「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ヒルクライム( 18 )

筑波山ライド

5月22日(土)のライド報告

先週末はお初の筑波山ライドに参加した。
e0167780_18381354.jpg
もともと、茨城メンバーのいけじさんに「筑波山登りたい」とお願いしていて、イベントを立てていただきました。(感謝、感謝です!)
e0167780_17322508.jpg
e0167780_17325345.jpg
快晴の茨城、筑波山!
私といけじさんがいれば、快晴間違いなし!!
当日は初夏を思わせるようないい天気でした。

朝は自宅を5時出発
R118~R349を走り、那珂ICからちょびっと高速を使い8時ちょっと前に目的地到着~
一番乗りかと思ってたら既に3名準備万端!
私が一番遅かった~~(コージーさんは7時に到着して寝てたらしい(笑))

早めに出発し、霞ヶ浦を少し眺めることができた。
実はここ霞ヶ浦を見たかった理由があり、どうしても参加したかった。
訳はなかなか言えないがとても感慨深かった。。。。

しっかしおっきい湖です。
向こう岸が全然見えない、一周120㎞以上あるらしい。

しけた☆さんは昔はバス釣りで霞ヶ浦に通ってたらしい
e0167780_17342353.jpg
e0167780_18343300.jpg
りんりんロードを始めて走る
筑波鉄道が1987年で廃線となり、それを利用してできたサイクリングロードのりんりんロードなそうです。
所々に駅の面影があり走っていて楽しいが、油断してるとポールにぶつかりそうになる・・・・w
e0167780_18344226.jpg
e0167780_18470858.jpg
途中、Bianjinさんと、剛さんと合流し6人で筑波山を目指した。

初不動峠
距離は4~5㎞ぐらいか、地元にある練習コースの峠に勾配も距離も似ていた。
メリダのエース(剛さん)がいきなりのダッシュ!

少し遅れて私としけた☆さんが後を追う
後ろからラファってる、いかにもクライマーの兄ちゃんが良いペースが登ってきたので後ろに付いて登った。
e0167780_18371163.jpg
e0167780_18373882.jpg
e0167780_18374829.jpg
10%の看板でちぎられた・・・・燃え尽きた・・

ゴール後、後ろから女性ローディーが登ってきた。
こんなことなら、女性ローディーのおケツにロックオンして登ってくればと。。。後悔
e0167780_18384292.jpg
e0167780_18385772.jpg
剛さんは朝ラーが効いたのか「吐きそう・・・」とゴール直後辛そうだったが、日ごろの坂練の成果十分出ていました。

そろそろ坂でも追い抜かれるな。。。
e0167780_18390970.jpg
e0167780_18392028.jpg
e0167780_18393043.jpg
e0167780_18395809.jpg
e0167780_18413502.jpg
筑波山をおりて、昼食のお蕎麦屋さんに到着
さすがいけじさん、11時の開店ピッタリ!!
窓越しからの景色がまた素晴らしい!!

遠くの山ではパラグライダーが優雅にたくさん飛んでいた。
本当に良い風景だ
素晴らしい景色と美味しいお蕎麦、仲間との楽しい会話
良い時間だ。。。
e0167780_18402994.jpg
e0167780_18404398.jpg
昼食後は、またまた峠
風返し峠を登るのだが、すでに午前中の不動峠で燃え尽きていた私・・・
e0167780_18405998.jpg
e0167780_18425133.jpg
e0167780_18423531.jpg
e0167780_18430368.jpg
e0167780_18431468.jpg
持病の腰も痛みだしたのでマイペースで登る
途中関東平野が望める場所があったりと、きつかったが楽しい峠だった。
頂上のつつじヶ丘公園で美味しいソフトクリームを食べ下山。
途中、筑波神社も案内して頂いた。
ガマの油売りまで見学でけた(笑)
e0167780_18441588.jpg
e0167780_18452393.jpg
下山後はBianjinさん、剛さんと別れて、りんりんロードを走り集合場所へ戻った。
帰りの向かい風は、売り切れした脚に堪えたが無事到着~~
e0167780_18460957.jpg
e0167780_18463515.jpg
帰りは銭湯で汗を流して3人と別れた。

筑波ライドを企画して頂いたいけじさん、ありがとうございました。
良いコース、良い峠、美味しいお蕎麦、補給のかりんとう饅頭も美味かった!!
素敵な風景を見る事ができリフレッシュできた。(最近仕事で疲れていたがリフレッシュ!)

