「ほっ」と。キャンペーン

十和田湖~奥入瀬~八甲田ライド

朝6時過ぎに十和田湖に到着した。
車の外気温度計は5℃を表示、ひんやりした静寂の空気がとても心地よかった。
e0167780_11564977.jpg

e0167780_11571188.jpg

十和田湖の展望台から霧が立ち込める湖を見ることが出来た。
十和田湖は青森県十和田市、秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖、十和田八幡平国立公園内にある。
e0167780_11573942.jpg

e0167780_1158930.jpg

e0167780_11582975.jpg

e0167780_11585581.jpg

10月27日の午前0時に自宅を出発。
本当は日曜日(28日)に十和田湖を走る予定でいたが、天気予報が日曜が雨予報だったので急遽会社を終えてそのまま十和田湖に向かい土曜日に前倒しライド。
さすがに寝ないで出発したため途中2度ほど仮眠をとりながら6時に十和田湖に到着した。
片道400㎞を超すドライブは久しぶりだったのでさすがに疲れたが、十和田湖の朝の姿を見た瞬間疲れが吹き飛んだ。
福島の猪苗代湖に比べると小さい湖だがとても美しい湖、一周が55㎞位とのこと。
e0167780_11595994.jpg

e0167780_1202415.jpg

e0167780_1203693.jpg

車は湖畔のキャンプ場に駐車してそこから走ることにしていた。
当初は奥入瀬~十和田湖一周を計画していたが、自転車仲間から八甲田の紅葉は是非見るべし!! とアドバイスがあったため、急きょコース変更、奥入瀬~八甲田~十和田湖を走ることにした。
e0167780_1234868.jpg

e0167780_122072.jpg

e0167780_123792.jpg

e0167780_1225967.jpg

e0167780_124368.jpg

朝食を済ませ8時に出発、予定より1時間遅れての出発。
まずは奥入瀬渓流に向けてペダルを漕ぎだした。
この時点でも気温は10℃を下回っていたので何を羽織るか迷ったが薄手のウェアーにウィンドブレーカーを着てスタートした。
今日は一眼を背負っての100㎞ライド・・・・・大丈夫かな。(望遠持参・・・・w)
キャンプ場をぬけて十和田湖を反時計回りに走り出す、左手に十和田湖を見ながらのライド、朝日を浴びてとても美しい。
e0167780_1211355.jpg

e0167780_1212786.jpg

e0167780_1211449.jpg

e0167780_12124537.jpg

はじめての奥入瀬渓流、十和田湖から流れる奥入瀬渓流は深い自然林に覆われた全長約14㎞の渓流です。
e0167780_1244443.jpg

e0167780_125792.jpg

道と並行して渓流が流れているので道路から望めます。
渓流沿いには遊歩道も設けられている、時々遊歩道に下りて写真を撮りながら前に進みました。
紅葉は11月ごろが見ごろだと思います、少しずつですが色づき始めていました。
とにかく今日はメインが写真撮影でしたが、あまりにも時間をかけすぎて10~15㎞走るのに2時間も費やしてしまった・・・・・汗
e0167780_1214682.jpg

e0167780_12143190.jpg

奥入瀬の景色の良さに思わず夢中になりすぎていました(笑)
本当は三脚を持参して走ろうと思っていたが、コースが八甲田に変えたので三脚は車においてきた。
シャッタースピードを調整しての撮影はさすがに三脚が無いとブレまくり、なかなか良い写真が撮れない、そんな事をしていた為に時間を費やしてしまったのだ。
e0167780_12145260.jpg

e0167780_1215891.jpg

e0167780_1215359.jpg

e0167780_1216534.jpg

e0167780_12175720.jpg

このペースだと完走するのにいったい何時間かかるんだ・・・・w、このあと獲得標高1900mの二つの峠が待っているのに・・・・・
少しペースを上げて走ることにした。
途中数名のローディーとすれ違う、先を急いで走っていると後ろから声を掛けてくれた地元ローディーと会いました。
e0167780_12174230.jpg

e0167780_12184918.jpg

e0167780_12181738.jpg

お互いRaphaのジャージで上下色違いのウィンタータイツとウィンドブレーカーを来ていました、それに気付いてくれたんですね。
とても素敵なローディーさんで走りながらお話をして分岐点で別れる前に写真を撮らせて頂きました。
こういう出会いがとても嬉しく幸せを感じます。
e0167780_12192367.jpg

