<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

仲間をお出迎え

せっかくの日曜日。。。雨ですね。
朝から降りっぱなしです。

ちょっと遠出をしてたった今帰ってきました。
見事な雨模様で。。。。もうやんなっちゃいます。。。涙
何しに行ったんだか・・・・ばかみたい(笑)
e0167780_14292558.jpg

e0167780_1429509.jpg

e0167780_1430765.jpg

昨日は仲間がツーリングで近くを走るので朝のうちに会ってきた。
私も一緒に走りたかったのですが、用事があるので顔を見るだけって事で、鳳坂峠を登る師匠と弟子コンビを励ましに・・・・w
なんと今日は師匠と弟子でダブル・デローザでのツーリング!!
しかも紅白とはおめでたい(爆)
朝から紅白が見れて何か良いことありそう(笑)
e0167780_14324067.jpg

e0167780_14305964.jpg

e0167780_14302552.jpg

e0167780_14312194.jpg

今回のコースは獲得標高3000m。。。いやぁ~行きたかった!!

鳳坂峠に車で差し掛かると走ってました。
ロータスさん、コージーさん、そしてみーさんにも久しぶりに会えて良かった。
またこのメンバーで走りたいな。。
みーさんも早く怪我を治して一緒に走りましょうね!!
e0167780_14314462.jpg

e0167780_14315550.jpg

ツーリングの無事を祈って仲間と別れた。
事故もなく無事に走れたかな・・・

今日は一日雨模様です。。。明日は遠征のためにお休み取ってるので
ちょっくら走ってきますか!
by koji_sagara | 2013-10-20 14:31 | チャリ仲間 | Comments(6)

自転車仲間を思いながらのヒルクライム

数日前の真夏のような気候から一転、今日は冬型の空模様。
昨夜から強風が吹き荒れ今日の蔵王エコーラインヒルクライムも強風の中での走りとなった。
e0167780_23501990.jpg

朝の福島は比較的穏やかな朝、でも気温は一気に下がり肌寒い。
車で集合場所へ向かう途中、山を見ると雲がかかって雨も降り始めた。。。。嫌~~~な予感。
おいおい、また雨男の本領発揮・・・

目的地に早めに到着し仕度をした。
山の上は相変わらず雲がかかっていたが、雨は降っていない。
とりあえず行けるところまで行こうということになり、出発した。
e0167780_23503538.jpg

e0167780_23504632.jpg

e0167780_2351342.jpg

こうして仲間とヒルクライムをするの夏以来、久しぶりだ。
ここ数週間、いろんな出来事があり走る気持ちも起きないまま過ごしていた。
自分の会社の後輩で、自転車仲間だった、そして弟のような存在だったあいつを失った。
まだ41歳という若さでこの世を去った。
e0167780_23514180.jpg

e0167780_23521891.jpg

あいつとは自転車のSNSサイトで開催された東日本大震災のチャリティーイベント(合力リレー)、九州から青森までタスキを仲間同士が繋ぎ東北への思いを伝える。
八戸から青森までの距離100kmを新青森駅のゴールを目指して走った。
私が無理に誘い、車を運転させ八戸に向かった。
彼はそれまで100㎞という距離を走ったことがない。不安だったろう。
その日は季節外れの暑さで体力を消耗した。
途中彼は脚を攣りながらも100㎞という今まで走ったことのない距離を見事完走しゴールした。
2人でゴールをたたえあった。
彼は峠が大嫌いだった。
私は何度も峠に誘ったな。可哀想なことをしたがあいつの苦しんでいる姿を見ると笑えた。
もっともっと誘いたかった。
e0167780_2352553.jpg

e0167780_23531928.jpg

e0167780_23533638.jpg

私は人と付き合うのが下手で、物凄い人見知り。
付き合っても相手の事を考えすぎてしまう、もっと自分の気持ちを素直に出せばといつも後悔する。
そう思っている間に相手は去っていく。
成長でもするのならいいのだが、まったく経験が糧になっていない。
成長しないまま50歳を超えた(笑)
それでも、出会って、「仲間だ」「大切な人だ」と思えるようになって、別れるのだがらそれなりに思うことはある。
出会いで人生が広がって、別れることで人生が深くなるのでしょうか・・・
e0167780_2354417.jpg