茨城県、まだまだ良い峠があるようなのでまた遊びに行きたい。

参加されたしけた☆さん、Bianjinさん、エースの剛さん、コージーさん
お疲れ様でした。
by koji_sagara | 2016-05-28 17:31 | ヒルクライム | Comments(4)

御霊ビツ峠と花火大会

先週末のライド記録
8月22日(土)天気:小雨
ロータスさんのヒルクライム企画に参加してきました。
午後から用事があったので御霊ビツ峠までご一緒しました。
昨夜からの雨が残り道路もウェット状態
郡山に入ったころから雨も少し強くなってきたが何とか走れました。
御霊ビツ峠は久しぶりに登った。
e0167780_22374910.jpg
e0167780_22375894.jpg
とりあえずタイムアタック!
ストップウォッチをセットしてスタート
ボギーさんと一緒に御霊ビツを登った。
頂上に近づくにつれて霧が濃くなり始めた。
脚はそれなりに廻っていたのでボギーさんを振り切って頂上到着
タイムは47分と散々だった(笑)
e0167780_22380667.jpg
e0167780_22381387.jpg
e0167780_22381943.jpg
e0167780_22382549.jpg
e0167780_22383410.jpg
以前は40分切りを目標にしていたが、これからは45分目標に登ろう・・・・w(加齢に負けている・・・)
登っている最中、道路の所々に栗の実が落ちていました。
そろそろ秋の気配が感じる季節です。
メンバーが登りきる前に峠を下り帰宅しました。
e0167780_22384195.jpg
帰宅途中久しぶりにパンクをした。
タイヤに亀裂が入りパックリと穴が開いていた(もう使えないな)
何とか修理をして帰宅した。
e0167780_22390448.jpg
夜に隣町の須賀川で花火大会があるので夕方自転車でチャリ仲間が待つ花火会場へ向かった。
雨が心配されたが雨も降らず綺麗な花火が見る事が出来ました。
ツーリングと花火大会毎年恒例にしたいですね。
この花火大会が終わると毎年「夏もおわりかな」 そう感じます。

by koji_sagara | 2015-08-30 22:39 | ヒルクライム | Comments(0)

前日光ライド

日曜日、LEGONフレンド企画の「前日光ライド」に参加してきました。

しかし、ここ2~3年峠が登れなくなってきた。
まあ、そこそこのペースならば登れるのだが、呼吸が苦しくなる。
以前はそれほど心拍も上がらず苦しくならずに登れた。
加齢のせい・・・・?
練習不足・・・?
50歳を過ぎてからめっきりその症状が出てきた。
この年齢でまだまだバリバリ走っている方々はたくさんいる
衰えはまだ早い

今日のコースはルートラボで確認していたが、初めて走るコース
合力リレーのようにスタートしてガンガン牽くことは控えました。
一応私も学習能力はありますからぁ~(笑)
今思うとそれが正解だった
e0167780_23032212.jpg
e0167780_23033278.jpg
e0167780_23035220.jpg
集合場所の「つつじの湯」に向かったが、どんどん山の奥に入っていく。。道も狭くなり
傾斜もきつくなってきた。
周りの山も迫力のある山ばかり。。。「どえらいところに来てしまった」
e0167780_23040129.jpg
e0167780_21380877.jpg
e0167780_21381622.jpg
スタートして一旦15㎞程下り、そのあとはしばらく平地が続く。
30㎞付近あたりからか、峠が始まります。
川沿いを走ってとても気持ちが良い。。。が、暑過ぎ
とにかく暑い一日。
メンバーのサポートカーが無かったら熱中症になってたかも。。
真夏の山岳ライドは危険だとあらためて感じました。
e0167780_21382776.jpg
e0167780_21384062.jpg
e0167780_21384685.jpg
e0167780_21390396.jpg
30㎞付近から徐々に勾配がきつくなる。
50㎞付近まで坂が続くのを知っていたのでペース配分を考えながら淡々と登った。
登っても。。登ってもとにかく長い峠
これほど長い峠を登ったのは福島駅から浄土平まで走った時以来かもしれない。
私は腰に爆弾を抱えているので長い峠はペース配分が必要
e0167780_21391494.jpg
e0167780_21400254.jpg
e0167780_21401443.jpg
e0167780_21402585.jpg
この日も40㎞付近頃から腰に痛みがはしり、思うように登ることが出来ない。
メンバー淡々と登って行く