ここからあの千人風呂で有名な酸ヶ湯温泉までの20㎞の峠が始まる。
八甲田を目指して走り出した、この時点で午前10時を過ぎていたため先を急いだ。
e0167780_12185141.jpg


酸ヶ湯温泉までの峠は斜度的には平均6~7%ぐらいだろうか、それほどきつくないが約20㎞程続くので無理せず登ることにした。
道は左右にブナの木だろうか道路をトンネルのように覆っているため、直接日差しがあたらないので走りやすかった。
e0167780_1735245.jpg

e0167780_17352734.jpg

e0167780_1736536.jpg

10時過ぎると気温もだいぶ上がってきたので助かった。
峠を登っていて何が一番怖かったかって、それは「熊注意」の看板でした・・・・w
とりあえず熊鈴は鳴らしながら登っているがヒルクライムだとあまり音がしない、わざと自転車を揺すり鈴を鳴らしながら登りました。
e0167780_1736781.jpg

e0167780_17364966.jpg

e0167780_17391539.jpg

途中休憩をしたときバランスを崩して車道側へ倒れた。
幸い怪我は無く、自転車も傷はついたがディレーラーの調子も問題ないので先に進んだ。
実はこのとき、サドルが左に大きく曲がっていたのだ、それに気付かず走っていたら後半とんでもないことになった。
e0167780_1739575.jpg

e0167780_17395139.jpg

e0167780_174034100.jpg

なんとか酸ヶ湯温泉までたどり着いた、ちょうど12時で予定よりも1時間の遅れだ。
ここは千人風呂が有名です、時間があれば温泉に入りたかったがおでんだけを食べて先を急いだ。
本当は背中にタオルまで準備していたのになぁ~~(笑)
e0167780_17451195.jpg

e0167780_17452565.jpg

e0167780_17454111.jpg

しばらく下りが続きようやく十和田湖の看板が見えてきた、ここからまた短いが峠が待っている。
・・・・とその時、何気に股間に手を当てたら股間を触っている感覚が全くなかった。
アレが無い感じ・・・・w(どっか落っことしてきた(笑))
完全に血流が止まり麻痺している状態なのか。
しばらくダンシングなどをしてサドルからお尻を浮かせて走っていたら感覚が少しずつ戻ってきた、良かった付いてた・・・・w
e0167780_17461880.jpg

e0167780_17463577.jpg

e0167780_17465091.jpg

自転車を停めてサドルを見たら大きく左へ曲がっていた、転倒した時、そのまま気づかずに走ってきた為血流が止まり麻痺したのかもしれない。
サドルを直して先に進む。
少しペースを上げて走っていたせいか十和田湖手前の短い峠がきつかった・・・・汗
距離は短いが斜度が7~9%ありゆっくり5~6㎞でなんとか登り切った。
ようやく十和田湖に到着した。
e0167780_17471132.jpg

e0167780_17472753.jpg

e0167780_17474443.jpg

e0167780_1748266.jpg

十和田湖にもうすぐ夕日が沈みます、今日は十和田湖で朝日を見て夕日も見ることになった。
キャンプ場に着いたのが夕方の4時だった、予定より2時間遅れ。
e0167780_17482842.jpg

それもそのはず、うちへ帰って撮った写真の枚数を見たら300枚を超えていた(笑)
着替えを済ませ湖畔の旅館で温泉につかり汗を流した。
お腹がすいたので旅館の方に聞いて食堂と居酒屋を紹介して頂いた。
e0167780_17484495.jpg

  ※せんべい汁定食を食べた

時間は夕方6時を過ぎていたので今日はこのまま酒でも飲んで明日帰ろうかとも考えたが、出来るだけ車で先に進みたかったので食事だけをとり我慢して帰路に着いた。
日曜の朝9時に仮眠をとりながら自宅へ到着。

