北海道ライド Part4(富良野)

今回の北海道ライドでどうしても行きたかった、走りたかった場所、富良野
e0167780_22103108.jpg
ライド前にいろいろとコースを考えたが必ず富良野~美瑛を入れた
なんでそんなにこだわるかって
ドラマ「北の国から」が好き・・・それが理由です(笑) 
多分ドラマはリアルタイムでは見ていませんでした。
最初に見たのは連続ドラマが終了して、1983年からドラマスペシャルがはじまりました。

それを見たのが最初だったと思います。
それからドラマに興味をもちレンタルビデオで見始めた
ドラマスペシャルは2002年の「遺言」で終わった

倉本聰さん
お願いです、小説でいいので「北の国から」のその後を書いてください

どうしてもドラマの舞台になった富良野を訪れたかった
e0167780_22103920.jpg
e0167780_22105105.jpg
e0167780_22110074.jpg
札幌から富良野までは、FBフレンドの方の車に乗せて頂いた
高速道路を走り岩見沢を経由し富良野へ向かった

富良野に到着したのは午後1時頃
FBフレンドの五十嵐さんには二日間本当にお世話になりました。
札幌での観光、食事 本当に思い出に残る札幌を過ごすことが出来ました。

先ずは宿にチェックイン
荷物を預けて自転車で富良野観光
「北の国から」の舞台になった麓郷を目指した
e0167780_22111126.jpg
e0167780_22112144.jpg
突然携帯が鳴った
母の入院している病院からだった

北海道へ発つ前、母の容態が気になっていた
北海道にいる間に病院から電話がかかってこないか心配だった
母の事で明日病院に来て頂きたいとの連絡だったが、富良野から行く事が出来ないので妹にお願いをした。
急を要する事ではなかったので安心した

峠を越えると麓郷に到着した
「ここが北の国からの舞台か・・・」
人がいないな・・・
e0167780_22113374.jpg
e0167780_22122808.jpg
e0167780_22124307.jpg
e0167780_22125830.jpg
五郎さんの石の家を訪れる前にふらのジャム園に立ち寄る
ソフトクリームが美味しかった(濃厚でかけたジャムも美味し)

五郎さんの石の家はドラマが終了してから15年が経過している
ここで1981年のドラマから2002年の「遺言」まで撮影をしていたんですね。
ドラマのシーンを思い出す
e0167780_22131146.jpg
e0167780_22134283.jpg
e0167780_22135561.jpg
e0167780_22140730.jpg
e0167780_22142854.jpg
e0167780_22143835.jpg
e0167780_22145017.jpg
e0167780_22150743.jpg
e0167780_22154283.jpg
e0167780_22155255.jpg
e0167780_22161446.jpg
建物は15年が経過してかなり傷んでいたが訪ねる事が出来て感動した
日も暮れてきたころ富良野の街に戻ってきた
富良野マルシェでメロンのスムージーとトウモロコシを食べた
e0167780_22162519.jpg
e0167780_22163694.jpg
e0167780_22164945.jpg
e0167780_22165995.jpg
いったん宿に戻って洗濯を済ませて楽しみにしていた郷土料理のお店「くまげら」で夕食
夕方自転車で立ち寄った時はお店の外までお客さんが並んでいたが
夜の9時だったのですんなりカウンターに座れた
e0167780_22171199.jpg
e0167780_22172234.jpg
e0167780_22173463.jpg
e0167780_22174785.jpg
このお店は北の国からでも撮影に使ったり、撮影後の打ち上げの場所として活躍してきたお店
「北の国から’98時代」で純がタケ(小松政夫)らに呼ばれ、蛍の結婚式の規格をきかされたのがくまげらだった  (またドラマ見たくなってきた・・・w)

お店おすすめの料理とお酒でゆったりした時間を過ごすことが出来た。
お店の方と話しをしたが観光客の来店が多く、特に中国人はじめ外国人のお客さんが多いとのこと
英語も少し話せるみたいです。
e0167780_22175945.jpg
e0167780_22181761.jpg
食事をしたあと夜の富良野の街を少し散歩した
夜になると涼しくて気持ちが良かった
e0167780_22183521.jpg
明日は富良野から美瑛を自転車で走る
今日も早く寝て明日に備えよう

by koji_sagara | 2017-09-03 17:50 | 人生 | Comments(0)