e0167780_23552596.jpg

e0167780_23554228.jpg

e0167780_235601.jpg

蔵王エコーラインは約17㎞の蔵王ハイラインの手前の駐車場がゴール。
久しぶりのヒルクライムなので楽しんだ。
仲間の事もいろいろと考えながら、途中クロスバイクで登っていた外人さんと話をしながら登った。
風が強く雲が流れる。
晴れると絶景が広がる。
e0167780_2358313.jpg

e0167780_23585118.jpg

e0167780_2359565.jpg

e0167780_2359201.jpg

e0167780_23593649.jpg

リアのギアを一枚残して何とかゴールまで登りきることが出来た。
頂上は風速10mを超す強風が吹いていた、気温も低い。
仲間は自転車を押しながら到着した。
帰りは風が強いのでしばらく自転車を押して下山した。
自転車を押しながら下山したのは初めての経験、なかなか楽しかったです(笑)
e0167780_23595158.jpg

e0167780_001558.jpg

e0167780_002779.jpg

e0167780_004949.jpg

e0167780_01470.jpg

e0167780_011978.jpg

e0167780_013851.jpg

e0167780_015080.jpg

帰りは遠刈田温泉でさっぱりして帰りました。
タフなコースでしたが、何か自分の中でもやもやしていたものが晴れて気持ちが楽になった。
夏にまたここを走りたい。
e0167780_023340.jpg

e0167780_024533.jpg

by koji_sagara | 2013-10-13 19:40 | ヒルクライム | Comments(4)

復活!サザンオールスターズ

9月22日、宮城スタジアムで5年ぶりに復活した、サザンオールスターズのライブへ行く。
だいぶ遅くなってしまったが、どうしても書きたかった。
e0167780_22212971.jpg

e0167780_2219322.jpg

e0167780_22194465.jpg

5年間無期限で活動を停止していたサザンが今年35周年を迎え復活した。
全国で野外ライブを夏から開催しこの日は野外ライブの最終日を飾った。
桑田佳祐さんはこれで宮城でのライブが3年続けています。
東北にかける思いがひしひしと伝わります。
そして今年は宮城を最後の舞台にしてくれたこと、本当にファンとしても東北人としても嬉しい。
この日は家族4人でライブ観戦。
娘たちは初の野外ライブ、というかライブが初めて。
しかもそれがサザン復活、そして35周年といい事づくめの初ライブです。
e0167780_22195779.jpg

e0167780_2220882.jpg

e0167780_22203381.jpg

宮城ライブ恒例の「虹の広場」も開催。
東北各地の屋台が、今年は35周年を記念し35店舗の屋台が軒を並べ大賑わい。
お昼前に現地到着、まだまだライブには時間があったせいかまだ混雑はしていませんでした。
屋台で腹ごしらえをして会場の雰囲気を満喫、ライブ会場の宮城スタジアムからはリハーサルの音が聞こえて益々気持ちが高鳴ります。
e0167780_22205234.jpg

e0167780_2221449.jpg

e0167780_22211840.jpg

サザンファンのコミュニティーサイトの方が大弾幕を高台に設置して頂いたのですぐに発見しご挨拶。
みんなで記念写真を撮りしばしお話をしました。
こういう出会いって本当に嬉しいですね、みなさんコンサートを満喫したことだろう。。。

3時ごろ会場入り。
当初、スタンドの後ろ側と思っていたので係りの人に階段を聞こうとしたところ、なんとアリーナ席。
しかもBブロックなのでステージに近い席で、もう感動!!
こんな近くからサザンの復活を観れるなんて。(神様ありがとう!!)
e0167780_22214652.jpg

5時開演。
桑田さんの楽しいMCあり、アコースティックコーナーあり、コントあり(笑)、R18指定あり(爆)
「勝手にシンドバッド」で取ったキラキラの帯(何て呼ぶのかな・・・w)
コンサートでこれ欲しかったのよねぇ~~
e0167780_2314256.jpg

e0167780_2315361.jpg

e0167780_232583.jpg

e0167780_2322638.jpg

e0167780_2323853.jpg

新曲の「蛍」で腕の胸熱ベルトが一斉に蛍の光に5万個の蛍がスタジアムを染めた。
感動のステージ、満足の3時間でした。
コンサートの余韻を感じながら岐路に着いた。
e0167780_2325498.jpg

by koji_sagara | 2013-10-05 10:40 | 映画・本・音楽 | Comments(4)

