「ほっ」と。キャンペーン

仙台―松島―石巻―女川を走る 【Part2】

朝は早めに起床した。
6時に朝風呂を入って頭をすっきりさせた。
部屋の窓から外を見ると朝日が射していたが、気温は昨日より低い。
e0167780_9414686.jpg

e0167780_9415299.jpg

宿の下には仮設住宅が見える、月浜の方々は仮設に住んでいます。
7時半から朝食を頂いた、これも食べきれないぐらいのお料理、手作りの海苔がとても美味しい。
思わずご飯のおかわりをしてしまった・・・・w  お昼まで補給食は必要ないな。
e0167780_9422368.jpg

e0167780_9424025.jpg

e0167780_9452890.jpg

9時に宿を出発し野蒜小学校を経由して石巻街道(R45)を走った、ここは長い直線コース。
思わず仕掛けようとしたが、今回は自粛・・・・w
日中の気温は上がらず5℃以下で寒い、無風だったのが救いだ。
e0167780_9464025.jpg

e0167780_946538.jpg

e0167780_9473160.jpg

10時過ぎに石巻に到着した。
町の中にはまだ廃車になった車の山が沢山あった。
門脇地区の中央には献花台を備えた一角がある。「がんばろう!石巻」と大きく書かれた看板、アスファルトには「復興するぞ!」という言葉が書いてある。
被災者住民の強い意志を感じました。
e0167780_948105.jpg

e0167780_9482724.jpg

e0167780_9485150.jpg

e0167780_949746.jpg

e0167780_9492348.jpg

e0167780_9494467.jpg

献花台に人だかりがあった。  よく話を聞くとこれからあのゴールドメダリストのマイク・パウエル氏、カール・ルイス氏、ウィリー・バンクス氏がここを訪れて献花をするとのこと。
なんという偶然か。
我々も待つこと30分、バスに乗ってゴールドメダリスト3人がやってきた。
e0167780_9501382.jpg

e0167780_9503963.jpg

e0167780_9511758.jpg

3名はこの後岩手、宮城、福島3県の中高生ら約70人に短距離走などの基本を直接指導した。
私たちにとってもサプライズだった。
e0167780_9514613.jpg

e0167780_9521358.jpg

e0167780_9523274.jpg

そのあと、門脇小学校の前を通った。
校舎は津波とそのあとの火災で黒く焼け焦げた。  その姿は私に何かを訴えているように思えた。
校庭では子供たちが野球の練習をしていた。  その姿はとても眩しい。
e0167780_9531052.jpg

e0167780_9534284.jpg

e0167780_954354.jpg

ここから最後の目的地、女川へ向かう。
ちょうどお昼頃女川町へ到着した。
瓦礫は片付いていたが、横倒しになったままのコンクリートの建物が所々にあり、津波の恐ろしさを感じた。
ここで復興祭が開催されている。
会場は町の高台にある女川第一中学校。
上に登ると町全体が見渡せる、震災直後町民はここに避難したのだろうか。
e0167780_9542868.jpg

e0167780_9544993.jpg

e0167780_9554570.jpg

復興祭は活気にあふれていた。
今日限定のお弁当を買い、無料のサンマを頂いた。
限定弁当のボリュームが凄かった・・・・w   サンマがとても美味しかった。(でも寒かった・・・・w)
e0167780_9552590.jpg

e0167780_956588.jpg

e0167780_9562644.jpg

e0167780_9564698.jpg

午後1時過ぎに女川をあとにして石巻に戻りました。
土曜に石巻にある石ノ森漫画館がリニューアルオープンしたので駅に行く前に立ち寄りました。
e0167780_9571717.jpg

e0167780_9574650.jpg

e0167780_958534.jpg

e0167780_9583650.jpg

e0167780_9591774.jpg

e0167780_9593061.jpg

石巻駅から3時過ぎの電車で仙台へ戻った。
駅で私たちは別れた。
e0167780_9585467.jpg

この二日間のライドは宮城県沿岸部の被災地をめぐるツーリングになった。
私は毎年福島県の小名浜地区を走っている。
小名浜地区も津波の被害があった。
けっして自分は興味本位で走っているつもりはないが、自転車で走ってきた我々を被災地の方々はどう感じているのだろうかといつも思う。
興味本位で来ていると思われていないか・・・・考えてしまう。

今回被災地を巡り、奥松島の民宿にお世話になった。
宿の方にこうして来て頂けるのが一番嬉しいし、励みになりますと私に言ってくれた。
この言葉を言われてなにか救われた気持ちになった。
「自分は間違っていなかったのかもしれない」
自分はただの一般人、ただの自転車乗り、政治家や芸能人のような力も影響力もない。
でもこうして被災地を訪れ、その土地に泊まり、土地の食べ物を食べ、お土産を買う。
これは私にも出来ることです。  これがとても大切なのかもしれません。

被災地の方々の復興に力を傾けている姿や、廃校になったグランドで元気に野球をしている子供たち、被災地の民宿の方々の心温まるおもてなし、心のこもった料理。
私にとってとても貴重な二日間になりました。

企画をしてくれたHI☆ハイさん、そして一緒に走ってくれた宮城・福島のメンバーの方々、ありがとうございました。
また訪れたいと思います。
by koji_sagara | 2013-03-26 21:08 | ツーリング | Comments(2)
Commented by ロータス at 2013-03-27 21:53 x
行動しないことよりも行動することが大事ですよね。(^^)
Commented by koji_sagara at 2013-03-29 00:37
ロータスさん
行動しないと何も見えて来ません。
行動せずに後悔するより、行動して後悔した方が諦めがつきますしね・・・w
<< 桜の季節 仙台―松島―石巻―女川を走る ... >>