燧ケ岳登山

登山報告
e0167780_22062069.jpg
8月20日(日)にチャリ仲間3人と燧ケ岳登山をしてきました。
東北地方最高峰(2,356m)であり日本百名山にも選定されている。
コースは御池の駐車場からのコース
御池駐車場を通り抜け、登山口に入ります。木道を進むと直ぐに燧ヶ岳分岐があります
鬱蒼とした木々の中を歩き岩場のあと、急な登りが続く
登りきると、平坦な草原にでます
e0167780_21252660.jpg
e0167780_21253994.jpg
e0167780_21260252.jpg
e0167780_21261643.jpg
e0167780_21263986.jpg
e0167780_21271994.jpg
e0167780_21273312.jpg
e0167780_21280709.jpg
e0167780_21282124.jpg
e0167780_21283797.jpg
e0167780_21290254.jpg
e0167780_21291435.jpg
e0167780_21293081.jpg
e0167780_21294595.jpg
e0167780_21303713.jpg
e0167780_21305162.jpg
e0167780_21311515.jpg
e0167780_21370766.jpg
e0167780_21372846.jpg
e0167780_21374211.jpg
e0167780_21375695.jpg
e0167780_21380818.jpg
e0167780_21382320.jpg
e0167780_21384372.jpg
e0167780_21390777.jpg
e0167780_21393701.jpg
e0167780_21400259.jpg
e0167780_21401898.jpg
e0167780_21403430.jpg
e0167780_21405048.jpg
e0167780_21410506.jpg
e0167780_21412204.jpg
e0167780_21414090.jpg
e0167780_21420143.jpg
広沢田代と呼ばれる湿地帯
しばらく木道を進んで木道沿いにまた登っていきます
またしばらく登り樹林を越えると
もう一つの湿原が一気に眼前に現れます、熊沢田代の湿原
生憎の曇り空
でも今日は雨覚悟で登山を計画したのでこれは仕方がないが、晴れていたら絶景だろうなぁ~
e0167780_21421880.jpg
e0167780_21423730.jpg
e0167780_21425160.jpg
e0167780_21431778.jpg
e0167780_21433685.jpg
e0167780_21583523.jpg
e0167780_21590128.jpg
e0167780_21592729.jpg
e0167780_21595008.jpg
e0167780_22015216.jpg
e0167780_22022085.jpg
e0167780_22024133.jpg
e0167780_22025906.jpg
e0167780_22043289.jpg
熊沢田代をあとにまた登る
さすが東北一の標高の山だ、きつい・・・休みながら登る
燧ケ岳の頂上、俎板嵓(2,346m)に到着
いやぁ~登った・・・
しかし、ここが最高到達地点じゃない
少し休んで頂上を目指す
一旦下り、また登る・・・これが辛かった
e0167780_22050741.jpg
e0167780_22053737.jpg
e0167780_22055533.jpg
柴安嵓(しばやすぐら)(2356m)に到達!!
自分がここまで登れるとは思わなかった
ちょっと軽い気持ちで今日は登ったがさすがにきつかった
燧ケ岳はそんなに甘い山じゃなかったです
でも達成感はあった
e0167780_22064189.jpg
e0167780_22080469.jpg
e0167780_22082404.jpg
e0167780_22084863.jpg
e0167780_22090903.jpg
e0167780_22093215.jpg
e0167780_22101233.jpg
e0167780_22102319.jpg
e0167780_22103707.jpg
e0167780_22105662.jpg
しかし、苦難はこれからだった
下山のコースをどこにしようかと迷ったあげく
下山コースはナデッ窪コース
これが辛かった
登山道というよりも沢を下ったという感じ
頂上から垂直に沢を下る、岩場が延々と約2㎞続く
脚を踏み外すと怪我しそうなのでとにかく慎重に・・・慎重に下る
e0167780_22111666.jpg
e0167780_22113342.jpg
e0167780_22115175.jpg
e0167780_22120851.jpg
e0167780_22122730.jpg
e0167780_22145085.jpg
e0167780_22151035.jpg
e0167780_22152615.jpg
e0167780_22154978.jpg
e0167780_22160358.jpg
e0167780_22162324.jpg
e0167780_22163926.jpg
e0167780_22170060.jpg
e0167780_22172540.jpg
e0167780_22174811.jpg
e0167780_22180185.jpg
e0167780_22181948.jpg
e0167780_22183602.jpg
e0167780_22185565.jpg
e0167780_22190911.jpg
ようやく尾瀬沼の到着
本当に長い下りだった
途中長蔵小屋に立ち寄り、沼山峠の休憩所へ無事到着
シャトルバスで御池駐車場へ戻り、桧枝岐の温泉で汗を流して帰宅した

久しぶりの登山でさすがに登りも下りも辛かったが、楽しい一日だった

さて次なるチャレンジは10月のフルマラソン・・・待ったなし
ペース上がらずはたして完走できるか・・頑張ります。

※写真をたくさん載せましたのでご覧ください


Commented by ボギー at 2017-08-29 19:29 x
いいですね、私も登りたかったですが、いろいろと忙しくご一緒できませんでした。
福島以北で、ここ以上に高い山はないですもんね。
ここは登るのも大変だと思いますが、往復の車の運転も大変だったと思います。
次の機会には、ぜひご一緒させて下さい。
磐梯山に登りたいですね。
Commented by コージー at 2017-08-30 08:11 x
尾瀬の自然に初めて触れて、とても楽しい一日でした。写真のアングルもさすがですね。
また、宜しくお願いします。
Commented by Bianjin at 2017-08-30 08:24 x
いや〜お疲れさまです。一緒に登った気になりました!

3人とも凄い体力と足腰!
やっぱりその強さがないとジョギングやっちゃダメなんでしょうかね(涙
Commented by koji_sagara at 2017-08-30 23:50
> ボギーさん
お疲れ様です。
燧ケ岳は登り甲斐のある山ですね
登りも辛いですが下りがもっと辛かったです
今度登るときは違うルートを行って見たいですね
尾瀬も歩いてみたくなりました
秋は磐梯山行きましょう~~
Commented by koji_sagara at 2017-08-30 23:53
> コージーさん
当日は朝早く。。というよりも夜中から本当にお疲れ様でした。
でも燧ケ岳も尾瀬も本当に素晴らしかったですね
自転車にRUNに登山に一緒に楽しみましょう~~

本当にお疲れ様でした。
次は10月のフルマラソン宜しくです!!
Commented by koji_sagara at 2017-08-30 23:58
> Bianjinさん
お疲れ様です
いやいや、Bianjinさんも登れますよ
ランはなかなかペースが上がりません・・・・長距離の素質ないかも(笑)
10月のフルマラソン、まったく自信ありません・・・・w

東北では最高峰の燧ケ岳
厳しい山でしたが登頂した時は感動しました
尾瀬の自然も素晴らしかったです
機会があったら是非!!

by koji_sagara | 2017-08-27 18:12 | 登山 | Comments(6)