう事に驚くだろう。
ただ、この映画のアクションシーンはこんなものでは終わらない
大型バイクのチェイスシーン、カーチェイスシーン、そして水中アクションとどれも出来映え、アイデアともに申し分なし
それもすべてトム本人がスタントをこなしている。
満足度100%の映画でした。

「ジュラシック・ワールド」
あの「ジュラシック・パーク」(93年)の後日談
シリーズ第4弾のなるのか
前3部は全て映画館で鑑賞した
特に第一作目の「ジュラシック・パーク」
あの恐竜がスクリーンの現れた瞬間の感動が忘れられない
新作はパークがパワーアップして観光客がたくさん訪れる
しかし、見せ場は単調、恐怖感の演出もありきたりで恐怖が感じない
あの時の感動が新作では感じる事が出来なかったのは残念だ。

こうして振り返ると娯楽作品ばかり。。。
ヒューマンドラマが見たい今日この頃。。


by koji_sagara | 2015-08-30 17:56 | 映画・本・音楽 | Comments(0)

三ノ倉高原ひまわりライド

ロータス師匠が企画した「三ノ倉高原ひまわりライド」に会社のチャリ仲間nanaumiさんと参加してきました。
e0167780_17482394.jpg
e0167780_17482963.jpg
e0167780_17483669.jpg
e0167780_17485365.jpg
喜多方の道の駅「喜多の郷」から裏磐梯へ向かい、スカイバレーを登り、山形米沢へ下り、大峠を登って
最後は三ノ倉スキー場の登り5㎞と結構バードな獲得標高2000m越えの私にとってはとっても美味しいライドでした・・・・w

天気は終始曇り空、走るにはとても良いコンディションでした。
最近私が走ると雨が降りそうで降らないビミョ~なライド続いています・・・・w
自称「晴れ男」。。。いや、曇り男。。ん・・雲男。。。クモ男・・・スパイダーマンとでもしときましょうか(笑)
そろそろ雨男返上って事で・・・・w

7時に道の駅をスタートし、裏磐梯道の駅まで約23㎞の登りが続く15㎞付近の大塩裏磐梯温泉付近から勾配がきつくなりますがロータス師匠と会話をしながらのんびりと走りました。
今日はみーさんがサポートカーを出しているので安心して走れ。。。いや登れます(笑)
e0167780_17490410.jpg
e0167780_17492485.jpg
e0167780_17493492.jpg
e0167780_17494512.jpg
道の駅「裏磐梯」に到着したのは9時前だったのでお店はまだ開店前で観光客もまばら
こんな人のいない道の駅は初めて
開店と同時に恒例のソフトクリームを食べでスカイバレーへ向かう
nanaumiさんは初のスカイバレーだったようです。(頑張れ~!)
本日のコース一登り、今日は抑え目で終始登ることにした。。。最近抑えてばっか・・・w
e0167780_17495412.jpg
e0167780_17500509.jpg
e0167780_17501323.jpg
抑えたせいか、意外に楽に頂上まで登ることが出来た。
頂上は涼しい、山形側から怪しい雲が流れてきている
頂上で宮城から走りに来たローディー二人と会いました。
道の駅「裏磐梯」に車をとめてスカイバレーを登ってきたとのこと、この後二人のローディーとまた遭遇する事になる。
e0167780_17502752.jpg
e0167780_17504115.jpg
e0167780_17505324.jpg
全員登ってきたころ、雨がポツポツと。。。
慌てて山形へ下る、スカイバレーは何度も登っているが山形側へ下るのは今日が初めて
九十九折あり、急こう配もあり慎重に下った。
下りでは師匠とnanaumiさんにあっという間に離された
山形側からは距離も勾配もありタフなコースですね。
e0167780_17510404.jpg
e0167780_17511449.jpg
e0167780_17512734.jpg
e0167780_17513534.jpg
e0167780_17514852.jpg
e0167780_17520070.jpg
米沢のお蕎麦屋さんで昼食をとり、大峠を登り始めたころ自動販売機の前で休憩している二人のローディーがいました。
スカイバレーの頂上で会った二人のローディーでした。
せっかくなので喜多方、三ノ倉高原のひまわり畑までご一緒することにした。
話しを聞くとロードを乗り始めてまだ半年
でも走りはしっかりしていました。
特に身長のある方(宮城ローディーAとしましょう)は経験積んだら速くなりそう。。。(今のうちに潰しておくか(笑))
今日最後の峠、三ノ倉高原スキー場までの約5㎞
e0167780_17521272.jpg
e0167780_17522402.jpg
e0167780_17523970.jpg

「まだ、脚が残ってるな・・」
「脚残しておいてもしゃぁ~ないし」
「おし、ここは宮城ローディーAを潰しとくか・・・」

「勝手にヒルクライム」スタート~(笑)!!

