カテゴリ:イベント・レース( 26 )

ツール・ド・東北2016 Part2

朝は3時半に目が覚めた。

前日、プチ前夜祭と言いながら結構飲んじゃいました(笑)
お蔭で昨日は爆睡
外は雨がシトシトと降り続いている。
「あ~~憂鬱だぁ~」「メンバー誰かDNSしないかな・・・」
などと、弱気になっていたが、いざジャージに着替えると「よっしゃぁ~~~!!」
。。。という気になる(笑)
雨の中でも楽しも~~♪

5時前に会場の専修大学へ向かった。
雨のせいか気温も低い。。。「ジャージのインナー長袖にすればよかった・・」
今年もコージーさんと一緒にスタートを待つ。
私たちよりも前にタジャマさんとちゃオさんがいた。
幕張さんとしけたさんは私たちよりも後ろの様だ。。。
e0167780_21524512.jpg
e0167780_21525243.jpg
e0167780_21530856.jpg
e0167780_21531568.jpg
e0167780_21532200.jpg
e0167780_21533583.jpg
e0167780_21542372.jpg
6時過ぎにスタート
雨は止まず相変わらずシトシトと降り続く
気を付けなければならないのは、事故だ。
カーブ、グレーチング、アップダウンが続くコースなので十分注意しながら走っていた。
沿道では雨にもかかわらず、手旗などを振って地元の方々が応援してくれる。
これだけでも元気になる。
ある程度濡れるとあきらめがつき、テンションも上がってきた(笑)
もう靴の中がグチョグチョ
e0167780_21544895.jpg
e0167780_21545574.jpg
女川のエイドでは温かいさんまのつみれ汁が待っていた   「美味いっ!!」
もうここで帰ろうか・・・・w
e0167780_21550293.jpg
e0167780_21550966.jpg
e0167780_21555455.jpg
スタート前、今日は終始マイペースで走ろうと心がけていた。
数週間前から体調があまり良くなかったこともあり、走り込みも不足していた。
メンバーのペースに合わせると後半心配なので注意した。
昨年は120㎞付近から右脚を痛め、それが半年間続いた。
e0167780_21561057.jpg
e0167780_21562708.jpg
e0167780_21563889.jpg
今年は新車の東洋フレームでの参加
身体にどんな効果を与えてくれるか楽しみでもあった。
「頑張らないで走る」それが前半のテーマである(笑)
e0167780_21565334.jpg
e0167780_21570703.jpg
e0167780_21573051.jpg
e0167780_21574360.jpg
e0167780_21575356.jpg
e0167780_21580155.jpg
e0167780_21581198.jpg
e0167780_21582090.jpg
e0167780_21582755.jpg
復旧工事の影響もあるのか、昨年と微妙にコースが変わっていたようだ。
エイドステーションも増えた。。。?
折り返し地点が約98㎞付近だったろうか。
少しずつ雨も小降りになってきた。
脚の調子は良かった。  「意外に廻るぞ!」
e0167780_21584036.jpg
e0167780_21585113.jpg
e0167780_21585864.jpg
e0167780_21590605.jpg
e0167780_21591470.jpg
南三陸ホテル観洋でふかひれスープを飲んで元気になる。
ここまでくれば、アップダウンもあと少しだ。
e0167780_21592363.jpg
e0167780_21593010.jpg
e0167780_21594691.jpg
最後のエイド、北上川沿いのにっこりサンパークで幕張さん、しけたさん、そして彼女と合流した。
ここからは雄大な北上川を見ながら、全力でゴールだ。
脚が廻ったので少し牽いたが直ぐに左脹脛が「ぷるぷる」と言い出した。。。「ヤバい」

すぐさまマイペースの戻しメンバーを先に行かせた。
最後はメンバー全員でゴールした!
この日は嫁も会場入りし、ゴールの瞬間をカメラで撮ってくれた。
e0167780_22001571.jpg
e0167780_22002206.jpg
e0167780_22002961.jpg
脚へのダメージは昨年に比べれば今年は痛みがほとんどなかった。
東洋フレームマジックか、マイペースでの走りが良かったのか。
しかしこのフレームは長距離を走っても疲れが少ない
東洋フレームにして良かったと感じた瞬間
しかし。。。自転車はドロドロ。。しかも帰宅してから気が付いたが、
チェーンステーの塗装が剥がれていた。。。ショックだ~~
e0167780_22004226.jpg
e0167780_22005288.jpg
e0167780_22010182.jpg
e0167780_22011188.jpg
e0167780_22012031.jpg
ゴール後、一旦解散し恒例の打ち上げ会場に集合し酒を飲んだ。
今年は例年以上に盛り上がった感がある・・・・w(タジャママジック!!)
メンバー全員が長い距離を完走した。
みんな凄いな。。。
二次会に雪崩れ込み楽しい時間を過ごした。

実は私の中でツールド東北は今年をとりあえず最後にして、
しばらく走らないつもりでいたが、走り終えるとまた来年も走りたくなる。
それがこのイベントの魅力なのか
それとも打ち上げが楽しいのか(笑)