途中何度か休憩をして冷たい水を頭からかぶる
私も途中熱中症気味の症状になりリタイアも考えたが、冷たい水があったのが本当に助かった。
サポートカーを出して頂いたメンバーには本当に感謝です。
e0167780_21403531.jpg
e0167780_21404913.jpg
e0167780_21410480.jpg
e0167780_21411508.jpg
途中メンバーが体調を崩し心配したがメンバー全員頂上の前日光ハイランドロッジに到着した
素晴らしい風景、牛さんもこんにちは!
登ってきて良かったぁ~  「死にそうだったけど・・・・w」
e0167780_21412711.jpg
e0167780_21413837.jpg
e0167780_21414723.jpg
e0167780_21415967.jpg
さすがに疲れすぎで食欲不振
なんとかざるそばを食べた。
でも、ソフトクリームはしっかりと食べました・・・・w
e0167780_21421070.jpg
e0167780_21421951.jpg
e0167780_21422994.jpg
e0167780_21423652.jpg
帰りの下りがこれまた凄い下りが続く。。。延々続く
逆方向のルートは尋常じゃない登り
でも登っている変態ライダーがいました・・・・w
e0167780_21430940.jpg
e0167780_21431996.jpg
e0167780_21433308.jpg
真夏じゃなかったらチャレンジしても良いかな・・・
今日は峠が大嫌いなメンバーも参加し走ったが、無事完走!
今日一番感動しました
このコースを制覇したのだからヒルクライマーの仲間入り
峠を嫌わず時々一緒に走りましょう~
e0167780_21434276.jpg
e0167780_21435292.jpg
e0167780_21440196.jpg
e0167780_21441580.jpg
e0167780_21442216.jpg
参加したメンバーの皆さんお疲れ様でした。
本当に楽しい一日をありがとうございました。
e0167780_21425118.jpg
e0167780_21430073.jpg
今週末はまたあらたな変態コースを走ってきます!

by koji_sagara | 2015-07-27 21:02 | ヒルクライム | Comments(0)

羽鳥湖ライドと安達太良山登山

ようやく週末の出来事を書くことが出来ました。

先週の日曜日は会社の方3名と安達太良山を登ることが出来た。
私のほかに自転車乗りがもう一人、お互いサイクルジャージで登る(笑)
本当は紅葉シーズンに登る予定だったが都合が合わず紅葉シーズン終盤になってしまった。
でも、天候は雲一つない秋晴れ。

朝4時過ぎに起床した時は外は寒かったので防寒対策をしっかりして集合場所へ向かった。
登山を開始した7時30分過ぎには気温も高くなり
ウィンドブレーカーを一枚脱いで登山を開始した。

e0167780_22193601.jpg
e0167780_22194276.jpg
e0167780_22194858.jpg


コースは登山経験者の方にお願いし私はカメラマンに徹する(笑)
昨年の磐梯山は雨と霧の中の登山だったが、この日は快晴で登っていてとても気持ちが良い!!
前日は羽鳥湖を90㎞程自転車で走ってきたが脚に疲れはなかったので軽快に登れた。
前日は一応登山用に脚を少し残しながらのライドをした訳です(笑)
羽鳥湖では「羽鳥湖ウォーク」が開催されていて道の駅は賑やかでした。
羽鳥湖の紅葉はこれからかな。。

e0167780_22185589.jpg
e0167780_22190523.jpg
e0167780_22191606.jpg
e0167780_22192200.jpg
e0167780_22192989.jpg


那須火山帯に属する安達太良連峰は、磐梯朝日国立公園内の南端に位置し、
南から北へ和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山・箕輪山、
鬼面山と約9kmにわたり連なっています。
いつも麓から見る山は全てが安達太良山でない事を調べてわかった。
安達太良山はその一部なんですね。

e0167780_22195593.jpg
e0167780_22200292.jpg
e0167780_22201006.jpg
e0167780_22201608.jpg
e0167780_22202353.jpg
e0167780_22202970.jpg
e0167780_22203512.jpg
e0167780_22204125.jpg
e0167780_22205036.jpg
e0167780_22281863.jpg
e0167780_22282560.jpg


