北海道ライド Part6(浦河町)

今回の北海道ライドの最終目的地、浦河町
e0167780_22081925.jpg
浦河町の牧場で働く甥っ子に会いに行く。
昨年10月に母が倒れた。
倒れる前から一度でもいいから北海道で働いている孫のところへ行きたいと
何度か口にしていた。

母のかわにり行くという気持ちもあったが、私自身も甥っ子が高校を卒業し
どんな牧場で、浦河町がどんなところかこの目で見たかった
苫小牧の宿に到着したのは夜7時過ぎ

宿は苫小牧駅から二駅ほどだったか、駅から1キロほど歩いたところ
自転車を肩に掛けてリュックを背負って宿までの道が長かった・・・
宿の周りには食事する場所も無く、宿の選択ミス・・・を痛感

宿の方に食事が出来るか訪ねたら、たまたま夕食をキャンセルしたお客さんが一人でたので
その夕食をいただくことにした。
e0167780_22065932.jpg
e0167780_22355149.jpg
翌日は苫小牧駅から日高線で鵡川駅まで電車で行き、そこからシャトルバスで途中下車し
浦河町の牧場まで走る。
日高線は鵡川駅までしかはしっておらず、そこから臨時バスが出ている。
e0167780_22070809.jpg
富川駅でバスを降り、そこから浦河町まで走ることにした。
日高から新冠、新日高を走り浦河町までここから約120㎞
新日高でガーミンのサイコンのスタートボタンを押し忘れていた事に気づいた(大失態)
e0167780_22071838.jpg
e0167780_22072799.jpg
e0167780_22073782.jpg
e0167780_22074804.jpg
昨日までの函館~札幌~富良野~美瑛の観光地を走っていた時とは違い
このコースを走っていても観光客はほとんどいない
観光名所といってもこの地域は馬の牧場があるだけなので
馬に興味のない方は訪れないのかもしれない。
e0167780_22081200.jpg
e0167780_22083096.jpg
e0167780_22084186.jpg
e0167780_22100003.jpg
10時30分頃、新冠町に到着した
新冠町は、ハイセイコーやナリタブライアン、マヤノトップガンなど
名馬の産地として皆さんも知っていると思います
「サラブレット銀座」という新冠町らしい観光地があります。
国道235号線から山間部に向かう約8kmの道程には牧場が連なっています。
入り口にある駐車公園からは、サラブレッド銀座が一望できる。

e0167780_22100997.jpg
e0167780_22101723.jpg
e0167780_22102696.jpg
e0167780_22103530.jpg
e0167780_22104888.jpg
e0167780_22110233.jpg
e0167780_22112314.jpg
e0167780_22113113.jpg
「優駿スタリオンステーション」に立ち寄った
オグリキャップ号等身大馬像を見ることができます。
マヤノトップガンが種牡馬を引退し、功労馬として余生を送っていました。
e0167780_22115395.jpg
e0167780_22120730.jpg
e0167780_22122253.jpg
e0167780_22123530.jpg
新日高、静内を過ぎ、海沿いをひたすら走る
午後3時頃、ようやく浦河町に到着した。
ここからまた甥っ子の働く牧場まではまだある
e0167780_22124710.jpg
e0167780_22125728.jpg
e0167780_22131084.jpg
e0167780_22132541.jpg
e0167780_22133654.jpg
e0167780_22135650.jpg
e0167780_22140780.jpg
e0167780_22160601.jpg
高幌別川流域の西幌別地区と元浦川流域の荻伏地区は、見渡す限りの大牧場地帯で「サラブレッドロード」がある。
このサラブレッドロードの一番奥に甥っ子の牧場がある。
e0167780_22162378.jpg
e0167780_22163518.jpg
e0167780_22164697.jpg
e0167780_22165725.jpg
午後4時、牧場に到着した。
甥っ子が牧場の看板の前で出迎えてくれた。
やっと牧場に到着した
甥っ子の働く牧場は遠かった
e0167780_22171008.jpg
e0167780_22172368.jpg
e0167780_22295395.jpg
e0167780_22300241.jpg
e0167780_22301217.jpg
馬が大好きだった甥っ子、高校を卒業し北海道、浦河町の牧場に就職し飼育係として働いている。
今は馬にも乗っているらしい。
久しぶりに見た甥っ子はたくましく成長していた。
牧場ではもうベテランといってもいい存在だった。
e0167780_22302676.jpg
社長にも挨拶をした。
自転車で苫小牧から来たと言ったら、驚いていた(笑)