来年も宮城県を、仙台、松島、石巻、女川を走りに来たい。

参加されたメンバーの皆さん本当にお疲れ様でした。
楽しい時間をありがとう!!

by koji_sagara | 2016-09-21 21:00 | イベント・レース | Comments(0)

ツール・ド・東北2016 Part1

今年のツールド東北は朝から雨が降り続いた。
e0167780_20455462.jpg
気温も上がらず寒い一日での170㎞は私にとって過酷なコースだった。
前日の土曜に石巻入り
一昨年民泊でお世話になった大崎さんの自宅を訪問した。(写真撮るの忘れた・・・)
ラッセルテリアのななちゃんも元気だった。
今年は娘さんが結婚したばかりで忙しいため民泊のボランティアはしなかったそうだ。
今年は昨年民泊した大学生が就職が決まったと報告に訪れてくれて
こうして訪れてくれるのが一番嬉しいと二人は話してくれた。
e0167780_20452951.jpg
e0167780_20453827.jpg
e0167780_20454867.jpg
「また来年来ます」と言って今日泊まるホテルへ向かった。
チェックインにはまだ早かったのでホテルの駐車場へ車を止め専修大学の会場へ受付に行こうと
コンビニの前で仕度をしていると、幕張さんとしけたさん、タジャマさん達と偶然遭遇。
これからちゃオさんを駅に迎えに行って石巻を少し走るとのことで行動を共にした。
e0167780_20460015.jpg
e0167780_20460840.jpg
e0167780_20461453.jpg
先に受付を済ませ、キャンプ場のコージーさんに挨拶をして、石巻市内をポタリング
今年は8月に一度石巻に来ているので、2度目になる。
門脇小学校の前を通過し、日和山公園に登った。
e0167780_20461942.jpg
e0167780_20462483.jpg
帰りは「FUNADE スタジオ」へ向かった。  今年は彼女も170㎞を走るらしい。
ここでみんなと別れてホテルにチェックインし、コージーさんとプチ前夜祭をして
明日の170㎞完走を誓った。
e0167780_20463021.jpg
e0167780_20463481.jpg
夜になっても外はシトシトと雨が降り続いている。。明日は厳しい170㎞になりそうだ。

                                         続く

by koji_sagara | 2016-09-20 22:44 | イベント・レース | Comments(0)

ツール・ド・東北2016

今年で、第4回となる2016年のツール・ド・東北の日程が決まりました。
今年は9月17日(土)、9月18日(日)での2日間の開催。
17日(土)は、「手ぶら de ラクラク 石巻周遊ライド」「グループライド」コースを新設するそうです。。。ん~~内容がまだわかりません。
詳細は随時発信されると思います。
e0167780_22325031.jpg
e0167780_22330941.jpg
18日(日)は、石巻専修大学をスタート&ゴール地点とする4つの周遊コース(60km、100km、170km、211km)と、気仙沼プラザホテル前をスタートして石巻専修大学をゴールとするワンウェイ(片道)コース(95 km)の計5コース
昨年は170㎞を走った。
その後遺症で右脚の裏側の痛みがまだにひいていない。
簡単には完走させてくれないコースだからこそ参加する、走りがいがある。
今年も170㎞で申し込む予定でいるが、人気があるイベントなので抽選となる。
e0167780_22344163.jpg
e0167780_22351663.jpg
昨年、一昨年と2年続けて参加しているが会場の雰囲気、コースの過酷さ、沿道の声援、エイドステーションの充実さ
どれをとっても魅力あるイベントだ。

昨年はボロボロになってゴールしたので今年は余裕をもって走り切りたい。
そのためにも当日までしっかりと走り込んで完走したい。(変態コースをどんどん走るぞ!!)
今年もどんなイベントになるのか今から楽しみである。

by koji_sagara | 2016-02-09 22:36 | イベント・レース | Comments(0)

ジャパンカップクリテリウム観戦

10月17日~18日宇都宮で開催されたジャパンカップ

e0167780_21282015.jpg
e0167780_21283811.jpg
e0167780_21282971.jpg
e0167780_21285208.jpg
e0167780_21284593.jpg
e0167780_21290082.jpg
17日のクリテリウムを観戦してきました。
当初は自走で宇都宮まで走ってから観戦しようと思っていたが
脚の具合と、天候がいまいちだったので電車に変更
e0167780_21290870.jpg
e0167780_21291588.jpg
e0167780_21292843.jpg
e0167780_21293337.jpg
11時宇都宮到着、フレンドの剛さんに場所取りをして頂いた。
レース前にショップのブースなどを二人でまわり、剛さんが学生時代からあるという、焼きそば屋さんで昼食を食べた。
この焼きそば屋さんがなかなか味があって好きになった(笑)
大盛りが300円と安くて、懐かしい味で病み付きになりそうです。
e0167780_21294017.jpg
e0167780_21295095.jpg
e0167780_21300041.jpg
レースは高校生クラスから始まり、
ガールズケイリンスペシャルレース後にジャパンカップクリテリウムが
スタートした。
e0167780_21301092.jpg
e0167780_21302710.jpg
e0167780_21303378.jpg
e0167780_21304246.jpg
e0167780_21305312.jpg
e0167780_21310668.jpg
e0167780_21311493.jpg
e0167780_21312253.jpg
e0167780_21313312.jpg
e0167780_21314370.jpg
e0167780_21315114.jpg
高速で十数人の選手がわずか十数センチの隙間を大集団で走る光景は迫力がありました。
私たちの前を猛スピードで走り抜けていく姿は本当に凄かった。