スキー場わきの登山道を登り、川を渡り紅葉を見ながら頂上を目指した。
勢至平分岐点から。。。ん~どう進んだかわからんが・・・・w
休憩を取りながら峰の辻から一直線に頂上を目指す。

e0167780_22283096.jpg
e0167780_22284256.jpg
e0167780_22285427.jpg
e0167780_22290329.jpg
e0167780_22291085.jpg
e0167780_22291872.jpg
e0167780_22292732.jpg
e0167780_22293681.jpg
e0167780_22294603.jpg
e0167780_22295799.jpg


天気も良かったので頂上には登山客がわんさか。
先輩にコーヒーを頂いて頂上で飲んだ。。。
コーヒーも美味い!!  景色も最高!!  いう事なし!!

e0167780_22300875.jpg
e0167780_22301974.jpg
e0167780_22302792.jpg
e0167780_22303785.jpg
e0167780_22305050.jpg
e0167780_22310076.jpg
e0167780_22314874.jpg
e0167780_22320238.jpg
e0167780_22320918.jpg


帰りは馬の背からくろがね小屋を経由して下山した。
帰りは有名なソースかつ丼で有名なお店に寄ったが、温泉の後に行ったため閉店ガラガラ・・・・w
本宮駅付近のさもない食堂で遅い昼食をして帰りました。

e0167780_22321888.jpg
e0167780_22322723.jpg
e0167780_22323801.jpg
e0167780_22325623.jpg
e0167780_22330559.jpg
e0167780_22331637.jpg
e0167780_22333397.jpg
e0167780_22334206.jpg
e0167780_22335124.jpg
e0167780_22335910.jpg
e0167780_22340994.jpg


人生二回目の登山、安達太良山の頂上から見る景色が本当に素晴らしく綺麗だった。
四季を通していろいろな姿を見せる山。
紅葉シーズンにもう一回、新緑のシーズンにもまた登ってみたいと思った。

e0167780_22341929.jpg
e0167780_22343265.jpg
e0167780_22344008.jpg
e0167780_22344810.jpg
e0167780_22345537.jpg
e0167780_22350677.jpg
e0167780_22351594.jpg


先輩、誘って頂きありがとうございました。


by koji_sagara | 2014-10-23 22:44 | ヒルクライム | Comments(0)

秋晴れ蔵王HC&お釜観光とお祭り

先週末は、秋晴れで気持ちいの良い週末だった。
自転車仲間と蔵王エコーラインを走ってきた。
朝から快晴!! 

e0167780_09435689.jpg
e0167780_09440602.jpg

 
蔵王にあるCyclist Cafe 「あるかんしえる」に集合した。
ここのCafeは自走できても自転車をそのままお店の中に入れることが出来る。
車載で来ても駐車場に車を止めてここを起点にライドができ、食事、トレーニング(ローラー台)ルームや
シャワーもついている。
この日もここに車を止めてスタートした。
今日の参加者、ボギーさん、Ajjieさん、コージーさんは前日走りすぎて膝の具合が悪いためサポートに回った。

e0167780_09442368.jpg
e0167780_09443290.jpg
e0167780_09444533.jpg
e0167780_09445877.jpg


鳥居を過ぎると徐々に傾斜がきつくなる。
Ajjieさんは終始フロントギアーをアウターで登る。。。驚きだ。

e0167780_09451015.jpg
e0167780_09451894.jpg
e0167780_09454977.jpg
e0167780_09460707.jpg
e0167780_09461808.jpg
e0167780_09462954.jpg


途中休憩を取りながらのんびりと写真も撮りながらのヒルクライムでした。
途中売店で若い店員さんに玉こんにゃくのプレゼントがあった。
彼もローディーで売店の自転車ラックも彼が作成した。

e0167780_09464543.jpg
e0167780_09470976.jpg
e0167780_09471952.jpg
e0167780_09472987.jpg
e0167780_09474141.jpg
e0167780_09475713.jpg
e0167780_09481261.jpg
e0167780_09482420.jpg


登ってきた私たちに玉こんにゃくの差し入れをしてくれた(感謝です!)
ここまで登ると紅葉も進んでいて渓谷がとてもきれいでした。
ここからゴールまで約4km、紅葉を見ながら坂を登る。
山形との県境まで無事到着。

e0167780_09483696.jpg
e0167780_09485243.jpg
e0167780_09490919.jpg
e0167780_09492223.jpg