仕事を終えた後、甥っ子の車で施設を案内してもらった。
近くには、世界屈指の調教施設を誇るBTC(軽種馬育成調教センター)がある。
施設を最大限に活用し、競走馬の育成・調教などを行っている。
e0167780_22303719.jpg
e0167780_22304752.jpg
e0167780_22305848.jpg
e0167780_22311017.jpg
e0167780_22384985.jpg
e0167780_22311908.jpg
とにかく施設の広さが想像以上だった。

私は一旦自転車で浦河町まで戻り、ホテルへチェックインした。
シャワーを浴び、洗濯を済ませた後、甥っ子と浦河町の寿司屋で食事をした。
2人で飲みながらずいぶん話しをした。
e0167780_22314612.jpg
e0167780_22320502.jpg
e0167780_22321486.jpg
e0167780_22322467.jpg
e0167780_22323315.jpg
牧場の事、家族の事、ばあちゃんの事、将来の事

動物、とくに競走馬の飼育なので朝も早く、夜も遅い
冬も辛いだろう
休みも少ないが、ここ浦河町にきて良かったと話してくれた。

甥っ子に車でホテルまで送ってもらいそのあと別れた。
今度会うのはいつになるだろうか。。。
身体に気を付けて、元気に仕事頑張れと伝えた。
別れるのは辛かった。

翌朝も良く晴れた。
今日は苫小牧まで戻りそこからフェリーで仙台へと帰る予定だ。
北海道での6日間がもうすぐ終わる
終わってみるとあっという間の北海道6日間
このまとめは、また今度って事で。。。
e0167780_22324567.jpg
e0167780_22325826.jpg
e0167780_22330844.jpg
e0167780_22332965.jpg
e0167780_22334427.jpg
e0167780_22335521.jpg
e0167780_22340931.jpg
e0167780_22342368.jpg
e0167780_22343514.jpg
e0167780_22344577.jpg
e0167780_22350086.jpg
e0167780_22351236.jpg
e0167780_22352585.jpg
自転車をフェリーに載せて仙台まで行く客は私一人
あとはオートバイの客が多かったな
夕食は質素にカレーとビールで済ませて就寝した。
e0167780_22365456.jpg
広い北海道の大地を自転車で走る事が出来た事

函館の港の風景と美味しかったイカ
函館山からの夜景は、霧がかかり幻想的で綺麗だった

快晴の札幌、ジンギスカンが美味しかった
FBのフレンドの方に案内して頂いた、時計台と大通り公園
大通り公園で飲んだビールは美味しかった

富良野まで車で送って頂いた
富良野までの道のり

富良野では「北の国から」の撮影場所を訪れた
「くまげら」での郷土料理を食べながらのお酒は最高だ
ラベンダーが美しかった

丘のまち美瑛
パッチワークの丘やそこに立つ大きな木々
四季彩の丘、美瑛の景色は忘れられないだろう

苫小牧から新冠、日高を走り浦河町へ続くサラブレッドの牧場
広々とした牧場はここでしか見れない風景だ

牧場で働く方々と会うことが出来た
社長はじめ本当に優しい方々ばかり
社長が言っていた、「純君 (甥っ子の名前だ) は優しいから、馬も安心するんです」
本当に優しい甥っ子
身体に気を付けて仕事頑張れ!!
e0167780_22362065.jpg
浦河町から苫小牧までただひたすら走った帰り道
北海道の6日間を思い出しながらペダルを廻した

また機会があったら北海道を訪れたい

今度はテントでも持って一か月ぐらい滞在しちゃうか・・・・w

また来ます!!

by koji_sagara | 2017-10-29 16:42 | 人生 | Comments(0)