「東北・みやぎ復興マラソン」

9時35分、自分たちの組のスタート時間がきた
フルマラソンには1万人以上のランナーが参加し、宮城県の沿岸部、名取市・岩沼市・亘理町にまたがるエリアを駆け抜けた。
e0167780_23065333.jpg
RUN未経験の私がフルマラソンに参加しようと思ったのは
今年の2月頃だったか、インターネットで「東北・みやぎ復興マラソン」を知ってからだ
それまで何度かRUNを始めては挫折を繰り返していた
やっぱり何か目標が無いとモチベーションが上がらないと考えて思い切ってエントリーしたわけです

こうして無謀な挑戦が始まったのであった・・・・w
e0167780_23071030.jpg
2月の寒い時期にRUNを再開
トレーニングジムのランニングマシンや晴れた日には外を走る
そのたびに太腿、脹脛、そして膝の痛みが何度も続いた
特に膝の痛みには泣かされた
たいして長い距離も走っていないのに膝が痛くてたまらない
それでも練習を続けた

初めてのレースは4月末の地元「郡山シティーマラソン」10㎞にエントリーした
レース一か月前、左脹脛に肉離れをおこし練習出来ないままレースを走った
タイムは57分(目標は55分)

6月ぐらいになりようやく自分の脚もRUNに慣れてきたのか
膝の痛みは全くなくなった
少しずつ走る距離も増えてきた
しかし練習不足は続く

次のレースは7月の「東和ロードレース」ハーフにエントリー
これもかなり無謀な挑戦(笑)
案の定、折り返しで時間切れ(2分オーバー)回収バスへ・・・・

練習でハーフの距離21㎞は走った経験(たった一度だが・・)はある
しかしまだフルマラソンのイメージがつかめない
ゴールが見えてこない

チャリ仲間に誘われて9月に桧原湖一周LSDに参加した
一周30㎞
フルマラソンまであと2週間
期間が短いのが少し不安だったが、それよりも30㎞を越えた距離をどうしても
本番前に走りたかったので参加した
アップダウンのあるコース
自転車では何度も走ったが、まさかここをRUNで一周するとは・・・
でもこの桧原湖一周LSDが自信になった

走った翌日から右脚の踵に痛みがでた
数日間はテーピングで踵を保護しながらRUNの練習をした
9月はトータルでようやく100㎞を越えたが、練習不足のまま本番をむかえた
e0167780_23072242.jpg
レースは10月1日(日)天候晴れ
ホテルに前泊してレースに備えた
レース当時は、5時起床
朝食はオレンジ100%ジュース、おにぎり2個、バナナ1本(どんな組み合わせじゃ(笑))
ランパンにジェルを3個用意
e0167780_23073679.jpg
e0167780_23074927.jpg
e0167780_23080294.jpg
e0167780_23083280.jpg
岩沼市民会館からシャトルバスで会場入り
メンバーのコージーさんとUnumaさんも無事合流できた
スタート前に写真をとってあとはゴール後に会う事にした
健闘を祈る・・・
e0167780_23084887.jpg
今日の目標は出来れば5時間切り
ぎりぎりでもいいから切りたかった
9時35分本番レーススタート

人数も多いため最初の数百メートルは歩く
最初の1㎞は10分
次第にランナーもばらけ始め走り出す
e0167780_23091809.jpg
10㎞までのタイム6分50秒/1㎞
1時間14分とゆっくりめの10㎞のはいり
今思うともう少しペースを上げて走っていればと後悔(6分35秒/1㎞ぐらいか)

スタート前の心配事は5時間走り続けてこの腰が耐えられるか(元々腰痛持ち)
もう一つは練習でスタートしてすぐに左脇腹が痛くなり思うように走れない事が続いていたため
今日は序盤スピードを抑えて身体を慣れさせた
そのせいか最後まで左脇腹の痛みはなかった(腰も5時間耐えられた)

15㎞を1時間50分
なんとか6分台後半/1㎞をキープ
出来ればペースを上げたかったが後半不安だったので抑えて走る

20㎞を2時間26分
20㎞を過ぎたあたりから急に両太ももと脹脛に張りが出てきてペースダウン
7分/1㎞台が33km付近まで続く
脚が動かない状態が続いた
この時点で5時間切りは難しいと感じていた(途中止まってストレッチをする)