駐車場に自転車を止めてロープウェイを使ってお釜を見学することにした。
レーパン、ロードシューズでのお釜見学、岩場を注意しながらお釜に到着。
頂上は風もそれほど強くなく天候に恵まれ、お釜をはっきり見ることが出来た。
カメラの望遠で覗くとお釜の周りをトレッキングしている方もいた。

e0167780_09493205.jpg
e0167780_09494364.jpg
e0167780_09495467.jpg
e0167780_09500428.jpg

e0167780_09501988.jpg
            ※お釜の前でオカマのポーズ!!(笑)
e0167780_09504939.jpg
e0167780_09505709.jpg


帰りは長い下りを走ったが、やっぱり下りは苦手だ。
もっと楽に下ることは出来ないものか・・・・

e0167780_09515602.jpg
e0167780_09522813.jpg
e0167780_09524909.jpg

e0167780_09525878.jpg

e0167780_09523789.jpg

Cyclist Cafe 「あるかんしえる」で昼食をとりメンバーと別れた。
天気が良く楽しい一日を過ごせました。
参加されたメンバーお疲れ様でした。
e0167780_09530982.jpg

e0167780_09531874.jpg

e0167780_09532788.jpg

e0167780_09533563.jpg

e0167780_09534455.jpg

昨日は近場を朝練、そのままレーパンで出勤し仕事を済ませた後、嫁とBD-1で地元の秋祭りの見学。
例年と比べるとお祭りの規模が小さく、お客も減っている感じがした。
台風が来ているので今日は午後から雨が降るので少しのんびりとした日曜を過ごせそうです。
e0167780_09540452.jpg

来週末は嫁と埼玉の川越ポタリング。
一泊で行くのだが、翌日はどこ走ろうか・・・・・
土地勘がないのでどこか良いポタリングコースないかなぁ~

by koji_sagara | 2014-10-05 10:09 | ヒルクライム | Comments(0)

3年ぶりの裏磐梯スカイバレーヒルクライム

3年ぶりに裏磐梯スカイバレーヒルクライムに参戦した。
  ※実は昨年参加予定で現地にいたが雨でDNS
昨夜から雨が降り続き、今朝4時起床時もけっこうな勢いで降っていた。
完全にテンションがMAX低下。。。。
起床してテレビをつけたら錦織選手の準決勝が丁度始まった。
二度ほど外へ出て空模様を・・・・止む気配全くなし(ジーコ雨男パワー炸裂!!)
諦めてこのままテニスの試合を見ようかと40分ほど試合を観戦。

e0167780_21052269.jpg


昨年も雨でDNS。。。今年もじゃ後悔しそうなのでとりあえず現地へ出発。
桧原湖周辺の雨は小降りになり止みそうだった。。(来てよかった!)
LEGONメンバーともスタート前に会えた。

e0167780_21054526.jpg


実はコース途中が長雨の影響で土砂崩れがあり開催も危ぶまれていた。
片側通行まで復旧し開催できた(関係者の皆様ご苦労様でした)

このコースは何度も走っているので、仕掛どころは知っている。
平地区間はAve30km~35kmで。
峠区間はペースが合う選手を探し後ろについてラスト3km付近まで走った。
。。。しかしペースは上がらず、仕掛どころでもスタミナ切れ。。。
ラストのスプリント区間をもがいてゴール。

e0167780_21055287.jpg
e0167780_21060429.jpg


タイムは3年前のタイムよりも1分30秒の遅れ。
これ以上タイムを悪くしたくないので来年は2分短縮を目指したいです。

e0167780_21062527.jpg
e0167780_21063026.jpg
e0167780_21061657.jpg
e0167780_21064012.jpg
e0167780_21064656.jpg
e0167780_21065870.jpg
e0167780_21070599.jpg


下山の頃には秋晴れで気持ち良く下ることが出来ました。
いよいよ来週末はツールド東北です。
秋のイベントが目白押しで楽しい季節になりそうです。


by koji_sagara | 2014-09-07 21:31 | ヒルクライム | Comments(2)

自転車仲間を思いながらのヒルクライム

数日前の真夏のような気候から一転、今日は冬型の空模様。
昨夜から強風が吹き荒れ今日の蔵王エコーラインヒルクライムも強風の中での走りとなった。
e0167780_23501990.jpg