「エリジウム」を観る

先日、映画「エリジウム」を観た。

実はこの日は二本立てで映画を観た。(いや~満足!!)
e0167780_1024227.jpg

ストーリー  ※一部抜粋
舞台は2154年。人類はスペース・コロニー“エリジウム”に住む富裕層と、荒廃した地球に住む貧困層とに二極分化されていた。
“エリジウム”は永遠の命が手に入る人類の理想郷。どんな不治の病でも一瞬で完治する特殊な再生装置が存在した。地球に住む人々の頭上の空には“エリジウム”が幽かに浮かんでいる。手を伸ばせば届きそうなのに、決して到り着けない場所―。
エリジウム政府高官のローズ(ジョディ・フォスター)はエリジウムの完璧なまでに美しい生活を維持する為に、地球からの“移民”を禁じ、非情なまでに密入国者を一切排除していた。
地球に住むマックス(マット・デイモン)は、事故により余命はあと5日間。<生きたい―>。その強い思いから‘永遠の命’を手に入れるべくエリジウム行きを決断。だが、エリジウムへ行ける唯一の方法は、レジスタンス軍の兵士として、ある任務を遂行する以外、なかった。
自らの身体にコンピューターを埋め込み、命の危険にさらされながら、厳しい移民法で防御されているエリジウムへ向かうマックス。
全人類の未来までをも背負って、いま、悲しくも壮絶な戦いが始まる・・・。

監督はニール・ブロムカンプ

2009年の「第9地区」に続き2作目。
1作目は南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策が反映されたストーリーになっていた。
宇宙船が難破し難民になったエイリアン(エビと呼ばれる)が地球で隔離された地区(第9地区)で生活をするというストーリー。

今回の映画は格差社会を反映したSF映画。
前作は低予算で無名の役者をそろえて作った映画ですが、今回は主演がマッド・デイモン、そしてジョディー・フォスターも出演していてメジャー映画になりましたが。。
作品としては前作よりは少し劣りましたね。
ただ、見ごたえはありました。
作品的には好きな映画です。
e0167780_10242626.jpg

孤児院で育ったマックスは、幼なじみフレイに必ずエリジウムに連れて行くと約束していた。
2人で過ごした幼い頃の情景が、マックスの脳裡に浮かぶ記憶として、何度も映し出される。
凄惨な描写や悲痛な結末を超え、爽やかな印象を残して映画は終わる。人類は決して捨てたものではない。
少し物悲しい社会派SF作品。
by koji_sagara | 2013-10-05 10:30 | 映画・本・音楽 | Comments(0)

「ウルヴァリン:SAMURAI」を観る

久しぶりのブログです。
ここ数週間、仕事そしてプライベートでいろんなことが重なり続けて書くことが出来なかった。
今までの分を今日は外も雨、自転車乗ることも出来ないので書いちゃお(笑)

先日、「ウルヴァリン:SAMURAI」を観た。(映画も久しぶりだなぁ~~)

Xメンの人気キャラクターのウルヴァリンを主人公にした第二弾の映画。
今回の舞台はなんとなんと、日本です。
。。。。。わたくし、この日本が舞台と聞いた時からまったく期待をしていませんでした。
間違いなく駄作になるな。。。と。
e0167780_9383069.jpg

で、観た感想は、ズバリ駄作!!
日本のイメージっていまだにや〇ざに忍者ですか(笑)
しかも最後は甲冑のモビルスーツまで。。。もう笑うしかありません。
いい加減に日本を舞台にした時は、や〇ざ、忍者、それにチャンバラは止めてもらいたいですね。

期待をしていたミュータントもほとんどっていいくらい出てこない状態。
真田広之がどんなミュータントになってウルヴァリンと戦うのかとても興味があったのだが、これまた中途半端な役柄。
ただの剣の達人で脇役で終わった感じです。
脚本もダメダメ。。。
e0167780_9384665.jpg

モデルの福島リラが演じたユキオはなかなか良かったです。(彼女はミュータントだったのかな・・・)
アクションがとても様になってました。

今回の注目になっている部分はウルヴァリンの超人的治癒能力が無くなり、死を意識する。
人間らしい死を迎えるのか。。。そこが今回の見せ場だったのですが。。
やっぱり脚本が悪いですね。

でもヒュージャックマンがとても好きでウルヴァリンは大好きなキャラ。
それが見れただけでも満足。。。って事にして次回に期待したいです。
by koji_sagara | 2013-10-04 17:39 | 映画・本・音楽 | Comments(0)