優勝はトレックファクトリーレーシングの別府史之選手
この大会では日本人初とのこと。
e0167780_21320290.jpg
e0167780_21321168.jpg
e0167780_21321829.jpg
観戦後は剛さんと一緒に観戦した、Mitchさんともりもりさんとで
ワインの美味しいお店で乾杯した。
e0167780_21322434.jpg
来年は本戦も観戦して楽しみたいですね。
剛さんお世話になりました。


by koji_sagara | 2015-10-18 22:12 | イベント・レース | Comments(0)

ツール・ド・東北2015 Part2

4時はまだ暗い。
スタートが早い気仙沼フォンド211㎞組が少しずつ集まってきている。
ジャージに着替え、朝食をとる。

e0167780_20461950.jpg
e0167780_20462996.jpg
e0167780_20463510.jpg
5時を過ぎると会場もだんだんと賑やかになってきた。(大会が始まる)
今年のLEGONメンバーは抽選に漏れた方も多数いた、当たっても振り込みを忘れて
失格したメンバーもしたし(笑)
昨年により少ないメンバーで走ることになる。
e0167780_20470105.jpg
e0167780_20471072.jpg
南三陸フォンドの参加者が続々と並ぶ中、コージーさんとねごさん3人で並んだ。
タジャマさんは我々よりもずっと後方からのスタートとなった。
速いからすぐ我々に追いつくだろう。(結局一度も会えず・・・・w)
6時10分過ぎにスタートした。
長い170㎞が始まった。
e0167780_20474934.jpg
e0167780_21100660.jpg
e0167780_20472309.jpg
e0167780_20473046.jpg
e0167780_20475814.jpg
e0167780_20480679.jpg
e0167780_20481863.jpg
e0167780_20483066.jpg
e0167780_20484137.jpg
e0167780_20485226.jpg
昨年も会場のスタッフの応援、地元の皆さんの声援、仮設住宅で生活をしている
皆さんの声援、本当に温かい、そして後押しをしてくれる。
頑張って完走するぞ!
第一の女川エイドステーションでは、恒例の「女川汁(サンマのつみれ汁)」が待っていた。
昨年、福島の某ツール・ド・い●きでもサンマのつみれ汁がでたが、これが不味かった。
女川汁最高!!
e0167780_20490460.jpg
e0167780_20491327.jpg
e0167780_20493871.jpg
e0167780_20494903.jpg
e0167780_20495803.jpg
e0167780_20500686.jpg
e0167780_20501966.jpg
序盤はねごトレインで走る  (トレインといっても3名ですが・・・・w)
私は若干抑え目で時々メンバーと離れながらマイペースで走行した。

リアス海岸沿いのアップダウンのコースを抜けると、雄勝湾の西端にたどり着く
第二雄勝エイドステーション到着
雄勝名産の新鮮なホタテを今年も頂きました。(もう一個食べたい・・・・w)
e0167780_20502987.jpg
e0167780_20504124.jpg
e0167780_20505220.jpg
e0167780_20510691.jpg
e0167780_20512214.jpg
e0167780_20513233.jpg
e0167780_20514125.jpg
e0167780_20515110.jpg
60㎞付近には神割崎エイドステーションがある。
昨年と休憩ポイントが少し変更になっていた。
海の幸が具に入ったホッとする味のおにぎりが美味しかった。
志津川湾を観ながらしばし休憩、いい場所だ
e0167780_20521592.jpg
e0167780_20520285.jpg
e0167780_20522526.jpg
e0167780_20523514.jpg
100㎞はここが折り返りだ
ここからは初めて走るコースだ、南三陸町。

この後、85㎞まで走ると今日の昼食ポイントの伊里前エイドステーションがある。
その途中、長い急な下りがあり、下った先に大きな段差があった。
自転車が大きく跳ねた。
その先をしばらく登っていたらトップチューブに備え付けていたカメラバックから
カメラのカバー毎無くなっているのに気付いた。
ここでメンバーとはぐれる。

あわてて同じ道を戻りバックが落ちていないか探しながら坂を下っていった。
見つかったのはやっぱり、あの大きな段差の少し先だった。
あの段差でカメラが飛んだのだ
バックを拾ったら今度は肝心のカメラが無い!!
辺りを探しても見つからない。
一人で探しているとスタッフライダーが止まってくれて一緒になって土手の方を探した。

