<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

週末のツーリング

先週末は小名浜でツーリング。
当初1月に予定していたのだが、雪に降られて2月に延期をしてのツーリングでした。
e0167780_072941.jpg

当日の小名浜は天気も良く風も弱めでツーリング日和。(後半向かい風がきつかったけどね・・・w)
外を走るのは実に一か月半ぶりになる、自転車初詣以来です。
時々室内でローラーを廻していましたが、脚力の衰えは如実に現れました。
しょっぱなのいわきマリンタワーへ向かう坂で早くも脚にきました・・・w
e0167780_063058.jpg

例年の冬場ならもう少し走っているのですが、今年の冬は全然走る気にもならず引きこもり状態が続いていました.....本当に寒い冬だったのだ。
e0167780_082345.jpg

当初ダムまで走る予定でしたがコースを短縮して久ノ浜折り返しにして大正解(笑)
コージーさんはショップのSRに参加していたせいか、絶好調!!
新舞子から四倉まではコージートレインに乗ってAve30㌔で走行。
メンバーは「ヒイヒイ」言ってましたが・・・w
今回は先頭へは出ず終始コージートレインで快適走行♪
e0167780_085264.jpg

途中豊間海水浴場付近を走りましたが、津波の被害によって海沿いの家屋は
基礎を残して無くなっていました。
昨年も同じコースを走ったのでその時の面影はなかった。
コージーさんに聞くと少しずつではありますが住民が戻っているそうです。
早い復興を祈りながら走りました。
道路は一部砂利道がありましたが、走るには問題がなかった。
e0167780_092887.jpg

途中道の駅「四倉」で休憩。
ここもオープンして直ぐに震災にあい被害を受けています。
今はテントの様な建物の中で営業をしていました、新たに道の駅を建設中です。
「頑張れ小名浜!!」
e0167780_095793.jpg

久ノ浜で折り返して途中喫茶店で休憩し13時ごろ小名浜到着。
ボギーさんが途中膝の調子が悪くなりちょっと心配です...大事に至らないといいのですが。
お昼は市場食堂で私はカキフライ定食を食する。(美味し!!)
e0167780_0103879.jpg

食後は温泉でゆっくりと疲れをとって久しぶりのツーリングを終えました。
今日の福島、日中は暖かく春の気配です、ようやくツーリングシーズン到来でしょうか。
e0167780_0105992.jpg

コージーさん、終始先頭、コース案内有難うございました。
ボギーさん膝大丈夫ですか...治療して下さいね。
ステイメンくんお疲れ様、これからどんどん走ろうね!!

これで今年もスタートできるかな・・・
by koji_sagara | 2012-02-21 00:14 | ツーリング | Comments(0)

先週末の映画 『ドラゴン・タトゥーの女』

どうも最近忙しく、ブログのアップもままならない毎日。
そんな中先週末は自転車仲間と新年会や久しぶりに映画も観ることが出来て充実した週末。
e0167780_23232371.jpg

新年会は中華料理を美味しく頂き、仲間との楽しい時間を過ごす事が出来ました。
念願のチームジャージもあと少しでデザインが完成!!(いや~楽しみ)
完成したジャージを着てメンバーとのツーリングが今から楽しみですね♪
e0167780_23145244.jpg

さて、先週末観た映画は『ドラゴン・タトゥーの女』
原作はスウェーデン人のジャーナリスト、スティーグ・ラーソン。小説は三部作からなる推理小説で全世界で6500万部を超えたが、本人はその成功を知る事も無くこの世を去っている。
オリジナルの映画も存在する。
スウェーデン映画で私は情報を全く知らずにたまたまWOWOWで「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を含めた三部作を放送したものを観た。
特に第一部の「ドラゴン・タトゥーの女」は主人公のリスベットを含めストーリーにも引き込まれ観た記憶があります。

ただこの手の外国映画の推理物(犯人は誰か)は事件にかかわる人物がたくさん出てきて、しかも字幕はカタカナで表示されるのでなかなかついていけない上に、この映画ではその人物が直ぐに登場せず名前だけがどんどん出てきて誰が誰だか・・・
ある程度予備知識を入れて観るととても入りやすいかも。

簡単にストーリーを
ミカエル・ブロムキヴィスト(ダニエル・クレイグ)は雑誌「ミレニアム」のジャーナリスト。大企業家のヴェネスシュトルムのスキャンダルをすっぱ抜いたつもりだったが、それが逆にヴェネスシュトルムに名誉毀損で訴えられ敗訴。「ミレニアム」の信用は傷つき、失脚状態に陥ってしまう。

そんな中、スウェーデン経済界に君臨していた大富豪ヘンリク・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から1966年から行方不明になっている姪ハリエットを捜して欲しいとの依頼を受ける。
そしてミカエルは行方不明のハリエットが、その失踪事件の前後にストックホルムで起こっていた女性ばかりを狙った連続猟奇殺人と関わりがあることを導き出します。
ミカエルを助ける助手として登場するのが、リスベット。
セキュリティ会社と契約をする抜群の腕を持った調査員であり天才ハッカー。
彼女の過去については第二部、第三部で明らかになっていきますが、幼いころから暴力を受ける人生を送り、その生活は今も後見人に管理されていた。
その二人がこの失踪事件の謎を解いていく。

まず、スウェーデン版のリスベットとハリウッド版のリスベットの違い決定的に違うのは、カッコ良いか、悪いか。
スウェーデン版の彼女は髪形といい顔といい、服装も含め女でも惚れてしまいそうな風貌です(レズビアン・・・男もOK・・・?)
ハリウッド版は髪形も服装も全く違う、どこかだらしないファッションでナヨッっとしてる(笑)
・・・・で、どことなく可愛いのです。
時々言うセリフも可愛さが出ている。

そしてもう一人の主人公ミカエルを演じたダニエル・クレイグ。
007ジェームス・ボントとは違うキャラクターを演じたが、とにかくカッコいいのです。
何気ないあのコートやカーディガンなどの着こなし、あのスタイル。
あんなスタイリッシュなおじさんになりたいと思った。

凍てつくようなスウェーデンの冬を舞台に物語が進みます。
R指定の為にかなり際どいシーンや残虐な場面もありますが、見ごたえ十分!!
オープニングからデヴィッド・フィンチャー節がさく裂します。
「セブン」や「ゾディアック」などを彷彿とさせる映像美、また私の好きな映画が一つ増えました。

ハリウッド版も三部作をとる予定のようだがはたして次もデヴィッド・フィンチャーが監督をするかは疑問です。(やらないと思う)

是非ご覧あれ。
by koji_sagara | 2012-02-14 23:46 | 映画・本・音楽 | Comments(0)