朝の福島は比較的穏やかな朝、でも気温は一気に下がり肌寒い。
車で集合場所へ向かう途中、山を見ると雲がかかって雨も降り始めた。。。。嫌~~~な予感。
おいおい、また雨男の本領発揮・・・

目的地に早めに到着し仕度をした。
山の上は相変わらず雲がかかっていたが、雨は降っていない。
とりあえず行けるところまで行こうということになり、出発した。
e0167780_23503538.jpg

e0167780_23504632.jpg

e0167780_2351342.jpg

こうして仲間とヒルクライムをするの夏以来、久しぶりだ。
ここ数週間、いろんな出来事があり走る気持ちも起きないまま過ごしていた。
自分の会社の後輩で、自転車仲間だった、そして弟のような存在だったあいつを失った。
まだ41歳という若さでこの世を去った。
e0167780_23514180.jpg

e0167780_23521891.jpg

あいつとは自転車のSNSサイトで開催された東日本大震災のチャリティーイベント(合力リレー)、九州から青森までタスキを仲間同士が繋ぎ東北への思いを伝える。
八戸から青森までの距離100kmを新青森駅のゴールを目指して走った。
私が無理に誘い、車を運転させ八戸に向かった。
彼はそれまで100㎞という距離を走ったことがない。不安だったろう。
その日は季節外れの暑さで体力を消耗した。
途中彼は脚を攣りながらも100㎞という今まで走ったことのない距離を見事完走しゴールした。
2人でゴールをたたえあった。
彼は峠が大嫌いだった。
私は何度も峠に誘ったな。可哀想なことをしたがあいつの苦しんでいる姿を見ると笑えた。
もっともっと誘いたかった。
e0167780_2352553.jpg

e0167780_23531928.jpg

e0167780_23533638.jpg

私は人と付き合うのが下手で、物凄い人見知り。
付き合っても相手の事を考えすぎてしまう、もっと自分の気持ちを素直に出せばといつも後悔する。
そう思っている間に相手は去っていく。
成長でもするのならいいのだが、まったく経験が糧になっていない。
成長しないまま50歳を超えた(笑)
それでも、出会って、「仲間だ」「大切な人だ」と思えるようになって、別れるのだがらそれなりに思うことはある。
出会いで人生が広がって、別れることで人生が深くなるのでしょうか・・・
e0167780_2354417.jpg

e0167780_23552596.jpg

e0167780_23554228.jpg

e0167780_235601.jpg

蔵王エコーラインは約17㎞の蔵王ハイラインの手前の駐車場がゴール。
久しぶりのヒルクライムなので楽しんだ。
仲間の事もいろいろと考えながら、途中クロスバイクで登っていた外人さんと話をしながら登った。
風が強く雲が流れる。
晴れると絶景が広がる。
e0167780_2358313.jpg

e0167780_23585118.jpg

e0167780_2359565.jpg

e0167780_2359201.jpg

e0167780_23593649.jpg

リアのギアを一枚残して何とかゴールまで登りきることが出来た。
頂上は風速10mを超す強風が吹いていた、気温も低い。
仲間は自転車を押しながら到着した。
帰りは風が強いのでしばらく自転車を押して下山した。
自転車を押しながら下山したのは初めての経験、なかなか楽しかったです(笑)
e0167780_23595158.jpg

e0167780_001558.jpg

e0167780_002779.jpg

e0167780_004949.jpg

e0167780_01470.jpg

e0167780_011978.jpg

e0167780_013851.jpg

e0167780_015080.jpg

帰りは遠刈田温泉でさっぱりして帰りました。
タフなコースでしたが、何か自分の中でもやもやしていたものが晴れて気持ちが楽になった。
夏にまたここを走りたい。
e0167780_023340.jpg

e0167780_024533.jpg

by koji_sagara | 2013-10-13 19:40 | ヒルクライム | Comments(4)

鳳坂峠ヒルクラ羽鳥湖一周ライド

実は先日ジテツウ途中落車をしました。
通勤で使っている道路が通行止めで迂回したところで落車。
左折時に左のペダルがアスファルトにぶつかり右に大きく飛ばされた。
初めて通り道は注意が必要でした・・・・涙