二人でも見つからないので、もう諦めようと思っていた時に、工事現場のオジサン達4~5人が
オジサン:「お~どうした」
ジーコ:「カメラを落としたんです、バックはあったんですけど」
オジサン:「大切な思い出が写ってるからなぁ~」
20分ぐらい探していると、工事現場のオジサンがカメラを見つけれくれました。
みんなで「いやぁ~良かったぁ~」
e0167780_20525434.jpg
         ※一緒になってカメラを探してくれたスタッフライダーと工事現場のおじさん達

オジサンとスタッフライダーにお礼を言ってまた走り出した。
カメラは土が付いて汚くなり、傷もついたが動いてくれた。
走りながら胸が熱くなった。
本当にありがとうございました。
どうしてこんなに皆さん、温かいんだ。
e0167780_20531063.jpg
e0167780_20532220.jpg
初めて見る、南三陸町防災庁舎、鉄骨の赤い骨組みだけが残っていました。
「保存」か「解体」か
ちょうど信号待ちでいると、スタッフの方から保存すると聞いた。
周りはかさ上げが進み、以前とは景色が変わったと教えて頂いた。
新しい道路もつくっている

昼食ポイントで、コージーさんとねごさんが食べずに私を待っていてくれました。
メンバーありがとう。
e0167780_20534263.jpg
気仙沼線は今だ橋が落橋している箇所がある
まだまだ復旧・復興は道半ばだ。
e0167780_20535802.jpg
e0167780_20540989.jpg
この先がようやく折り返しポイント
残り80㎞だ!
103㎞付近の蔵内エイドステーションは、漁港にあるエイドステーション
ようやく先が見えてきたと感じた。
メンバーとここで海を見ながら休憩した。
e0167780_20542899.jpg
e0167780_20544362.jpg
e0167780_20545374.jpg
e0167780_20550914.jpg
楽しみのエイドステーションもあと二つになる
このあたりから右脚の裏側が張る感じの痛みが出てきた。
でも何故か脚が廻る廻る・・・・w
後半に入り調子が出てきた。。。が、お尻が壊れ始めた(笑)
う・・う・う~~肛門が・・・・
サドルはカッチカチの鉄のようだ・・・・  肛門が・・・
e0167780_20552013.jpg
e0167780_20553162.jpg
e0167780_20553809.jpg
ホテル観洋エイドステーションは122㎞付近にある
ここに来る途中、車でゴーイングメリーさんが応援に来てくれた。
ここで念願のふかひれスープを食べることが出来た(美味しい~~)
走ってよかったぁ~
e0167780_20555103.jpg
e0167780_20560076.jpg
e0167780_20562540.jpg
e0167780_20563232.jpg
e0167780_20564455.jpg
e0167780_20565230.jpg
アップダウンもあと少し、勾配13%を超す坂を登り切れば北上川沿いの平地になる。
北上エイドステーションで今日気仙沼スタートのワンウェイコースのハイさんと合流できた。
e0167780_20570592.jpg
e0167780_20571452.jpg
e0167780_20572354.jpg
新潟からの参加者で211㎞組の方が途中北上川沿いを牽いてくれて気持ち良かった。

ようやくゴールの専修大学が見えてきた。
石巻のゆーさんを待って、5人横一列でゴールした!!
e0167780_20573188.jpg
e0167780_20574008.jpg
ラスト10㎞が私にとってきつい時間帯だった。
脚も辛かったが、それよりもお尻が完全に壊れた(笑)

170㎞完走の達成感は格別だった。
一緒に走ったメンバーお疲れ様でした。
e0167780_20574869.jpg
ゴール後、ゴーイングメリーさんとテントを撤収して埠頭の駐車場で別れた。
二日間本当にお世話になった。
前日のテント設営から大会当日の応援、そして撤収とお世話になりました。
e0167780_21250949.jpg
e0167780_20575569.jpg
e0167780_20580572.jpg
e0167780_20581690.jpg
e0167780_20582577.jpg
e0167780_20583488.jpg
e0167780_20584341.jpg
e0167780_20585633.jpg
e0167780_20590505.jpg
e0167780_20591346.jpg
e0167780_20592368.jpg
e0167780_20593469.jpg
e0167780_20594370.jpg
e0167780_20595205.jpg
打ち上げは、昨年と同じ店で行われた。
今日参加出来なかった幕張さんも福島のヒルクライムレース後、合流し一緒に飲んだ。
一次会、そして屋台での二次会
楽しい時間を過ごせました。
ホテルに戻ってきてベットですぐに爆睡。。。身体がぼろぼろでした。
e0167780_21000307.jpg
e0167780_21001308.jpg
e0167780_21001941.jpg
翌日は、昨年も立ち寄った石巻のお店「FUNADE studio」へ寄ってきた。
昨日も一緒にお酒を飲んで楽しい時間を過ごした。
今年も大漁旗で作ったブレスレッドを購入し帰路に着いた。
e0167780_21003600.jpg
e0167780_21004471.jpg
心残りは昨年民泊でお世話になった方へ挨拶へ行けなかった事。

昨年もツール・ド・東北が終わってから、しばらく心地いい余韻が残った
今年も同じ気持ちになっています。

そんな気持ちに何がさせるのか、
石巻~女川~南三陸~気仙沼の被災地を走る
簡単には完走させない難コース
スタッフの一所懸命な、そしてさりげない優しさ
地域の方々の応援、心遣い
メンバーと一緒に走り、感動を分かち合う
これがずっと心に心地よく残るのだと感じます。

