<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シーズンオフにはまだ早い

久しぶりに朝練をしてきました。
少し寝坊しての8時過ぎ出発。
まあ、この季節は早朝起きても暗くて走れません・・・・w

天気は曇り、朝のうち雨が少し降り道路もウェット状態。
しかし風はなく気温も低くなく走りやすかった。
夏場は走っていると数名のローディーとすれ違うことがあったが
この季節になるとほとんど走っているローディーはいません。。。シーズンオフかぁ~
シーズンオフにはまだ早いのだ!

e0167780_15181206.jpg


会社でここ3週間ほどネットワーク障害で寝不足が続き、精神的にも病んだ状態が続いていた
障害となる要因は潰しこんではいるが根本原因がいまだ不明
今週一週間が勝負、この一週間障害が発生しなければ収束宣言を出すのだが・・・・
新工場への光工事対応などで週末も出勤が続いた
体重も何故か減り続いている・・・(これぞネットワーク障害ダイエット)
相当筋力が落ちているのか・・・そろそろ筋トレもやるか

e0167780_15182044.jpg
e0167780_15182693.jpg


そんなこともあり久しぶりに日曜休みが取れ走った。。。といってもほんの50㎞程
途中Ave30キロチョイで走る
一人で走っているとなかなかペースを一定に保つことが難しい
集団での練習がしたいなぁ~
途中会社に寄って雑用を済ませ帰宅

明日から12月(師走ですなぁ~)
今年の〆にはまだ早いですが皆さん今年はどんな年でしたか


by koji_sagara | 2014-11-30 15:26 | 朝駆け | Comments(0)

「紙の月」を観る(読む)

先日、日本映画「紙の月」を観た。
映画を観る前に小説を読んだ。
わかば銀行のパートとして勤務する梅澤梨花が約一億円を横領した。
横領が発覚する前に海外へ逃亡を図る。彼女は逃げ切れるのだろうか。。。
自分にあまり興味を持たない夫としかし、何不自由のない生活を送っていたが、
夫の何気ない一言に違和感を覚えそれが次第に大きくなり彼女を狂わす。
そして年下の大学生・光太と出会って彼女の金銭感覚と日常生活が少しずつ歪んでいく。
次第に顧客のお金にまで手を付ける。

e0167780_18141403.jpg


小説では彼女の心の葛藤、なぜ大学生の光太と付き合い始めたのか、ほんの少しの歪みが
少しずつ大きくなりすべてお金で解決できるのではないかと彼女は錯覚をする。
小説でも映画でも大学生の光太に魅力を感じない。
なぜ彼女がこれほど彼に惹かれたのか。。ただ若いというだけなのか。

でも男女が惹かれあうのはお互いの魅力だけではなく、誰一人特別な人間などいない
そういう中で男女は惹かれあるのだと思います。
ただ彼が目の前に現れ彼女は彼を選んだ。
そこには心の寂しさもあったのだと

私たちは誰でも、何らかの不満や空洞や悔恨や違和感を持って生きている。
そんな不満や空洞はお金さえあればほとんど解消できるのでしょうか、
しかしお金で全て解消しようとするとお金に翻弄されてしまう。

映画では彼女の心の機微がきちんと描かれていないため、短絡的な軽い女性に感じたのはとても残念だ。
ラブホテルでのシーンを減らし心の描写をもっと描いてほしかった。
2時間枠の映画での描写はとても難しいですねぇ~

小説は読んでいると彼女の心がヒリヒリする、そして切なく痛みが伝わった。
いつの間にか小説の感想に・・・・w

e0167780_18143802.jpg


宮沢りえさんはとても美しかった。
歳を重ねるごとに良い女優になっています。

もうすぐ12月、そろそろ自転車も乗れない季節
年末に向けて映画三昧かな・・・・w


by koji_sagara | 2014-11-29 18:27 | 映画・本・音楽 | Comments(0)

ツール・ド・いわき

先週日曜日、第一回ツール・ド・いわきが開催された。

第一回目の記念すべき大会だったので参加をしてきました。
走ったコースはファミリーコースの30㎞。
見学付ののんびりコースを嫁とミニベロで。。。と思ったのだが・・・
このコースがまたいったいどこ走ってんだか・・・・・全然わからん!
スタッフの方が先導してコースを案内しなかったら完全に迷子になる。。

e0167780_23091518.jpg
e0167780_23092545.jpg
昨日までの雨も上がり季節外れの暑さでのイベント当日。
現地に6時30分頃到着し受付を済ませて会場を見学していた。
スタート前にご当地アイドル「アイくるガールズ」が朝っぱらからステージで
「レッツゴー常磐線」を熱唱!
e0167780_23093756.jpg
e0167780_23094802.jpg
ブースもなかったのは少し残念です。
120㎞コースの参加者からスタートを始めたが、走る間隔がありすぎて「我ら30㎞はいったい何時」
ってくらい待たされた・・・と思っていたら突然30㎞組がスタートさせられた。
e0167780_23101304.jpg
コースは小名浜市街地を走りいきなりの峠を登る。
一緒に参加した嫁もいきなりの峠にビビりギアチェンジも忘れ重いギアで死ぬ思いで峠を登る。
最初の休憩ポイントの「くらしの伝承郷」で死んでました(笑)
だらだらと休憩してようやくスタートしたが、休憩時間を取り過ぎだった感がありました。
e0167780_23103454.jpg
e0167780_23104546.jpg
e0167780_23105695.jpg
きつい峠は終わり最初のエイドステーションに到着したがこの時点ですでに20㎞、
ここから小名浜まで戻れば40㎞近くになる。。
e0167780_23123403.jpg
e0167780_23124818.jpg
本当にこのコースで良かったのか疑問。。。
ここからはよく知っている道なので先に出発することにした。
塩屋崎灯台を経由し小名浜に戻り無事ゴールした。
ゴールは閑散として肩すかし。
ステージではゴールする選手とは関係なしにフラガール(高校生)が踊っていました。
(マジックショーもやったとか・・・w  ローカルイベント全開!)
結局走った距離は38㎞でした。
e0167780_23125981.jpg
e0167780_23130804.jpg


感想として9月に走った「ツール・ド・東北」のイメージが頭の中にあった。
ただそこまでは期待していなかったが、運営があまり良くなかったかな。
スタッフ不足、コースの分岐点には警備員が所々いましたが、それ以外のところは道路に白線で矢印があるだけ。  
(コースを外れた参加者もいたみたいです)

30㎞という短いコースなので逆にコース選定が難しいのは確かである。
駐車場には県外ナンバーの参加者もいたが、来年も参加したいと感じたろうか。。。
いわきという素晴らしい環境でのイベント開催だったので、運営側がもう少し頑張ってほしかった。
目的が復興イベントなのか今はやりのツール・ド・○○○に乗っかっただけなのか。


by koji_sagara | 2014-11-08 10:34 | イベント・レース | Comments(4)