おかげで右肘・右腰の打撲、むち打ち。。。

今週末は喜多方までひまわりを見にロングライドを考えていたが、体調を考えて近場で我慢した。

震災前に行ったっきりだった、羽鳥湖を走ることにした。

自宅を5時30分過ぎに出発(朝ボ~~ッとしていて30分の遅れ)
羽鳥湖方面の空は真っ黒。。。どうしようか迷ったがそのまま鳳坂峠を登る。
朝方の雨は止んでいたが路面は濡れた状態だった。
e0167780_16363157.jpg

鳳坂峠は距離は5.5㎞ぐらいだろうか、平均斜度は7%と結構きつい、最大斜度が12%がある、練習にはもってこいの峠です。
思っていたよりも脚は動いた、12%もなんとか垂れることもなくクリアー。
タイムは25分30秒。。。。どうなのって感じですが(笑)
e0167780_1637055.jpg

e0167780_16371276.jpg

登りきったところで雨がポツポツと・・・・・・(ジトジトジーコ健在!!)
戻るか、そのまま羽鳥湖を一周し白河へ抜けるか考えたが、この時点で自転車も相当汚れたのでそのまま羽鳥湖を一周することにした。
e0167780_16372561.jpg

e0167780_16373752.jpg

小雨が降る中だったが涼しく走れた。
羽鳥湖の水は少なかった。
e0167780_1638775.jpg

走っていると栗も所々に落ちていてそろそろ山は秋なのかな。
e0167780_16381916.jpg

e0167780_16383390.jpg

e0167780_16384332.jpg

白河まで降りると一気に気温が上がった、自宅までAve30㎞を目標に走ったが、手前残り5キロ付近でガス欠。。。。

裏磐梯スカイバレーヒルクライムまであと2週間、私の場合は練習よりも体調を整えんとね(笑)
by koji_sagara | 2013-08-24 16:30 | ヒルクライム | Comments(4)

裏磐梯スカイバレーヒルクライム試走会

登山の次の日は試走会。

前日の疲れもあまりなく。。。多分。
次の日は9月に開催されるレースの試走会を実施した。

天気は晴れ!!   いいんじゃない!!
e0167780_9453687.jpg

今日はボギーさんが新人を連れてくる。
ステイメンくんも会社の後輩を連れてくる。
e0167780_9454585.jpg

新メンバー含め7名での試走会となった。
新人のそうせいくんは高校二年生。
童顔で(私と一緒…爆)中学生かと一瞬思ったくらい。
いや~若い!!
驚くのは早い、彼の走りは半端じゃなかった!
e0167780_946164.jpg

e0167780_9461596.jpg

e0167780_9544982.jpg

e0167780_955021.jpg

e0167780_9551923.jpg

e0167780_9554578.jpg

会社の後輩も今日は初参加、まだロードを購入して間もない彼も鍛えればかなり速くなりそうなポテンシャルは持ってますね。
あんまり鍛えるのよそうか・・・・w

私は腰の具合、脚の状態を気にしながら後ろの方からいつものフォトクライマーとして走り出した。
e0167780_9561156.jpg

今日はAjjieさんがいるので当然Ajjieトレインに乗ってみんな走り出す。
峠はコージーさんとべらべらとしゃべりながら登った。
脚の状態は良かったが、腰が若干重い感じがあったので前半控えめに。
e0167780_9562735.jpg

e0167780_9564484.jpg

後輩のSくんも気が付くと後ろを走っていた。
初めてのヒルクライムにしては十分走ってる。(素晴らしいぞ!!)

残り2~3kmになり一枚ギアを残していたが、それを使い一気にゴールまで加速した。
病み上がりの状態としてはまあまあでしたね。

後は本番まで無理せず練習に励みます。
e0167780_957345.jpg

e0167780_1012439.jpg

e0167780_958577.jpg

e0167780_958257.jpg

頂上で一名を除き全員ゴールしたので下り始めた。
途中でステイメンくんを回収してみんなでランチを食べに山塩ラーメンに行ったが満杯で道の駅で食べることにした。
e0167780_9595443.jpg