また来年、今度は「まだまだ走れるじゃん!!」
そんな余裕をもって170㎞をゴールしたい


by koji_sagara | 2015-09-16 18:10 | イベント・レース | Comments(0)

ツール・ド・東北2015 Part1

ツール・ド・東北2015
9月13日(日)に開催されたツール・ド・東北を走ってきました。

e0167780_23515944.jpg


昨年は北上フォンド100㎞
今年は南三陸170㎞を完走しました。
獲得標高が約1900m、アップダウンが続く難コース
簡単に完走出来ると思っていなかったので、今年の6月頃からこの難コースを完走すべくロングライド
アップダウンの変態コース、ヒルクライム、家では筋トレ、スクワットとなんでもやってきた。
8月に入り後半天候不順でロードバイクから二週間遠ざかってしまっての本番でした。

完走出来るか不安のまま、前日石巻に入りました。(たぶんどれだけ練習積んでも不安は残ったろう)
今年は秋田LEGONメンバーのゴーイングメリーさんとテント泊。
宮城のマサムネさんもいっしょになるはずだったが、先日の大雨で宮城の栗駒、大崎も
大きな被害があり参加出来なくなった。

e0167780_23520723.jpg
e0167780_23521546.jpg
e0167780_23523560.jpg


今年のツール・ド・東北の参加者の駐車場は雲雀野埠頭の仮駐車場だった。
石巻の専修大学まで約8㎞程離れているため、前日はここからシャトルバスも走っていた。
ロードバイクで会場まで向かう参加者が多数いた、砂利でパンクしないといい。
ここでゴーイングメリーさんと12時30分頃合流し会場へ向かった。

e0167780_23524235.jpg
e0167780_23533730.jpg
e0167780_23534326.jpg
e0167780_23535086.jpg


十数年ぶりのテント泊だったので楽しみだ。
会場でまずテントヴィレッジで受付をして、テント張りを始めた。
すぐそばにゴーイングメリーさんの知り合いの方々もテントを張っていた。
終わってから私たちのテントも手伝って。。。というか、ほとんど張って頂いた・・・w
感謝感謝です。

タジャマさんと会場付近で偶然遭遇、一年ぶりの再会でした。

e0167780_23535800.jpg
e0167780_22222338.jpg
e0167780_19125860.jpg
e0167780_20423158.jpg
e0167780_22311234.jpg
e0167780_20423915.jpg
e0167780_22312215.jpg
e0167780_22314211.jpg


会場でコージーさんとも合流してしばし会場の雰囲気と食事をとった。
メリーさんからはサプライズでbYTシャツのプレゼントがあった!
メリーさんありがとうございます。  遊び心満載のTシャツ最高です!!
福島メンバーのまどんさんとも会えた。

e0167780_22305606.jpg
e0167780_22323322.jpg
e0167780_22324275.jpg
e0167780_22324939.jpg
e0167780_22330563.jpg
e0167780_22332354.jpg
e0167780_22340896.jpg
e0167780_22342084.jpg


コージーさんと別れた後、メリーさんと二人で昨年食べに行ったという石巻の牡蠣小屋へ
牡蠣とホタテを焼いて食べた。

e0167780_22352170.jpg
e0167780_22353617.jpg
e0167780_22545218.jpg
e0167780_22551956.jpg


銭湯で汗を流してテントに戻り二人で軽く飲んでいると秋田の知り合いの方も
テントに遊びに来て頂いた。
明日は同じ170㎞を走るとのこと。
牡蠣小屋では60㎞を走る参加者と会う事が出来て、こうしてたくさんの方々と交流が出来るもの
ツール・ド・東北の魅力の一つかもしれません。

e0167780_22552667.jpg
e0167780_22553402.jpg


今日は早めに就寝した。
夜中の1時過ぎ、雨の音で目が覚めた。
夜中何度か雨が降った、大会当日の天候が心配だ。
そのあと、なかなか寝付けないまま朝4時をむかえた。

今日は南三陸フォンド170㎞を走る。
やっぱり不安だ。。。


by koji_sagara | 2015-09-15 21:52 | イベント・レース | Comments(0)

ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015 Part2

5時過ぎに会場へ到着した。

参加者もちらほらと集まり始めた。
朝はとても涼しかった。。このまま一日中涼しいといいのだが。

e0167780_22175709.jpg
e0167780_22181656.jpg


朝食を買いにデイリーヤマザキへ、お店のおばちゃんがとても元気で親切だ

被災地に何度も自転車のイベントなどで訪れているが、いつも感じることがある
被災地の方々がとても優しく、親切で温かい、そして元気だ。
辛い経験をした方々は、人に対して他人に対して優しくなれる  そう感じる。

