<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【ライフ-オブ-パイ 虎と漂流した227日】を観る

先日、有休を取って嫁さんと観て来ました。
映画館は「那須塩原フォーラム」です、いつもなら福島のフォーラムへ行っていたのですがよ~~く調べたら那須の方が距離的に全然近い・・・
イメージとしては福島フォーラムを想像していたので建物を見てイメージと全然違ってた。
建物はまさにシネコン、9スクリーンあり館内もとても清潔で気に入りました。
これからはこっちのフォーラムへ通うことにする。
e0167780_0533437.jpg

e0167780_0535249.jpg

e0167780_0541028.jpg

e0167780_0542756.jpg

観た映画は「ライフ-オブ-パイ 虎と漂流した227日」
『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞を受賞しているアン・リー監督の新作、作家のヤン・マーテルの小説「パイの物語」の映画化です。今年のアカデミー賞ではスピルバーグの『リンカーン』が最多12部門にノミネートされている、本作『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』はそれに次ぐ11部門でノミネートされている注目作品。
e0167780_0544415.png

物語はインド系カナダ人のパイ・パテルが、小説家志望の男性に自らの半生を語る。
かなり省略するが、インドで動物園を経営していたがある理由で動物を貨物船に乗せインドからカナダへ向かう途中嵐に遭遇し貨物船は沈没、動物のほとんど、そして両親、兄も無くしてしまう主人公のパイ。
からくも救命艇で助かった、そこにはシマウマ、オランウータン、トラなどが乗り合わせており、命がけの漂流生活が始まる、という話。
トラの名前が「リチャード・パーカー」と言う。
最後は救命艇に二人・・・いや一人と一頭のトラだけが残り、サバイバルが始まる。
救命艇の中でのテリトリー争い、そしてトラを調教する、それは自分が生きるために必要なこと。トラのリチャードがいなかったらパイはとっくに死んでいただろうと思う。
波が無くなり海が鏡のようになる美しさ。
まるで天国にいるような感覚さえある。
この映画は回想録で物語が進んでいく、これは「フォレストガンプ」や「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」など代表的な作品がある。
本人が語っていく中で事実が誇張されたり美化されたりする、それがこの映画の映像、美しさに表れているのではないか。
最後の彼が語った話しが、事実なのか、それともそれまでのトラと共に227日を漂流した話が事実なのか・・・・それはこの映画を観た観客が判断して欲しい、監督はそう問いかけている。
リチャードパーカーとのあの別れはとても切なかったな・・・・涙
始まってすぐに宗教が絡んでくるのでとても難しい作品かな・・・と思ったがそんなことは無い、とてもわかりやすい素敵な作品だと感じた。
e0167780_0555399.jpg

e0167780_0561220.jpg

映画を観た後、黒磯駅そばの喫茶店で今日はランチを食べた。
建物は明治時代の建物でとても素敵なレトロな喫茶店でした、私はハンバーグランチ、嫁はピザランチを頂いた。
e0167780_056255.jpg

e0167780_0582538.jpg

e0167780_0565266.jpg

e0167780_057577.jpg

ハンバーグはちょっと肉が固かったかな・・・もうちょっと柔らかいともっと美味しかったかもね。
嫁さんが食べたピザはグ~~でした・・・・w
e0167780_0584816.jpg

e0167780_059598.jpg

良い映画を観て、美味しい食事をして良い一日だった。
by koji_sagara | 2013-01-30 17:19 | 映画・本・音楽 | Comments(4)

今年の新年会は2週連チャン

毎日寒い日がよく続く今年の冬、会社ではインフルエンザが大流行しています。
かろうじて私はひいてませんが皆さんも気を付けましょう。
ここ数日、雪がよく降っています、会津地方は大雪。
私の住む地区は比較的雪が少ないのですが、今月に入ってから40㎝を超す積雪もあり週末も雪が降った。
e0167780_17104541.jpg

今月に入り新年会2週連チャン・・・・w
先週末は会社の同僚と楽しく飲んで歌って、かつらを被って(バカやっとった・・・・・w)
いや~楽しかった♪
e0167780_177565.jpg


