母を抱く

先日母が他界しました。

昨年の10月に倒れて1年一か月の入院生活でした。
e0167780_12195554.jpeg
脳内出血で病院に運ばれ意識不明で四日後だったか目を開けてくれた。

ただ自分で食事を取ることが出来ないのと、話すことが出来なかった。
栄養は点滴でとるだけだった。

一年の入院生活、話すことが大好きな母だった。

話せないのがいちばん辛かったかな

実家には昔からお茶を飲みに来るお客さんが毎日たえなかった。

実家は福島県の田舎で住宅も密集しているわけだはないが、郵便屋さんが配達の途中で寄ったり

近所の方、駐在さんなども来ていた

お茶のみで一日が終わった日もたくさんあった・・・・
e0167780_12200922.jpeg
世話好きで、料理が上手、とくに漬物は美味しかった

母の声が今でも聞こえる

年を越せるかとおもっていたが、容態が急変し病院で息を引き取った

昨日葬儀も終り、人がいなくなると急に実家ががらんとして寂しくなった。
父は母が亡くなる二日前まで二週間ほど入院していた。
父も高齢で実家にほぼ日中は一人で暮らしているので心配だ。
e0167780_12203226.jpg
私も自分の生活があるのでなかなかおやじに会いに行けないが
これからは時間を増やそうと思う

78歳だった母
もう少し長生きをしてもらいたかった
本当は母と一緒に野菜作りをやりたいとおもっていたので残念だ

母ちゃん、お疲れさまでした。

火葬場から母を抱いて実家に戻ってきた
軽くなった母だったがしっかりと抱いた
母を抱いたのは初めてだった
e0167780_12204388.jpeg
ここまで育ててくれた母に感謝します

ありがとう

倒れる一年前の家族旅行

俺のたったひとつの親孝行だったのか

良い人生だったよね・・・

今度会えるのはまだまだ先だけど、楽しみにしています。

母の分まで人生を悔いのないよう生きます。

さようなら、また会いましょう。

Commented by NCPトト at 2017-11-22 22:13 x
お母様に精一杯のありがとうを捧げます。
お母様がいたからjicoさんが生まれそして今があるのです。これからjicoさんのお嬢さんに赤ちゃんが生まれお母様の想いは脈々と続いて行くのでしょうね。
これからも悔いのないようにお母様の分も人生楽しんで下さい。
Commented by koji_sagara at 2017-11-23 08:03
NCPトトさん
自分を産んでくれたこと、ここまで育ててくれたことに感謝
人に対して優しかった
そして心の広い人でした
母からたくさんのことを教えて頂きました

誰もが向かえる出来事ですが、辛く、さびしいです。

でも、また新しい命が生まれ、NCPトトさんが言うように
母の想いが受け継がれていくのだと思います。

残された私たちは精一杯の人生を生きていくことが
亡くなった方々への供養になるのだと思います。

良い人生をお互い生きていきましょう

コメント、ほんとうにありがとうございました。
by koji_sagara | 2017-11-21 11:28 | 人生 | Comments(2)