前倒しでの強行日程だったが天気にも恵まれ、美しい自然の中を走ることが出来て思い出に残るライドになった。

また計画をしてまだ走ったことのない場所をこれからも走りに行こうと思っている。
楽しい一人旅だった。
by koji_sagara | 2012-10-28 17:34 | ライド | Comments(8)
Commented by みー at 2012-10-31 19:35 x
十和田・奥入瀬・八甲田山・・・行って来たんですね^^
お疲れ様でした!
それにしても、一人で。。。凄いですね。
ジーコさんが車を止めた宇樽部キャンプ場・・・私達が
キャンプした所です^^;
奥入瀬は、まだ紅葉真っ盛りでは無かったのですね。
でも、良いところですよね^^
そして八甲田山・・・ん〜ちょっと盛りを過ぎた感じ
でしょうか?
酸ヶ湯温泉には入れなかったみたいで残念ですw
おでん!私も食べました^^v
見知らぬ土地を訪れるって、ワクワクと感動が一杯
で楽しいですよね^^
帰宅後の奥さん孝行も流石です!
時間が合えば、また御一緒出来るのを楽しみに
していますね(*^_^*)v
Commented by ロータス at 2012-10-31 20:41 x
写真奇麗ですね。300枚は凄いです。キャンプも凄く良かったですよ。はまりそうです。(^^)八甲田山奇麗でしたよね。
Commented by gi at 2012-10-31 21:02 x
どうも、奥入瀬でお会いした者です。

当日は天気、紅葉ともに最高の日でしたね。

八甲田経由で黒石まで行かれたということで、かなりハードなルートだったんじゃないでしょうか。
また日帰りライドと言うのにも驚きました。
写真を拝見すると八甲田方面もきれいに紅葉してますね。

新緑シーズンもまた違った景色を味わえますので、また是非いらっしゃって下さい。

自転車、ウエアーなどを通じて出会いがあるって、すばらしいですね。
Commented by koji_sagara at 2012-11-01 21:19
み~さん
行ってきました~~!!
今回は人に迷惑かけそうなので一人旅でしたが楽しかったです。
師匠とみ~さんもあのキャンプ場でしたよね。
温泉入りたかったですが、なんせ奥入瀬で時間取りすぎて諦めました。
また一緒にツーリングしたいです。
Commented by koji_sagara at 2012-11-01 21:21
師匠お疲れ様です。
写真撮りすぎでした・・・・w
キャンプ楽しそうですね~今度はご一緒しましょう!!
八甲田は急遽師匠の勧めでコースを変えて走ってきましたが、素晴らしい峠でした・・・・・w
八甲田の景色は素晴らしいですね~
Commented by koji_sagara at 2012-11-01 21:29
giさん
わ~~~!!
嬉しいです♪ コメントありがとうございます。
見つけて頂いて嬉しい限り・・・・w
あの時声をかけて頂いて本当に良い出会いが出来ました。
コースはハードでしたが、奥入瀬そして十和田湖、八甲田の素晴らしい景色の中を走ることが出来ました。
そしてgiさんと出会えることが出来て本当にいい思い出になりました。
同じRaphaのジャージ、しかも色違い(笑)
偶然とはいえ本当に嬉しかったです。
これも何かの縁ですね・・・・・w
また会えるのを本当に楽しみにしています。
青森の素敵なところを今度紹介してください。
コメントありがとうございました。
つまらないブログでしたまたお立ち寄りください。
Commented by mogu at 2012-12-19 23:09 x
めっちゃ人生エンジョイしてる感じ・・・お友達が多いのは宝ですね。古い友達もわすれないであげてくださいね。〔笑〕
Commented by koji_sagara at 2012-12-20 21:15
moguさん
コメントありがとうございます。
人生の中でこの歳になって多分今が一番友達が多くて、外で遊びまわってると思います(笑9
幼なじみの親友は私のかけがえのない兄弟以上の大切な友です。
そういえば最近遊んでないなぁ~
<< 妻と大内宿へ 「新日本風土記」 >>