そして、今週末は勿来でチャリ仲間との新年会。
勿来駅前の「朝日屋旅館」さんにお世話になりました。
震災でお店を昨年の秋に新築して再オープンされたそうです。
とてもきれいな、落ち着いた旅館で一泊での新年会。
トイレのマークにロードレーサーのシールが・・・・w(嬉しいですねぇ~)
e0167780_1712504.jpg

e0167780_1713597.jpg

e0167780_17131861.jpg

今宵はあんこう鍋で乾杯。
いわき地区の冬場の鍋の定番はあんこう鍋なそうです。(羨ましいねぇ~)
私は中通り地区、鍋の定番は寄せ鍋。
いや~あんこう鍋は何年振りって感じで美味しく頂きました・・・・w
e0167780_17133835.jpg

e0167780_17135041.jpg

e0167780_1714166.jpg

e0167780_17142459.jpg

愉快な仲間と鍋を突っつきながら楽しい会話♪
旅館の方がなんとトライアスロンの選手というアスリートの方がいて一緒にお酒を飲みながら貴重なお話を聞くことが出来ました。
凄い武勇伝が沢山で、圧倒されました。
あれだけ飲んで今日はマラソンの大会で朝早くから出発してました・・・・鉄人だぁ~
e0167780_17144671.jpg

e0167780_17145740.jpg

新年会に参加したメンバーは今日はいわきツーリング、私は腰の調子が良くなかったので残念ながらツーリングはお見送りだけでした。
あ~いわきは良い天気、走りたかったなぁ~
参加したメンバーとツーリングを企画し楽しい一年を過ごしたいと思います。
e0167780_17184798.jpg

e0167780_1719118.jpg

e0167780_17192599.jpg

e0167780_17193891.jpg

e0167780_1720787.jpg

e0167780_17202845.jpg

走っているメンバーを車の中から「パチリッ!!」
元気に走っとる・・・・・w
参加して頂いた皆さん楽しい時間をありがとうございました。
ロータスさん宿の手配ありがとうございました。
みーさんも元気で安心した。
今度はツーリングで会いましょう!!
e0167780_17231734.jpg

e0167780_17231818.jpg

by koji_sagara | 2013-01-27 17:31 | チャリ仲間 | Comments(6)

成人の日

週末は冬場のRUNを実施。
ようやく脚も慣れてきたようでしっかり走れるようになってはきている。
今年は5㎞程度のロードレースにも挑戦してみよう。
e0167780_918446.jpg


そして成人の日。
週末は全国的に雨または雪の大荒れの天気、爆弾低気圧が日本を襲った。
e0167780_920832.jpg

長女もおかけさまで13日に成人式を迎えた、日曜は穏やかな天気の中での成人式でした。
早朝美容室へ行き、その後写真屋さんで記念撮影、勤務先に挨拶に行き、式典に参加、その後私の実家へお披露目・・・・w
帰ってきて同窓会&二次会とハードな長女の一日が終わりました。
e0167780_9235535.jpg

e0167780_9213846.jpg

娘も二十歳、成人は日本では二十歳ですが、海外の主流は18歳のようですね。
アメリカなどは州によっても違うみたいです、日本も以前18歳に引き下げようという動きがあったと記憶しています。。。どうなったのかな。
よく大人になる、成人になるということは「自分自身の言動に責任を持つ」などと言われる。でもこれは大人にならなくても重要な事、大人に、成人になればよりいっそう重く受け止める事は大切な事だと思う。
大人になるということは、皆さんもいろんな意見があると思います。どれが正しいか、すべて正しいのかもしれないし。多分大人の定義など無いのだろうと思う。

自分の長所・短所を全て受け止め自分の行うことに対して責任を持つ、決して他人のせい、会社のせい、上司のせい、親のせいにしない事。
確かに他人のせいにすれば、自分は傷つかないが、それを繰り返していると何か大切なものを失ってしまう気がする。これは私もこの歳になって感じている(遅いぞお前!・・・・w)
娘もこれからいろんな経験もするだろう、辛い事、苦しい事、悲しい事、楽しい事、嬉しい事。
それを全て受け止め自分の肥やしにし成長していってほしい。そして二十歳といえば若さの象徴だ、人生を謳歌して自分の人生を貫いて欲しいと願う。
e0167780_9195234.jpg