34㎞付近から少し脚が回復し37㎞まで6分後半/1㎞になんとか戻した
このペースで最後まで行けるかと思っていた矢先、37㎞過ぎ
急激に脚が動かなくなる
両太ももがバキバキに固まる・・・
脚を前に出そうと思っても出ない・・・
次第にペースが落ち、39㎞~41kmは8分ペースまで落ちた
それに加え強烈な向かい風もあり急激に落ちたのだと思われる

ラスト7㎞、地獄を味わった
脚を前に出そうと思っても出ない・・・心拍は問題ないが脚が出ない
結局35㎞~40㎞の5㎞を39分もかけてしまった
最後まで脚は回復せずそのままゴールした
42.195㎞を完走した
e0167780_23093559.jpg
走り切った時の達成感
目標の5時間は切れなかったが完走する事が出来た

30㎞過ぎ、35㎞過ぎが地獄と聞いていたが本当だった
35㎞過ぎ地獄を経験した
何度も歩こうか、もうやめようか、「もう二度とフルマランなんてやらない!!」と
心の中で叫んだ(笑)
でもそれを乗り越えた時の達成感
これがフルマラソンの魅力なのか

諦めず、最後まで走りきった後の達成感は何ものにも代えがたい
たとえ次の日に身体が動かなくなろうとも、まる1日がフルマラソンだけで終わっても
完走後の高揚感・幸福感は素晴らしいものがある
初フルマラソンだったが走る楽しさを知ったような気がする

フルマラソン完走者には「フィニッシャーストーン」が贈られた
このメダルは、津波で甚大な被害を受けた石巻市雄勝町の名産「雄勝石」を使用している
津波で流出した雄勝石はボランティアが回収したもので、
一つひとつ手作りで製作されています
メダルのリボンは熊本県の会社が製作しており、被災地を繋いでいます
このメダルをボランティアの女の子に首からかけてもらった時は感動した
涙が出そうだった(笑)
e0167780_23094481.jpg
一番苦しい時の沿道からの声援も嬉しかった、そして力になった

「どんなに遅くても絶対に歩かないぞ」とレース前から心に決めていた
歩かないでゴールした自分を褒めたい

今日参加したメンバー3名全員無事ゴール出来た
e0167780_23100761.jpg
案の定翌日は猛烈な筋肉痛が襲った

RUNを再開して約10か月での初フルマラソン完走
準備不足だったが、でも思い切って走って良かった
結構こういう冒険が好きな私なので、思い立ったらやったもん勝ち(笑)

今年はエントリーしているレースは無いが、来年はハーフを中心に走って
フルマラソンは5時間切りを目標にしてまたチャレンジします!!

来年の目標
 ①今年脚切りされた「東和ロードレース」を完走する
 ②フルマラソン5時間切り

この二つを目標に冬場からトレーニングをして達成する!!

RUNは気軽なスポーツ
自転車のように機材などいらない
自分の脚が全て、こんなシンプルなスポーツって他にないですよね
少しその魅力がわかってきた気まします。

当然自転車も継続して行く
自転車とRUNをバランスよくこれからも続けていけたら良いな・・

また来年、どっかのレースでフルマラソン5時間切るぞ!!

応援してくれた皆様ありがとうございます。




Commented by Bianjin at 2017-10-05 08:17 x
本当にRUNは手軽に出来ますよね!
私もそこに魅力を感じているんですが、なかなか走れる脚になりません(涙

しかし39分掛かる地獄とは読んだだけじゃ理解出来ませんよね。
次回是非武勇伝を聞かせてください!お疲れさまでした。
 ※文中、肝心の完走距離が間違ってますよ(笑
Commented by koji_sagara at 2017-10-05 20:32
Bianjinさん
お疲れ様です。
文中の間違いご指摘ありがとうございます(笑)

RUNは本当にシンプルなスポーツですよね
でも奥が深いんでしょうね・・・
35㎞過ぎからが本当の勝負なんですね。
ここでスピードを上げられると良いタイムが出せると思いますが、しっかりした練習をしないと駄目ですね。
甘くないです・・・w
でも走り切った時の感動は自転車とはまた違った喜びがあります。
自転車であそこまで疲労困憊する事ってないですから
フルマラソンに魅力が少しわかった気まします。
by koji_sagara | 2017-10-03 21:11 | ラン・マラソン | Comments(2)