<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「あん」を観る

東北はこの週末ようやく梅雨に入った。
48年ぶりの遅い梅雨入りだったようですね。
こんな雨の日は自転車も乗れないのでゆっくりと映画鑑賞
「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞
「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督の最新作「あん」
以前、BS放送で「殯の森」を観たことがあった。
認知症を患った人たちと介護スタッフと共同生活をしている。
その患者の一人とスタッフのふれあいを通じて人間の生と死を描いた映画。
カンヌがとても好みそうなアートな映画でした。
河瀬直美監督はカンヌ映画祭のコンペティション部門の審査員にも選出されている。
e0167780_23145489.jpg
彼女の最新作「あん」を観ました
どら焼き屋の雇われ店長の千太郎(永瀬正敏) ※これは映画の後からわかってくる
ある事件から、この店のオーナー(浅田美代子)に莫大な借金を作ってしまう。
それを返済するために働く、けっしてどら焼きが好きではない。
狭い店舗で彼はただひたすら働いている。

どら焼き屋に毎日のように立ち寄る中学三年生のワカナ(内田伽羅)がいる。
彼女は一羽の鳥を飼っているがワカナの母親は、この籠の鳥が狭いアパートの部屋で鳴くのをうっとおしく思っている。
ワカナには父親がいなく母子家庭。
母親ともうまくいかず口もきかない。心を許せるのは、この籠の鳥だけだ。
e0167780_23150484.jpg
ある日、どら焼き屋に一人のおばあちゃん、徳江さん(樹木希林)がやってくる。
徳江はこの店で働きたいと言い出した。
徳江「ずーっとあんを作ってきたのよ、もう50年も」「半世紀よ・・・・」
彼女はハンセン病患者だった、もう治っていたが。
14歳からずっとハンセン病療養所で隔離され生活してきた。

ハンセン病はかつて、らい病と呼ばれた。らい菌による感染症で、致死病ではないものの、
闘病が長引けば顔や手足が変形してしまう。その独特の症状から恐れられ、
患者やその家族は長い間差別の対象となってきた。

この三人には共通点がある
ハンセン病棟で、かごの鳥のように生き続ける徳江
どら焼き屋の小さな「鳥かごのような」店舗の中で生き続けている千太郎
母子家庭という「カゴ」の中で、外へ飛び出したいと思っているワカナ
e0167780_23174701.jpg
徳江の作ったあんが評判になり、行列まで出来る店になるが、ある日お客がまったく来なくなる。
千太郎とワカナは病療養所へ徳江に会いに行く。。

もっと書きたいがこの辺で。。

樹木希林の演技が涙をそそりました。
どら焼きやで生き生きと働く徳江、彼女が残した録音テープの言葉に私は泣いた。

ひらがらの最初の「あ」
そして最後の「ん」
日本語のひらがなの最初と最後の文字である
この二つの言葉で全ての事を表現できる印象的な言葉だと感じた。

by koji_sagara | 2015-06-29 23:31 | 映画・本・音楽 | Comments(0)

「チャッピー(Chappie)」を観る

ニールブロムガンプ監督の新作「チャッピー」を観た
監督3作目の作品
1作目「第9地区」
舞台は南アフリカのヨハネスブルグ
巨大な宇宙船が現れそのまま飛び立てなくなり彼らは難民となる
人間は宇宙船の下に第9地区という隔離地域をつくり
エイリアンを居住させ、管理する
今までこんな発想の映画あっただろうか。。傑作だった
e0167780_17392221.jpg
2作目「エリジウム」
彼がハリウッドに招かれ作った2作目の作品
マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション
22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、
虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く(あらすじyahooシネマより抜粋)
格差社会を皮肉ったような作品だった

第3作目の「チャッピー」
舞台は「第9地区」と同じ南アフリカのヨハネスブルグが舞台 (原点回帰か・・)
急増する犯罪に対抗するため南アフリカ警察は兵器ロボットを購入し犯罪者に対抗する。
そんな中、人工知能搭載ロボットのチャッピーが誕生する
起動したばかりで子供のように純粋なチャッピーは、
ストリートギャングのメンバーたちと接し、
彼らから生き抜くためのスキルを学んでいく
e0167780_17393665.jpg
e0167780_17395735.jpg
「チャッピー」という名前はギャングの一人が名付け親となる
ギャングとのやり取りが実に面白い、そして憎めない(笑)
衝撃の・・・・?ラストを向かえる
なにか切なさが残るラストシーンだった。。

by koji_sagara | 2015-06-11 22:39 | 映画・本・音楽 | Comments(0)

東京散策とチームの応援

先週末の土曜日は会社の日帰り旅行があり参加してきた。
国会議事堂の見学と東京散策
e0167780_23243119.jpg
国会議事堂は中学校以来か・・・久しぶりなのでとても新鮮だった。
残念ながら国会議事堂内は撮影禁止
1時間の見学コースがあり休日の国会議事堂内を見てきました。
国の中枢、ここでさまざまな法律が作り出されているのですね。
e0167780_23244762.jpg
e0167780_23245818.jpg
e0167780_23250657.jpg
e0167780_23251951.jpg
お昼前に見学が終わり自由行動(笑)
私はRaphaへ向かった。
東京のショップへ行くのはRaphaショップのオープンパーティー以来です
e0167780_23253740.jpg
e0167780_23255613.jpg

あまり時間がなかったのでTシャツとオリジナルボトルを購入し東京駅に向かった
東京駅を正面から見るのも実は初めて
皇居の緑と丸の内のビル群のコントラストがとてもきれいだった。
気持ちのいい場所だ。
駅正面のベンチでしばしスタバのコーヒーを飲みながらのんびりと周りの景色や
通り過ぎる人々を観察していた。
こういう時間好きです。
e0167780_23262052.jpg
翌日の日曜日は地元のソフトボールチームが試合をすると聞いていたので
応援がてら監督に挨拶をしてきた。
私がチームを抜けたのは丁度自転車にのめり込んだ時期
ソフトと自転車がうまく両立できずにいたため監督にチームを抜けると伝えた。
試合を見ているとやりたくなってしまう。
久しぶりにボールを拾い投げた。。。懐かしい
この日チームは優勝した。(おめでとう!)
e0167780_23264770.jpg
e0167780_23265602.jpg
e0167780_23270438.jpg
なかなか充実した週末だったな。

先日ツールド東北の抽選発表があった。
無事、170㎞コース当選しました。
9月の本番に向けて走り込みをする
昨年、民泊でお世話になった方のうちにもあいさつに行きたい。
またこの秋石巻を訪れます。

by koji_sagara | 2015-06-10 23:28 | 暮らし | Comments(0)