「トイレ使うときはお店の裏の社員のトイレ使っていいからねぇ~」元気だ・・・・w

e0167780_22182871.jpg
e0167780_22183642.jpg


5時30分から受付開始
宮城メンバーのねごさんヴェッツさんも到着した。
今日は約70チーム、約300名の参加者です。
お揃いのジャージで参加する方々が目立っていました。
5名チームが多いようです
我々LEGONチームもジグソージャージで完走を目指します!

e0167780_22191044.jpg
e0167780_22301866.jpg
e0167780_22302591.jpg
e0167780_22303267.jpg
e0167780_22304054.jpg
e0167780_22304837.jpg
e0167780_22330260.jpg


7時から数分間隔でチーム毎にスタートが開始された。
スタート直後に待っているのは10%を超える坂道が3kmほど続く
前半30㎞にかけて大きなアップダウンが続くコース
それを過ぎると小刻みにアップダウンが続く、平地はない
ルートラボでコースを確認すると距離は約80㎞と短いが前半は控えめに抑えて走った。
朝のうちは気温も低く日陰もあり峠も気持ちよく走ることが出来ました。
しっかし平地がまったくといってない。。。
上ったかと思ったら下り、下りが終わるとまた上り。。。その繰り返し

e0167780_23201658.jpg

e0167780_23202323.jpg
e0167780_23203164.jpg
e0167780_23204135.jpg
e0167780_23205054.jpg
e0167780_23210112.jpg
e0167780_23210815.jpg
日曜日にも関わらず工場用のトラックは走っていました。
沿岸部はまだまだ工事が続いています。

女川へ入って休憩していると反対方向からロータス師匠とみーさんに遭遇
二人は逆回り、時計回りで同じコースを一周走るようです。
少し会話をし二人と別れて再び走り出す。
e0167780_23221595.jpg
e0167780_23222488.jpg


ここから小刻みなアップダウンが始まる。
給水ポイントは数か所ありましたが、エイドステーションに補給食は全くなし・・・・w
一か所蒲鉾屋さんで試食の蒲鉾をおなかいっぱい食べました・・・・w
ここが折り返し地点と思われる
このあたりから気温もぐんぐん上がりはじめ夏の暑さが戻ってきた。
しかし、コースもそうだが暑さも以外に我慢できるし、それほどきつくない。
これは多分、前の週末に「前日光ライド」で激坂変態コース&猛暑を経験したせいで免疫が出来ていたと思われる。
人間慣れれば強くなれるのですね(笑)

e0167780_23223699.jpg
e0167780_23224816.jpg
e0167780_23225764.jpg
e0167780_23231877.jpg
e0167780_23233068.jpg


最後の給水ポイントで冷たい水をスタッフから頂いた。
残りは13㎞、ゴールは目の前
最後はメンバー4人並んでゴールをすることが出来た。
後半暑かったがアップダウンのコースのわりには疲れもあまりなく走ることが出来た。
しかし今日のペースでツールド東北の170㎞の完走は自信がない、この後頑張っても50㎞~60㎞で脚がなくなる感じがした。
もう少しペースを落として走らないと170㎞は走り切れない。
本番まで・・・・(今日も本番だが・・・w)
もう少し距離があり、起伏のあるコースを走ろうと思います。
ゴール後、お弁当を4人で食べ帰ろうと思っていたら、またまたロータス師匠とみーさんに会った。

e0167780_23234218.jpg
e0167780_23235862.jpg
e0167780_23241989.jpg

帰り支度をしてメンバーと別れた

第一回目の「ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015」に参加して
スタッフの一生懸命な姿、「おしかのれん街」の皆さんの温かさに触れることが出来ました。
十数年ぶりに来た牡鹿半島
そこを走ることが出来て本当に嬉しかった。
この大会が、来年、再来年と続くこと願います。
そしてまた参加したいと思います。
このイベントを教えてくれたヴェッツさん、手続き等をして頂いたねごさん
本当にありがとうございます。
コージーさん毎週遊んでいただき感謝です(笑)  また遊びましょう・・・・w

また来月ツールド東北で石巻を訪れます。


by koji_sagara | 2015-08-06 17:54 | イベント・レース | Comments(2)

ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015 Part1

8月2日(日)に石巻市鮎川浜で開催された。
「ISHINOMAKI GENTLE RIDE 2015」に参加してきました。

e0167780_23513957.jpg
2名~5名でのチーム形式のロングライドイベント
チーム員で助け合いながらゴールを目指します。
チェックポイントやフィニッシュでは全員のサインが必要となり、1名でもリタイヤした場合は失格となります。
サポートカーなども走行せず、パンクなどのバイクトラブルなどは各チームで必要機材を携帯してトラブルに対処する。

私たち「LEGONチーム」は、宮城メンバーのねごさん、ヴェッツさん、福島のコージーさんと私の4名で参加をした。

今年が第一回目の開催ということで、参加出来た事がとても嬉しい。
コースはロングコース約80㎞
鮎川浜をスタートし反時計回りに牡鹿半島をぐるっと一周するコース
起伏にとんだコースで平地がほとんどなくアップダウンの連続
約80㎞で獲得標高が約1500mととてもハードなコース
9月のツールド東北の足慣らしも兼ねて今回参加をしようと思っていた。
e0167780_22140923.jpg
e0167780_22142400.jpg
大会当日の受付が朝5時30分からと早いこともあり、土曜日に石巻市の牡鹿へ向かった。
牡鹿半島にあるホテルまで240㎞と遠い。。。