e0167780_9584341.jpg

e0167780_959171.jpg

そうそう、見晴らしのいい場所で休んでいると荷物を積んだローディーが峠を登っていた。
どっから来て、どこへ行くとの聞いたら
神奈川県から北海道を目指しているそうです。。。。なんで峠を。。。
国道4号を行けば楽に行けるのをあえて峠を選んで北海道を目指す彼。。なんかわかる気持ちがする。
「頑張れ!!  若者!!」
やっぱ男は北を目指すのです!!
e0167780_1021539.jpg

e0167780_1022888.jpg

e0167780_1033946.jpg

檜原湖を一周したが、最後の坂でそうせいくんとバトル!!
ぴったり後ろに着かれプレッシャーを受けながらゴール!!
このやろう、今に見てろ!!
復活したらそうせいくん、勝負だ!!
e0167780_1024676.jpg

e0167780_103224.jpg

ほんと、可愛い新人さん。(好きよ~~)

新しいメンバーも加わり楽しい試走会でした。
次回もまた皆さん参加してくださいね。
by koji_sagara | 2013-08-07 10:12 | ヒルクライム | Comments(2)

40代最後のヒルクライム

聞きしに勝る激坂喜多方ヒルクライムなんとか無事にゴール出来ました。
なんとか・・・・
e0167780_23132128.jpg

この大会はヒルクライムチャレンジシリーズの喜多方大会です。
チャレンジシリーズ・・・詳しくは知りません。
ロード―レーサーの部は男子エントリーが400名程度でしょうか。(全カテゴリー)
比較的参加者の少ない大会、その分強者が多そうです・・・見るからに。
LEGONからは私とターマッ君(ピナ次郎 改め)さんがエントリー。
現地で会うことが出来た。
e0167780_23215390.jpg

会津のgotenさんも早朝から応援に駆け付けてくれた。
スタート地点は会場から約3㎞程下った先からのスタートでそこまでが結構の坂。
真っ直ぐな激坂、恋人坂と言うみたいです。
反対からは会津盆地がとても良く見える真っ直ぐな下り坂。
とってもロマンチックな名前ですが。。。。とんでもない(笑)
e0167780_23223433.jpg

スタートして3㎞登り会場を横目に・・・・・ここでDNFしようかと思ったくらい・・・・w
残り7㎞・・・・コースも狭く路面状態もあまり良くないコースを登って行きます。
距離10㎞、平均斜度9.2%、標高差935mの始まり始まり・・・
途中、斜度が15%、13%と激坂が続きます。
固定ローラーも持ってきてなかったのでアップもそこそこでスタートした為前半は脚が廻らず、ターさんからどんどん遅れを取り、会場付近では姿も見えず。
中盤は脚が廻ったが腰の方がやはり痛みだし、ダンシングを交えながら激坂を登る。。いつまで続く激坂。
残り3㎞付近で同じペースの選手と会話をしながら登ります、東京から参加した方でラジオ番組で鶴見辰吾さんがゲストで出演したときロードバイクを勧められたそうです。
話しが盛り上がり二人で「ゼイゼイ」言いながら会話してました・・・・w
残り1㎞で振り切りそのままゴール。
e0167780_23242118.jpg

何度か心が折れそうになったがなんとかゴールする事が出来た。
走っている間、選手同士で「ガンバ!!」、地元の人たちが「ガンバッテ~」たくさんの応援がありその声にも後押しされたのかもしれません。
きついコースだっただけに登り切った時は精も根も尽き果てた感じでしたが、雄国沼の景色を見た瞬間疲れも吹き飛んだ感じです。
速い選手、遅い選手関係なくこの達成感とこの風景は全員に与えられるもの。
中学生がママチャリで挑戦したようで残り2㎞付近で時間切れ、脚きりにあったみたいですがよく頑張った!!
サッカー部お疲れ様。
e0167780_23252751.jpg

目標の1時間を切る事が出来ずに終わったレース。
登っている間は「もうこのコースは二度と走りたくない」と思いながら登っていたがレースが終わり今思う事は、今度はタイムを一時間切りたいと思う自分がいる。
個人的にでもいいがもう一度チャレンジして1時間目標に登ろうか。
これもヒルクライムの魅力の一つなんでしょうね。

40代最後のヒルクライムも終わった、来年はカテゴリーが変わるがまた続けるんだろうなぁ~~
e0167780_2329974.jpg

サッカー日本代表も勝ったし、Raphaから届いたし♪ 良い日だったね。
by koji_sagara | 2012-06-03 23:22 | ヒルクライム | Comments(2)