「疑惑のチャンピオン」を観る

先日、「疑惑のチャンピオン」を観た

最近では、女子テニスプレーヤーのマリア・シャラポア選手のドーピング問題。
スポーツ選手には否が応でもついて回るこの問題について
世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の7連覇王者ランス・アームストロングを
題材に迫った「The Program」(原題)が、「疑惑のチャンピオン」(日本タイトル)として上映された。
e0167780_17391806.jpg
25歳で精巣癌を発症しながらも奇跡的な復活を遂げ
「ツール・ド・フランス」で7連覇を達成したランス・アームストロング
彼は世界中からの熱狂と尊敬をえてカリスマ的ヒーローとなった
しかし、彼には常に薬物疑惑が付きまとう
e0167780_17394505.jpg
アームストロングのドーピング疑惑を徹底追求し
おぞましい薬物投与の実態を暴いたジャーナリストの著書に基づく作品になっている
ロードバイクを乗るものとして以前から興味があったが、この映画を観てここまで薬漬けに
なっているとはショックだった。
e0167780_17400720.jpg
巧妙なドーピング方法

巧妙な嘘

周りをも巻き込み、嘘で塗り固められる

チーム全体が薬漬け

描かれる映像はどれも衝撃的だった
レース会場へ移動中のバスの中で、ランスとチームメンバー全員が体を横たえ
スポーツ医学の権威であるチームドクターが編み出したハイブリッド血液を投与されるシーン
e0167780_17404894.jpg
レース直後に行われる突然のドーピング検査に間に合わせようと
必死で袋から点滴を絞り出して血液を元の状態に戻そうとするシーン

これが事実だったのか。。。恐ろしい
レース中選手を脅し、証言した者へは制裁を。。。
こうして彼は「ツール・ド・フランス」を7連覇した
e0167780_17422601.jpg
ランス・アームストロングを演じた「ベン・フォスター」の鬼気迫る演技にも圧倒された。
e0167780_19012195.jpg
この映画には原作がある
ノンフィクション本「シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕」
読みたくなったので購入した

じっくりと小説を読んでみたい。

by koji_sagara | 2016-07-09 16:52 | 映画・本・音楽 | Comments(0)