「ほっ」と。キャンペーン

「新日本風土記」

最近はめっきりテレビを見なくなった。
どのチャンネルをひねっても同じようなYouTubeの映像を映している様な番組や、お笑い芸人任せの番組など。
作り手側の工夫・努力が感じられない。
歳をとったせいもあるのかな・・・・・テレビがつまらない。
WOWOWの映画は観ているが・・・・w

そんな中でも私がとても楽しみにしている番組がある。
「新日本風土記」 NHK BSプレミアムで放送されている番組である。  (決してNHKの宣伝ではない・・・w)
その土地の伝統、祭り、そこに住む人々が先祖から受け継いできたしきたりなどを守る姿。
日本人が長い年月をかけて築き上げた文化、日本の原風景などにスポットを当てた紀行ドキュメンタリー番組
この番組の映像ひとつひとつをとっても素晴らしい被写体、目に焼き付く。
自転車を乗り始めて特に日本の自然や文化にとても興味が出てきた、自転車で走ってその土地の風土を見てそして肌で感じることが出来る。
e0167780_9495021.jpg

自転車に出会ってより一層この番組を見ているととても私の心に染み込んでくる。
そして故郷を思い出す、まあ私は生まれも育ちも福島の田舎なので思い出すも何もないが・・・・w(一時期福島を離れてはいたが)
故郷を離れ多分この番組を見た人は故郷に思いをはせるだろう・・・・
もういちどこの日本を見直そう  そんな番組だ。

そしてこの番組で流れている唄がある。
「あはがり」という唄だ。
唄っている方は朝崎郁恵さん、奄美島唄の唄者。
奄美の島唄をベースにこの唄の詩を番組の為に書いたという。
「あはがり」とは奄美の島言葉で「すべてがあかるい」という意味だそうだ。

歌詞はこうだ。(一部)

「あはがり」
浮き世・・・仮島に 何時がでぃむ 居らりゅむぃ
情けあれぃよ 仮那 くぬ世ば うさむぃれぃがでぃ

意味
この世は神様からいただいた仮の世 いつまでとどまって 居られましょうか
命を敬い生きていきなさい この世の生をなし終えるまで


   節や水車めぐりあわそ
   てぃきぬあはがりし たましゃ うどぅてぃ

    意味
    時はめぐる 水車のように だからまためぐり会える
    月のあかりの下で 人々は喜ぶ魂が踊り明かす



      いきしゃん くとぅあてぃむ
      てぃきぬあはがりし  たましゃ うどぅてぃ

      意味
      どのようなことがあろうとも 天と大地や
      月のあかりの下で 人々は喜び魂が踊り明かす


はじめてこの唄を聞いたとき、自然に涙が溢れた。
私の心の奥底に沁みわたり心が浄化されたような感覚になった、心の奥底、人間のDNAに朝崎郁恵さんが何かを問いかけているようだ。

自転車に乗っていると自分と自然とが溶け込み生を感じる、自分が生きているんだな・・・・そう感じる。

この唄の詩のように与えられた、頂いた生を敬い死ぬその時まで精一杯生き抜きたいとそう思う。
e0167780_9501282.jpg

by koji_sagara | 2012-10-25 09:33 | 人生 | Comments(2)
Commented by ボギー at 2012-10-25 21:05 x
ジーコさんこんばんは、こちらでは初コメですね(^_^;
このようにしっかりとブログを書いてる人は「偉い!」と思います。
私もアメブロのアカウントを持っているので、いつか書き始めようとは思っているのですが・・・(^_^;
じつは私、以前に「ゴジてれ」でお天気を担当していた「阿部祐子」さんのファンでして、
その阿部さんのブログにコメントしたいがためにアカウントを取得しました(^_^;
現在は結婚されてテレビにも出演されておりません。ファンとしてはとても寂しい限りです(ToT)

本文に関係のない内容で申し訳ありません。
Commented by koji_sagara at 2012-10-26 10:12
ボギーさん
ブログへの初コメありがとうございます。
今までmixiやらTwitter、Facebookなど手を出してきましたが、私にはブログが一番合ってるかな。
ブログは自分のペースで書けるし、つぶやかなければ・・とか返事を返さないととかプレッシャーがありません。
出来事や自分が感じていること、思っていることを記録として残しておきたいので書いています。
当然、私の拙い文章を読んで頂いている方もおりますので、最近は文章も少し気を使っていますが、自由に書いています。
私は写真が好きでブログに写真と合わせて載せれば少しは技術も上達するかな・・・と思っています。
ボギーさんも是非始めてみては・・・・w
<< 十和田湖~奥入瀬~八甲田ライド 雨の桧原湖 >>