案の定、宮城ローディーAがついてきた(しめしめ・・・予定通り)
約2㎞登ったあたりで後ろを確認、約10m後ろにローディーA
2㎞を過ぎて斜度8%の看板があった。
「おっし、ここで振り切るっ!」
負荷をかけて追従してくる宮城ローディーAを引き離す。
約20m引き離し、そのままゴ~~ル!
「勝った・・・」  アホかっ!!

ゴールした後、宮城ローディーAが私に「クライマーだったんですねぇ~」

「ふっふっふ・・そう、私がなんちゃてクライマージーコです」(笑)

まあ、勝手にレースして三ノ倉高原に到着しました。
スキー場一面に咲いたひまわりは、布引高原のひまわり畑も綺麗ですが、ここも約200万本のひまわりが
咲いています。
秋になるとコスモスが咲き誇るそうです。
まさにひまわりの絨毯でした。
e0167780_17525434.jpg
e0167780_17530312.jpg
e0167780_17531993.jpg
ここから集合場所の道の駅まではほとんど下り基調
残り2㎞はロータス師匠の後ろにピッタリと張り付いて到着した。
e0167780_17535653.jpg
e0167780_17540752.jpg
e0167780_17542744.jpg
e0167780_17555068.jpg
温泉は現在ボーリングの真っ最中で露天風呂はなかったが汗を流してさっぱりした。
帰りはせっかく喜多方に来たので坂内食堂のラーメンを食べて帰りました。

今週も獲得標高2000mの峠を走った。
ツールド東北まで1か月、あと3本ぐらい変態コースを走って本番をむかえるか。

by koji_sagara | 2015-08-14 18:02 | ツーリング | Comments(2)

ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015 Part2

5時過ぎに会場へ到着した。

参加者もちらほらと集まり始めた。
朝はとても涼しかった。。このまま一日中涼しいといいのだが。

e0167780_22175709.jpg
e0167780_22181656.jpg


朝食を買いにデイリーヤマザキへ、お店のおばちゃんがとても元気で親切だ

被災地に何度も自転車のイベントなどで訪れているが、いつも感じることがある
被災地の方々がとても優しく、親切で温かい、そして元気だ。
辛い経験をした方々は、人に対して他人に対して優しくなれる  そう感じる。

「トイレ使うときはお店の裏の社員のトイレ使っていいからねぇ~」元気だ・・・・w

e0167780_22182871.jpg
e0167780_22183642.jpg


5時30分から受付開始
宮城メンバーのねごさんヴェッツさんも到着した。
今日は約70チーム、約300名の参加者です。
お揃いのジャージで参加する方々が目立っていました。
5名チームが多いようです
我々LEGONチームもジグソージャージで完走を目指します!

e0167780_22191044.jpg
e0167780_22301866.jpg
e0167780_22302591.jpg
e0167780_22303267.jpg
e0167780_22304054.jpg
e0167780_22304837.jpg
e0167780_22330260.jpg


7時から数分間隔でチーム毎にスタートが開始された。
スタート直後に待っているのは10%を超える坂道が3kmほど続く
前半30㎞にかけて大きなアップダウンが続くコース
それを過ぎると小刻みにアップダウンが続く、平地はない
ルートラボでコースを確認すると距離は約80㎞と短いが前半は控えめに抑えて走った。
朝のうちは気温も低く日陰もあり峠も気持ちよく走ることが出来ました。
しっかし平地がまったくといってない。。。
上ったかと思ったら下り、下りが終わるとまた上り。。。その繰り返し

e0167780_23201658.jpg

e0167780_23202323.jpg
e0167780_23203164.jpg
e0167780_23204135.jpg
e0167780_23205054.jpg
e0167780_23210112.jpg
e0167780_23210815.jpg
日曜日にも関わらず工場用のトラックは走っていました。
沿岸部はまだまだ工事が続いています。

女川へ入って休憩していると反対方向からロータス師匠とみーさんに遭遇
二人は逆回り、時計回りで同じコースを一周走るようです。
少し会話をし二人と別れて再び走り出す。
e0167780_23221595.jpg
e0167780_23222488.jpg


ここから小刻みなアップダウンが始まる。
給水ポイントは数か所ありましたが、エイドステーションに補給食は全くなし・・・・w
一か所蒲鉾屋さんで試食の蒲鉾をおなかいっぱい食べました・・・・w
ここが折り返し地点と思われる
このあたりから気温もぐんぐん上がりはじめ夏の暑さが戻ってきた。
しかし、コースもそうだが暑さも以外に我慢できるし、それほどきつくない。
これは多分、前の週末に「前日光ライド」で激坂変態コース&猛暑を経験したせいで免疫が出来ていたと思われる。
人間慣れれば強くなれるのですね(笑)

e0167780_23223699.jpg
e0167780_23224816.jpg
e0167780_23225764.jpg
e0167780_23231877.jpg
e0167780_23233068.jpg