娘よ成人おめでとう!!
by koji_sagara | 2013-01-14 10:11 | 家族 | Comments(4)

「男たちは北へ」を読む

「男たちは北へ」を読んだ。
作者:風間一輝
e0167780_22382726.jpg

主人公は44歳のグラフィックデザイナー、桐沢風太郎アル中男。
彼は親友との約束のため自転車で関東から青森を目指す。
途中、トラックから落ちた一冊の文書を拾う。文書の裏をメモ帳代わりに旅の記録を取りはじめた。
実はこの文書は自衛隊の極秘文書だったため、自衛隊の特別隊に追われることになる。
当初は極秘文書だけ桐沢に知られないよう取り返すはずだったが、命の危険を伴うストーリーへと展開していく。
売れないグラフィックデザイナーのもう一つの顔が現れ自衛隊も苦戦を強いられる。
そして高校を退学しヒッチハイクで青森を目指す少年と出会う。少年とのふれあいがハードボイルドタッチの小説の中で、とてもホッとする場面だ。
自衛隊の尾形との関係もとても良い、男と男の友情っていいねぇ~
そして青森に到着した桐沢と少年は何を感じるのか。
少年の成長がとてもさわやかです。

作者も実際東京~青森を自転車で走ったその経験をこの小説にしたのでしょうね。
自転車で走っているときの心境を良く表現していました。
ロングライドをした私たちなら感じた苦痛や感動といった感情をとてもシンプルに書いていてくれています。

この小説を読んで自分もいつか自転車で日本を縦断してみたいそんな心境にかられました。
by koji_sagara | 2013-01-07 07:52 | 映画・本・音楽 | Comments(2)

「007 SKYFALL」を観る

遅まきながら先日「007 SKFALL」を観てきた。
007シリーズ生誕50周年記念作品。
6代目ジェームス・ボント、ダニエル・クレイグの3作品目。
ジェームズ・ボンド役への抜擢が発表された当時は007シリーズ初の金髪とあって今までのイメージと大きく異なることもありバッシングが多かった。
しかし彼は『007 カジノ・ロワイヤル』で、シリーズ最高記録の興業収入を樹立し、「ショーン・コネリー以来の最高のボンドだ」と絶賛された。
e0167780_2331449.jpg

Mの立場上やむを得ない指示をしなければならずそれにより、ジェームス・ボンドは危機にあう。
今度の作品ではMとジェームス・ボンドの関係が深く描かれている。ここまでMとジェームス・ボンドとの関係に焦点をあてたシリーズ作品は初めてだったと思います。
ただ、ダニエル・クレイグになり007の作品としてキャラクターがとてもリアルになりすぎて、どうもスマートじゃありませんね・・・・w
最近のアクションがリアルなものがうけてるのもありますが、007はやっぱりスマートに行かないとね(笑)
俳優は好きなんですが・・・・・ちょっとマッチョすぎる・・・・w
でも、次回作も観たくなるのは彼の魅力でしょうね。

しかしあの橋の上で背中から川へダイブするスタントは圧巻でした。
e0167780_23345849.jpg

久しぶりに劇場で映画を観たので満足、寒い冬はもうちょっと映画館に通うかな。
by koji_sagara | 2013-01-06 17:23 | 映画・本・音楽 | Comments(2)

自転車初詣

恒例になり始めている自転車での初詣、今年はちょっと遅れて行ってきました。
でも参拝客はおもったより多かったですね。
e0167780_1715128.jpg

今日はメンバーと二人で走ってきました。
走り始めは気温5℃以下でしょうか、さすがに寒かったが風がないぶん救われた。
しばらくぶりの自転車、ポタリングペースで神社へ到着。
今年一年健康で過ごせるようにお祈りをして、お守りを買ってきました。
e0167780_17154539.jpg

昼食はパスタとピザを食べた。
e0167780_17155864.jpg

e0167780_1716248.jpg

明日は仕事始め、連休中に走ることが出来てなにかスッキリした感じがする。
まだまだ寒い日が続くので自転車の出動はしばらくないだろうな・・・・帰り向かい風を受けて走りながら考えていた。  (春よ来い!)
by koji_sagara | 2013-01-06 15:16 | ポタリング | Comments(0)