東北自動車道から三陸道で石巻まで向かい、石巻市内を経由し目的地の牡鹿半島へ
石巻市を通った時、昨年ツールド東北でお世話になったボランティアの方の
自宅近くを通った。
昨年お世話になった挨拶は9月のツールド東北の時にしたい
e0167780_22143403.jpg
e0167780_22145263.jpg
e0167780_22150112.jpg
土曜日14時頃ホテルに到着した。
このあたりホテル以外何にもない。。。コンビニも食事できるお店も。。
鮎川浜まで戻らないと食事が出来そうもないので、明日の会場確認もかねて向かった。
コージーさんに連絡を取り、会場で会う事にした。
会場となる「おしかのれん街」
2011年11月に被災した商店16店舗が入居している仮設の商店街です。
飲食店や、お土産屋さん、日用品や青果、鮮魚などを扱っているお店もあります。
e0167780_22154022.jpg
e0167780_22155070.jpg
e0167780_22155945.jpg
e0167780_22160620.jpg
震災前はここ鮎川港からも金華山への定期便が出ていました。
調べると現在は日曜日に一便定期便が出ているようです。
要予約でモーターボートが運航するようだ。
私も十数年前ここ鮎川港からか女川港からだったか定かではないが、金華山へ行ったことがある。
e0167780_22161486.jpg
e0167780_22162575.jpg
e0167780_22163212.jpg
e0167780_22165435.jpg
e0167780_22170953.jpg
e0167780_22171697.jpg
e0167780_22172460.jpg
今日はおしかのれん街のみさき屋さんで食事をしました。
お店のご夫婦と震災のお話しや明日の自転車のイベントの話しなどをしました。
とても親切なご夫婦でした。
コージーさんと車なのでここでは飲めないので近くのデイリーヤマザキでビールを購入し
宿に戻り軽く飲んで早目に就寝した。
その夜、地震があったのも知らずに私は爆睡しました(笑)
e0167780_22174629.jpg
翌朝4時に起床、まだ日は昇っていない。
仕度をして5時前に会場へ向かった。
向かう途中、鹿のファミリーに遭遇(残念ながら写真が撮れなかった)
さすが牡鹿半島です。
高台から金華山の朝焼けがとても綺麗だった。
今日も晴れて暑くなりそうだ。

Part2へ続く




by koji_sagara | 2015-08-04 20:37 | イベント・レース | Comments(0)

「東京シクロクロス2015観戦」

週末に東京お台場で開催された「東京シクロクロス2015」を観戦してきた。

e0167780_2134538.jpg



e0167780_2135644.jpg



昨年行く予定だったが、二月のあの大雪で交通網がマヒ、東京まで行くことも出来なかった。
でも、昨年は雪の中のシクロクロスレース、盛り上がったでしょうねぇ~
まさにシクロクロス日和(笑)

今年も雪の心配があったが無事東京まで行くことが出来た。

e0167780_21361147.jpg

e0167780_21362630.jpg



もともとシクロクロスは、
ロードレース選手が冬季トレーニングの一環として始まったと聞いています。
自然の地形を活かしてコースをつくり、時には自転車を担いだり、障害物を乗り越えたり
砂浜を走ったり、自転車版クロスカントリーともいえる競技です。

e0167780_21392781.jpg


以前からシクロクロスにとても興味があり。。。(本当はやってみたいのよねぇ~)
前々から観戦をしたいと思っていた。
2月7日(土)~8日(日)の二日間行われた「東京シクロクロス2015」
お台場に到着したのが午後14時頃と遅くなり目的のレースが始まる頃だった。
C2クラスの出場の選手は既にゲートにスタンバイ状態でした。

e0167780_21394353.jpg
e0167780_23142808.jpg
e0167780_23143824.jpg
e0167780_23144513.jpg


ここお台場コースはお台場名物の砂浜コースがあったり、森林区間、障害物も随所にありと
とてもタフなコースです。
C2クラスに実は一度会いたいと思っていた選手がいました。
残念ながらスタート直前だったので声を掛けることが出来なかったが、
レースで走っている姿を見る事が出来た。
写真にもおさめたのでなんとか彼に写真を渡したいと考えています。
とても素晴らしい走りをしていました。  ん~会いたかった。

e0167780_23145233.jpg
e0167780_23145827.jpg
e0167780_23150495.jpg
e0167780_23151212.jpg
e0167780_23151859.jpg


シクロクロスとにかくタフな体力が必要だと感じました。
短い時間に自分の体力の限界まで追い込めることが出来るシクロクロスとても魅力的だった。
ん~バイクが欲しい・・・・そして走りたい

危険度はロードレースよりも安全だと感じた。
路面はやわらかい土の上を走ったり、砂浜だったり、時には泥だったり、
でこぼこの道だったり
スピードもロードレース程出ない。
ロードレースの方がよっぽど危険かもしれない。