最後の給水ポイントで冷たい水をスタッフから頂いた。
残りは13㎞、ゴールは目の前
最後はメンバー4人並んでゴールをすることが出来た。
後半暑かったがアップダウンのコースのわりには疲れもあまりなく走ることが出来た。
しかし今日のペースでツールド東北の170㎞の完走は自信がない、この後頑張っても50㎞~60㎞で脚がなくなる感じがした。
もう少しペースを落として走らないと170㎞は走り切れない。
本番まで・・・・(今日も本番だが・・・w)
もう少し距離があり、起伏のあるコースを走ろうと思います。
ゴール後、お弁当を4人で食べ帰ろうと思っていたら、またまたロータス師匠とみーさんに会った。

e0167780_23234218.jpg
e0167780_23235862.jpg
e0167780_23241989.jpg

帰り支度をしてメンバーと別れた

第一回目の「ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015」に参加して
スタッフの一生懸命な姿、「おしかのれん街」の皆さんの温かさに触れることが出来ました。
十数年ぶりに来た牡鹿半島
そこを走ることが出来て本当に嬉しかった。
この大会が、来年、再来年と続くこと願います。
そしてまた参加したいと思います。
このイベントを教えてくれたヴェッツさん、手続き等をして頂いたねごさん
本当にありがとうございます。
コージーさん毎週遊んでいただき感謝です(笑)  また遊びましょう・・・・w

また来月ツールド東北で石巻を訪れます。


by koji_sagara | 2015-08-06 17:54 | イベント・レース | Comments(2)

ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015 Part1

8月2日(日)に石巻市鮎川浜で開催された。
「ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015」に参加してきました。

e0167780_23513957.jpg
2名~5名でのチーム形式のロングライドイベント
チーム員で助け合いながらゴールを目指します。
チェックポイントやフィニッシュでは全員のサインが必要となり、1名でもリタイヤした場合は失格となります。
サポートカーなども走行せず、パンクなどのバイクトラブルなどは各チームで必要機材を携帯してトラブルに対処する。

私たち「LEGONチーム」は、宮城メンバーのねごさん、ヴェッツさん、福島のコージーさんと私の4名で参加をした。

今年が第一回目の開催ということで、参加出来た事がとても嬉しい。
コースはロングコース約80㎞
鮎川浜をスタートし反時計回りに牡鹿半島をぐるっと一周するコース
起伏にとんだコースで平地がほとんどなくアップダウンの連続
約80㎞で獲得標高が約1500mととてもハードなコース
9月のツールド東北の足慣らしも兼ねて今回参加をしようと思っていた。
e0167780_22140923.jpg
e0167780_22142400.jpg
大会当日の受付が朝5時30分からと早いこともあり、土曜日に石巻市の牡鹿へ向かった。
牡鹿半島にあるホテルまで240㎞と遠い。。。

東北自動車道から三陸道で石巻まで向かい、石巻市内を経由し目的地の牡鹿半島へ
石巻市を通った時、昨年ツールド東北でお世話になったボランティアの方の
自宅近くを通った。
昨年お世話になった挨拶は9月のツールド東北の時にしたい
e0167780_22143403.jpg
e0167780_22145263.jpg
e0167780_22150112.jpg
土曜日14時頃ホテルに到着した。
このあたりホテル以外何にもない。。。コンビニも食事できるお店も。。
鮎川浜まで戻らないと食事が出来そうもないので、明日の会場確認もかねて向かった。
コージーさんに連絡を取り、会場で会う事にした。
会場となる「おしかのれん街」
2011年11月に被災した商店16店舗が入居している仮設の商店街です。
飲食店や、お土産屋さん、日用品や青果、鮮魚などを扱っているお店もあります。
e0167780_22154022.jpg
e0167780_22155070.jpg
e0167780_22155945.jpg
e0167780_22160620.jpg
震災前はここ鮎川港からも金華山への定期便が出ていました。
調べると現在は日曜日に一便定期便が出ているようです。
要予約でモーターボートが運航するようだ。
私も十数年前ここ鮎川港からか女川港からだったか定かではないが、金華山へ行ったことがある。
e0167780_22161486.jpg
e0167780_22162575.jpg
e0167780_22163212.jpg
e0167780_22165435.jpg
e0167780_22170953.jpg
e0167780_22171697.jpg
e0167780_22172460.jpg
今日はおしかのれん街のみさき屋さんで食事をしました。
お店のご夫婦と震災のお話しや明日の自転車のイベントの話しなどをしました。
とても親切なご夫婦でした。
コージーさんと車なのでここでは飲めないので近くのデイリーヤマザキでビールを購入し
宿に戻り軽く飲んで早目に就寝した。
その夜、地震があったのも知らずに私は爆睡しました(笑)
e0167780_22174629.jpg
翌朝4時に起床、まだ日は昇っていない。
仕度をして5時前に会場へ向かった。
向かう途中、鹿のファミリーに遭遇(残念ながら写真が撮れなかった)
さすが牡鹿半島です。
高台から金華山の朝焼けがとても綺麗だった。
今日も晴れて暑くなりそうだ。

Part2へ続く




by koji_sagara | 2015-08-04 20:37 | イベント・レース | Comments(0)