魅力満載のシクロクロスレースでした。

e0167780_23152334.jpg
e0167780_23152765.jpg
e0167780_23153332.jpg


土曜はとりあえず都内にホテルを予約していたので電車で戻り新橋でホルモンを食べた。
新橋駅に着いたとき雨が降ってきた。。。「ヤバい 雨男本領発揮」
明日の日曜はどうなることやら・・・・

e0167780_23161172.jpg


日曜日はLEGONメンバーが90分のエンデューロに参戦するため応援に駆け付けた。
レース前にはメーカーのブースを見学。

e0167780_23183249.jpg
e0167780_23183723.jpg


大好きなRaphaのお店やTOYOフレームのロードバイクも実際に見ることが出来た。
TOYOフレームのロードバイク、クロモリとカーボンのハイブリットバイク。。
今一番欲しいバイクです。。。でも予算が・・・現在フレームも買えん状態。。

e0167780_23162075.jpg
e0167780_23162552.jpg
e0167780_23163254.jpg
e0167780_23164020.jpg
e0167780_23172902.jpg
e0167780_23173755.jpg
e0167780_23181226.jpg


走るメンバーは、幕張さん、 B-papaさん、mayu529さん  ※お二人はお初です。
スタートはB-papaさん、二番走者は幕張さん、そしてmayu529さん
目標の一人3周はクリアーでした!
いや~皆さん素晴らしい走りでした。  感動!!
自転車を担いで砂浜を走り、森林区間を慎重に走り、また砂浜を走る。。。
本当に皆さんタフでした。

e0167780_23164995.jpg
e0167780_23165761.jpg
e0167780_23170648.jpg
e0167780_23172183.jpg
e0167780_23181923.jpg
e0167780_23182609.jpg

なんとか天気ももって雨男にとっても一安心の二日間でした。
e0167780_23184576.jpg


by koji_sagara | 2015-02-09 18:50 | イベント・レース | Comments(2)

ツール・ド・いわき

先週日曜日、第一回ツール・ド・いわきが開催された。

第一回目の記念すべき大会だったので参加をしてきました。
走ったコースはファミリーコースの30㎞。
見学付ののんびりコースを嫁とミニベロで。。。と思ったのだが・・・
このコースがまたいったいどこ走ってんだか・・・・・全然わからん!
スタッフの方が先導してコースを案内しなかったら完全に迷子になる。。

e0167780_23091518.jpg
e0167780_23092545.jpg
昨日までの雨も上がり季節外れの暑さでのイベント当日。
現地に6時30分頃到着し受付を済ませて会場を見学していた。
スタート前にご当地アイドル「アイくるガールズ」が朝っぱらからステージで
「レッツゴー常磐線」を熱唱!
e0167780_23093756.jpg
e0167780_23094802.jpg
ブースもなかったのは少し残念です。
120㎞コースの参加者からスタートを始めたが、走る間隔がありすぎて「我ら30㎞はいったい何時」
ってくらい待たされた・・・と思っていたら突然30㎞組がスタートさせられた。
e0167780_23101304.jpg
コースは小名浜市街地を走りいきなりの峠を登る。
一緒に参加した嫁もいきなりの峠にビビりギアチェンジも忘れ重いギアで死ぬ思いで峠を登る。
最初の休憩ポイントの「くらしの伝承郷」で死んでました(笑)
だらだらと休憩してようやくスタートしたが、休憩時間を取り過ぎだった感がありました。
e0167780_23103454.jpg
e0167780_23104546.jpg
e0167780_23105695.jpg
きつい峠は終わり最初のエイドステーションに到着したがこの時点ですでに20㎞、
ここから小名浜まで戻れば40㎞近くになる。。
e0167780_23123403.jpg
e0167780_23124818.jpg
本当にこのコースで良かったのか疑問。。。
ここからはよく知っている道なので先に出発することにした。
塩屋崎灯台を経由し小名浜に戻り無事ゴールした。
ゴールは閑散として肩すかし。
ステージではゴールする選手とは関係なしにフラガール(高校生)が踊っていました。
(マジックショーもやったとか・・・w  ローカルイベント全開!)
結局走った距離は38㎞でした。
e0167780_23125981.jpg
e0167780_23130804.jpg


感想として9月に走った「ツール・ド・東北」のイメージが頭の中にあった。
ただそこまでは期待していなかったが、運営があまり良くなかったかな。
スタッフ不足、コースの分岐点には警備員が所々いましたが、それ以外のところは道路に白線で矢印があるだけ。  
(コースを外れた参加者もいたみたいです)

30㎞という短いコースなので逆にコース選定が難しいのは確かである。
駐車場には県外ナンバーの参加者もいたが、来年も参加したいと感じたろうか。。。
いわきという素晴らしい環境でのイベント開催だったので、運営側がもう少し頑張ってほしかった。
目的が復興イベントなのか今はやりのツール・ド・○○○に乗っかっただけなのか。


by koji_sagara | 2014-11-08 10:34 | イベント・レース | Comments(4)